コシヒカリ、無事稲刈り終了!パート2 | とらくたーといっしょ! 第三章 

とらくたーといっしょ! 第三章 

米・食味分析鑑定コンクールで金賞狙う、秋田の中規模の兼業農家です

機械の事、日々の農作業、農家が思う事を素直に綴ります

晴れ晴れの秋田ですが、風も少し強いです。

 

今日の方が稲刈りに適した天気でしたが、色々と予定がね (^_^;)

 

 

ただ写真を並べるだけですが、密苗・特栽コシヒカリの稲刈り、無事終了!パート2です。

 

 

なぜに有機質肥料で栽培したコシヒカリは、こんなに綺麗に色づくのでしょう

 

こんなに綺麗だから、コシヒカリを作るの、やめられないんだよね~ (o^-^o)

 

どの品種よりも、一番綺麗な色になると思います。

 

まさに黄金色!

 

 

ER448Nになってから、四隅は一切 手刈りしてません。

 

 

畦際は畦ギリギリ高めに刈って↓

 

少しバックして、何度か斜めに刈って↓

 

曲がるスペースが出来たらOK!枕地を刈って行く

 

4条全面刈りでコンパクトなダイナライトNEOだから、これがとても楽に出来ます!

 

おかげで手こぎは、一切ナシ!

 

コンバインを降りたりする事もなく、楽ですわぁ~ v( ̄∇ ̄)v

 

 

密苗・特栽コシヒカリ、意外とボリュームがありました↓豊作年ですしね (^_^;)

 

ボリュームがあったと言っても、10俵とかではありません。

 

有機の特栽で、食味重視の栽培なので、8俵くらい。

 

それでも、しっかりと茎数も取れてて、穂長も長かった感じです。

 

 

やはり坪50株植えが、minapapaのコシヒカリにはバランスが良いのかな!

 

最後の4条を刈ってフィニッシュ!↓

 

しかし、台風の大雨の後だと言うのに、ほ場が全然荒れません。

 

直進だからかもしれませんが、枕地もとても綺麗なままに終わりました。

 

 

1ヘクタール終了!これにて、今年の稲刈りも無事に終わりました  \(*^^*)/

 

そして、最後までクローラーは綺麗なまま!

 

今年の水管理は、完璧だった (^^)v

 

 

コンバインの埃ですが、少しトウミの風量を弱くしたら、少し改善されました。

 

いつも少し強めに回していたので、それが埃の酷い原因の一つでもあったかも!

 

 

でも、ダイナライトNEOのキャビン仕様のスペシャル機、

 

欲しかったなぁ ヽ(´~`;)ウーン

あのダイナマックスREVOとは少し違うキャビンの形も、好きなんだよなぁ~!

 

 

もう今年も終わっちゃったから良いけど、次こそ絶対にキャビン!(・_) キラーン 

 

 

 

綺麗に刈り終わった、200m×50mの密苗・特栽コシヒカリの1ヘクタールほ場↓

 

刈り跡も芸術的だね (自画自賛、笑)

 

台風の大雨の後も、排水バッチリでした!

 

 

 

これだけの大型ほ場を均平に代掻き出来たのも、ヤンマーのYT345 デルタ仕様トラクター

 

ササキの超耕速マックスハローACEで代掻きをしたおかげかもしれません!

 

春にお借りしたヤンマー YT345デルタ仕様&ササキ 超耕速マックスハローACE

 

minapapaの近くでは、ヤンマーのYTトラクターの3シリーズは見かけないので、

 

かなり目立ちました!

 

 

平均4キロの超耕速代掻きで1ヘクタールを代掻きしました↓

 

凄いですね!

 

やはり基本をキッチリと行えば、全てが違いますね!

 

 

ヤンマーやササキの最新の機械と、minapapaの古い田植機やトラクターと比べるのは、

 

とっても酷かもしれませんが f(^^;) ポリポリ

 

 

やはり基本はどこまでも大事です。

 

綺麗に代掻きして均平をとって、綺麗に田植えをする。

 

それが、後々に現れてくるのだと思います。

 

 

本当に今年は、良い経験をさせて頂きました!

 

 

農協さん、ヤンマーさん、ササキさん、

 

機械をお貸し頂いて、ありがとうございます!

 

 

あとは、コンクールの食味値ですね。

 

これは、さすがに全国レベルなので、入賞するとなると難しいかもしれませんが、

 

これから丁寧に乾燥調整・籾摺りを頑張ります p(^^)q

 

 

 

最後は、高食味の密苗栽培を目指して!

 

 

 

どんな結果が出ても、怒らないで下さいね (^^;;

 

秋田でコシヒカリを栽培する事自体、そもそも厳しいんですから。

 

水分は、昨日刈ったコシヒカリでも20%以上ありました。

 

 

ギリギリ適期に入ったか、もしくはやはり登熟するには厳しい土地か。

 

コンクールでの食味値の自己最高は89点。

 

今年こそ、越えていきたいです!

 

 

 

それでは残り半日、

 

今日も良い一日をお過ごし下さい (^^)/