「 師範訓示 」 | 【みなみ風の武道日記】

【みなみ風の武道日記】

【極真カラテ門馬道場】
師範 門馬智幸
職員 山名菜穂子(旧姓・岩崎菜穂子)

                  

1月4日(土曜日)

門馬道場の指導員新年会が行われました。

現在、教室の責任者や指導補助に関わる17名が顔を揃える事が出来ました。


まずは、門馬智幸師範から、令和2年の初訓示を頂きました。






門馬師範から頂いた言葉。

それは、

「情熱と信念」


このお言葉は日頃より指導頂く中にある言葉でもあります。でもやはり、何度聞いても胸に刺さります。


「 各先生方は、情熱と信念を持って、指導に関わり、保護者の皆さんと向き合ってほしい 」



また、

「 突きや蹴りを教えるだけの道場にはしないでほしい。弱い気持ちの子供達、消極的な子供達、後ろ向きな子供達、そのような子供達こそ、救える道場を作ってほしい。では、救うのに必要なのは何か。それは仲間の存在であると思う。共に頑張り、共に笑い合い、共に励ましあえる環境を作って下さい 」



「 門馬道場は武道教育を強く掲げている。では、その武道教育とは何か。それは……… 」





と、書きたい事が沢山ありますが、指導員の特権とさせて頂きます 照れ




今年は新しく、3名がこの輪に仲間入りし、一層盛り上がる新年会でした おねがい











また、幼稚園で入門し、小学校時代からの夢・空手の先生として走り出した、統河指導員と柊太指導員。






現在は職員として、指導に走り回っておりますが、無事に20歳を迎え、門馬師範と初めて、お酒で乾杯する時を迎えました 爆笑





師範……
嬉しそうです 爆笑






また、一人ひとりの先生方が、自分の道場の報告などを行いました。


新たに指導員に加わった若い先生の葛藤。
選手としても頑張りたいがなかなか思うようにいかない苦悩。
門下生の大きな成長報告。
門下生の抱く悩みを共に考えてほしいというSOS。


何人もの先生方が、涙を流しながら報告し合う姿に、皆さんの一生懸命さが伝わる素晴らしい時間でもありました おねがい


そして門馬師範。
ごちそうさまでした 🙇‍♀️






門馬道場指導員一同、
門馬師範の想いをしっかりと受け継ぎ、
指導と自身の研鑽に汗を流して参りますので、
本年もどうぞ、宜しくお願い致します ビックリマークビックリマーク






押忍 クローバー

極真カラテ門馬道場
師範  門馬智幸
職員  山名菜穂子

子育てブログも、宜しくお願い致します おねがい ↓↓↓