mineral-market

鉱物・化石に特化したショッピングモール、mineral-marketです。


テーマ:
本日からは長野で
『第4回長野ミネラルショー/地球が創った宝物展inながの東急百貨店』が開催されています。
長野のミネラルショーは長期にわたる大きなイベントとなっております。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
主催:ミネラルマルシェさん
第4回長野ミネラルショー
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
出展社数は22社。
日本の中心、長野に集まります。

ここにはミネラルマーケットにも出していただいてる
KASEKIYAさんも出展予定です。

KASEKIYAさんのブログを読んでいたら昨日の搬入は雨の中大変だったようですが…
化石クジなど楽しいこともやっているようなので
長野近辺に住んでいて時間が有る方は行ってみては如何でしょうか。


ながの東急百貨店
〒380-8539 長野市南千歳1-1-1
TEL 026-226-8181

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

ながの東急百貨店は
長野駅、善光寺口から徒歩7分という立地にもあり
長野駅は北陸新幹線も止まりますし
夏休みの最後の思い出作りに長野に旅行はいかがでしょうか。


みなさんにとって石との良い出会いがありますように。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
タイトルは、このブログのアクセス解析で
検索ワードになっていた言葉です。

アンモナイトに七色ってあるの?
実際にこれをグーグルさんなどで調べると
商品の紹介などが出てくるんですよね。
七色に光るアンモナイト。
実際はアンモライトのことをこう呼んでいるのではないでしょうか。
アンモナイトではなく、アンモライト。
アンモナイトは宝石認定を受けていませんが、アンモライトは宝石認定を受けているものになります。

過去にこのブログでも紹介していましたね。
アンモナイトの魅力

カナダ産のアンモナイトを特別、アンモライトと呼ぶのに
とある店舗さんではマダガスカル産のアンモナイトもアンモライトと呼んでいたりするので
名前だけではなく、宝石認定となっているのは
【カナダ産のアンモナイト】ということを念頭に入れていただけたらと思います。

時々
遊色効果の強いアンモナイトを見て
「あー、これってアンモライト?」と聞かれるお客様もいるようなので
見た目だけじゃ判別難しいかもしれませんが
アメリカ合衆国カナダロッキー山脈の東斜面にのみ産出するものを言うそうです。

また宝石アンモライトの品質は
最高級品からAA、A+、A、A-、の順で等級付けられています。
この等級は標準化されていない為、売手によっては独自の等級が使用されているということ。なのでアンモライトの等級、即ち価値は基準があるそうです。

アンモライト。
アンモナイトと同じで
また神秘ですね。

七色のアンモナイト。
アンモライト。
光加減によって変わるので
見た目によっては遊色効果が結構あるアンモナイトだったら七色に見えるのでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝、出勤するときに公園の横を通るのですが
もうすぐ夏の終わりを迎えるのか…と言わんばかりに
セミが一生懸命鳴いておりました。

小さい頃セミの寿命を聞いて衝撃を受けたことが有ります。
『セミは7年、土のなかで過ごすのに
地上に出たら1週間しか生きられないのだから大切にしなきゃ駄目だよ』って。

7年も眠っていて
1週間しか生きられないなんてなんて寂しい。
セミの鳴き声ってうるさいなーって思うことも多いけど
一生のうち、一生懸命鳴いているんだと思ったらそう思わないようになりました(笑)

なんか今の研究だと7日間じゃなくて1か月生きているとかも出ているそうですが…

そんなセミの鳴き声を聞きながら思ったことを今日の記事にしようと思います。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

セミって7年も土の中に居るんですよ。

そこで思ったのが
もしも、この世の中から土がなくなったら…。
土がなくなる…というのは無理があるかもしれませんが
すべての場所がコンクリートで固められてしまった場合…
セミは地上に出てくることが無く一生を終えます。
土地開発などで出てこれなく終わったセミって居そうですよね。
もしそれが
世の中のすべてに起きたら…
世の中から【セミ】が消えるという事態が起きます。

…そしてもし。
何百年、何千年後。
それが掘り起こされる日が来るとしたら
セミの化石になっているのでしょう。
絶滅、この世の中から居なくなったものが
未来に
この時代に生息していた生物として残り
はたまた、それに値段が付き市場で取引されることとなるのでしょう。

