前の記事につづく。

 

アマルフィから、サレルノ方面にちょっと行った後、山を登っていくと、ラヴェッロです。

途中、前からバスが来たりすると、すれ違いが厳しいところもありました。

 

なんとか、ラヴェッロの駐車場まで。

シーズンオフの午前中早い時間は、まだ、駐車場は、すいていました。でも、夏は、どうなんでしょうね。

 

 

駐車場から、ドゥオモ広場に向かっていくところには、なんか、遺跡なのかと思うような廃墟がありました。

 

 

この町では、猫に会うこと、多し。

 

 

サレルノも、アマルフィも、こんな形のクリスマスツリーでしたね。

飾り付は、ちょっと違うけれど。

向こう側が、ドゥオモ。

 

右の扉から入って、

 

 

中央の青銅の扉を中で見ました。

 

 

このドゥオモの見どころは、両側にある、説教壇です。

 

右側には、

 

 

 

ライオンが支えています。

 

 

 

 

美しい。

 

左側の説教壇は、

 

 

旧約聖書の、巨大な魚に飲み込まれる預言者ヨナ。

 

 

説教壇以外は、シンプルですね。

 

 

13世紀の鐘楼。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村