アレルギーキャンプ

テーマ:

みなさんの投票をお待ちしています 

                  

ここをクリックして頂けると、人気ブログランキングに投票されます。

 

 

こんにちは、看護部ブログコアメンバーのKOIです鯉

外来の広報担当者さんより、毎年企画運営している「喘息アレルギーキャンプ」についての記事が届きました。

 

星星星 星星星 星星星 星星星 星星星

 

横浜市内在住の気管支喘息、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎で通院中の患児と保護者を対象とした喘息アレルギーキャンプを開催しました。

 

今年で10年目となりますビックリマーク

 

当院のキャンプは野外活動が中心となっており、様々なプログラムを通して子供達は自身のアレルギー疾患について学びます。

 

今年は雨が続く夏となり、当日の天気を心配しましたが、晴れ間ものぞく曇り空の中のもとスタートしました。

 

キャンプの前半は野外炊事です音譜

 

参加者には事前アンケートを行い、アレルギー食材の確認をし、アレルギー除去食を考えます。

 

今年のメニューは、カレー野菜カレー、豚肉の塩釜焼き、焼きとうもろこし、飯盒で炊くごはんでした。横浜市野外活動指導者協議会のボランティアスタッフの指導のもと、薪割りから準備開始。今年初チャレンジの豚肉の塩釜焼きは、焼き上がり後、塩の中から美味しそうな豚肉が出てきた時には歓声が上がりました。米粉麺を使った流しそうめんも毎年の楽しみなプログラムです!!

 

 

 

 

午後からは公園内でフィールドビンゴをしながらウォークラリーを楽しみました。子ども達はビンゴカードにたくさんシールを貼れるようにと散策していました。チェックポイントの動物園では、普段なかなか触れる機会がないハツヤネズミやモルモットとふれあいましたハムスター

 

参加した保護者の方からは、「子供がアレルギーがあって学校のキャンプはあきらめていました。今回は食事の心配がなく体験できて素晴らしかったです」と感想をいただきました。

 

また、子供たちからは、「薪割が楽しく、また参加したい」という嬉しい声をいただきました。

 

 

 

 

 今年も本当にたくさんの方のご協力をいただき、無事にキャンプを開催することができました。多職種にわたる院内スタッフ、看護学生、院外の医療スタッフ、そして野外活動のプロである神奈川県国際奉仕団、野外活動指導者協議会の皆様には感謝しておりますラブラブ

 

 アレルギー疾患があると野外活動に参加することが難しい事がありますが、医療者と野外活動のプロが協力することで、安心して野外活動に参加することが可能になります。そのような場所を提供できるよう、来年度も笑顔あふれるキャンプを企画していきたいです!!

 

 

みなさんの投票をお待ちしています 

                  

ここをクリックして頂けると、人気ブログランキングに投票されます。

 

AD

リブログ(1)

  • ”アレルギーキャンプ”

    こういう、イベント!!ものすごく大切だと思う*Ü*アレルギーで制限のある子どもたちもその保護者たちも、医療従事者と一緒なら安心して楽しめる素敵なイベント😋🎵

    病気と共に/Azu.K

    2017-10-12 19:14:19

リブログ一覧を見る