3月に入りました。新学期・新年度こそすっきりとした部屋で

物に追われることなく生活したいものですね。

 

住まわれている地域によって違うと思いますが

街中では春物が並び始め

売れ残った冬物がセールに出される頃です。

 

今日は、春を前に断捨離すべきところを見て行きたいと思います。

 

 

 

◆四季は絶好の断捨離チャンス◆

 

日本に住んでいると四季があるため

それぞれのシーズンに合わせた洋服を揃えてしまったり

梅雨時のグッズなど

日本の気候もまた物を増やすきっかけになっていると思います。

 

春前に以下のことを心がけてください。

 

1.もう終わる冬物を買わない。

『寒さは彼岸まで。』と言われますがあと3週間で

新しい季節の洋服に囲まれるのですからセールの言葉に乗って新しい冬物を買ってはいけません。

安くなっている洋服は“売れ残り”=“不人気だった”服ということをしっかりと頭にインプットしてください。

 

2.クローゼットを見直す。

この冬一度も使わなかった物はありませんか?

今シーズン使わなかった物は来年も使いません。

3月の初旬まででしたらリサイクルショップでも冬物を引き取ってくれます。

この1週間は、冬の要らない物を家から追い出す期間にしてください。

 

3.趣味の物を減らす。

毎週末、スキーやスノボの行く方以外は今後はボードやスキー板はレンタルにしましょう。

クリスマスツリー

今の時期だとお雛様、毎年出していますか?

大きいものでなくてもミニのものでも事足りませんか?

毎年出していないなら、カビの繁殖地になっています。

 

4.手袋・マフラー・帽子などの小物のチェックも忘れずに。

暖冬になってきているので昔は使っていたレッグウォーマーやムートンのブーツを

ここ数年履いていないってことありませんか?

毛玉だらけのレッグウォーマーやブーツはもう寿命を迎えています。

家から追い出してください。

 

5.カイロ使い切ってください。

寒がりのわたしはカイロが手放せず、冬の間は愛用していますが

去年の反省は使い切らず春・夏・秋と収納スペースにカイロが入っていたことです。

断捨離を始めてまだ1年経っていないので

今は、蚊取り線香のストックが棚に入っています。

これ、数を計算せずに買っている証拠です。

これから買い足す場合は、多少割高でも必要な数だけ買ってシーズンを持ち越さないようにしましょう。

 

 

 

◆オークションサイトは期間を決めて出品する◆

 

少しでもお金にしたい方はオークションサイトを使ってもいいと思います。

ただ、何か月も売れ残っている物は需要がないということと諦めることも肝心です。

 

杏は、1週間オークションサイトに出して売れなかったの物は

箱詰めしてリサイクルショップへ持って行きます。

 

再出品も面倒ですし、売るための物を持ち続けていてはいつまで経ってもスッキリ出来ないからです。

 

今日、日曜日終了の売れ残りを持って行ったところなので

今日捨てた物をご紹介します。

 

捨てるべきガラクタが何なのか参考にしてみてください。

 

 

 

●きょう捨てた物●

 

・A4の仕分けボックス   ・義歯ブラシ

・スリッパ3つ        ・シャネルの紙袋   

・ヴィトンの財布       ・Tシャツ

・セーター            ・カッターシャツ

・中敷き2つ          ・ワンピース

・爪切り             ・ コート

・ドライバー           ・カルティエのジュエリーボックス

・旅行用歯ブラシ      ・ミッフィーの小物入れ

・スプーンやフォークなど  ・CD

・ヴィトンのリボン       ・芸能人のフォトブック

・そうめん用食器      ・裁縫針3セット

・タッパーウエアカトラリー ・シュガーポット

・タッパー           ・茶こし

 

 

冬仕上げの追い込みで結構な数捨てました。

お針箱を開けると要らない糸や針がたくさんあったので

友人にあげたり売ったりしました。

 

ガラクタは何故かしまい込まれていても

何か邪気を発します。

 

部屋はスッキリしてるけど何かモヤモヤする時こそ

細々とした物、チェックしてください。