諸説は有りますが
アンモナイトは隕石が落ちた年から衰退していき絶滅したと言われています。
また恐竜についても絶滅の理由は様々な説があります。

彼らが絶滅したのには地球環境の変化などが有りますが
今後は人間が手を出したことによる絶滅の可能性も多い訳です。
そして
それが未来の化石となる可能性があるということ。

そう考えると不思議なものです。
いつ何の生物が終わりを迎えるか解らないですね。。。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
化石は動物の形をしていますが
天然石はそれぞれ形や色が違うもの。

それを生かすも殺すもデザイナーさんの腕次第なんですよね。
それが何に見えるか、どんなものを作るか、
見る人の目によって見えるものが変わる。

デザイナーさんって凄いですよね。
モノ作りをする人の感性。
天然石の商品は
同じ天然石を使っていても人それぞれで
絵画などと同じくらいの個性が出るものなような気がします。

石の配置を考えて
この石の隣にこの石を置くとパワーが発揮される
などいうものも有りますが
見た目でも変わっているものはいっぱいあります。

例えば、葡萄のような石。ペリドット。
マスカットのような色で
粒になっているような形をしていたり…
綺麗な緑なので
加工するときに葡萄の形に加工している商品もあるくらい。
見て、これは葡萄だ!って解るくらいなのです。
葡萄の房を天然石で表す。
綺麗ですよね。

※画像は載せられないので気になる人は
⇒ペリドット 葡萄
などで調べてみてください。

また
この間、知ったのですが琥珀に彫刻をしている人もいるそうです。
色合いによって模様を変える。

改めて
デザイナーさんって凄いなーと思った次第です。

元の商品が
本当にここの商品!?と思うくらいの出来になったりしますものね。


アイディア次第で自分の好き。
が作れるのも天然石の良いところなのかもしれません。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
#化石とは

これに正確に答えられる人はどれだけいるのだろうか。
化石とはなんなのでしょうか。

形が残っていて、過去のものだと解るものだったら解りますが

例えば・・・
台場フロンティアビルの壁にある、これ。

これも化石なのです。
化石に興味もない人にとってはただの石、もしくは、ただの壁ですよね。

これが、化石だよ。と言われないと、ただ壁に描かれているような、そんな印象を受けるのは
形として残っていないからなのでしょうか。
では
化石とのしての定義はそもそも何なのでしょうか。

Wikipediaによると
地質時代に生息していた生物もしくはその活動の痕跡を指す。
多くは、古い地層の中の堆積岩において発見される。

とされています。

そんな難しいこと言われても…と思い…。
Wikipedia見ててもよくわかんないんですよね…。
理解力が無いからなのかもしれないのですが(笑)

この大理石に入っている化石のことを
ジュライエローと言うらしいです。

ジュライエローとは…
名前の通り「ジュラ紀の黄褐色や赤褐色の、大理石中」によく見られる化石だそうです。

そもそも、なぜ大理石中に見られるのでしょうか。
大理石中に見られる理由として、アンモナイトが生きていた当時のアルプス山脈やその南側の地域は深い海になっていて、そこに石灰質の泥がたまり、時折アンモナイトの遺骸が紛れ込んだためと考えられているから。だそうです。

凄いですよね。

大理石の中に過去の生物が埋もれていて
それが今の建築物の中に使われているということ。

恐竜時代の生物(化石)と共存しているということ。


こんな化石も有る一方で
多くの人が化石と言われて想像する
過去の生物の遺骸や遺跡が、何らかの形で地層の中から発見された
骨や物体となっている化石。

これは見て一瞬にして化石って解りますよね。
化石は大きく5つに分けられるそうです。

■実体のあるもの(軟質部ものこるもの)
■実体のあるもの
■岩石や鉱物で置換されたもの
■岩石にのこされた印象
■変形・変質したもの

実体のあるものだと、貝殻や骨、角、歯、などとわかりやすいのですが
岩石に残された印象だと上記のような大理石に残されたものも入り

変形・変質したものだと石油や天然ガス、石炭、リンや琥珀などもとの形を保っていないものになります。
全て総称で化石と呼ぶから奥が深いですよね。。。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。