砂漠

テーマ:
砂漠 伊坂幸太郎
 
読みました。感動!!!
 
学生時代とは、社会という「砂漠」に出る前のオアシスみたいなもの。
 
自分だってその気になれば、何かできるはず・・・
 
砂漠に雪を降らすことだって、できるはず・・・
 
社会に出る前の学生たちが、大学生活で成長していく過程を描いた小説です。
 
 
世界の平和のためにと行動したり
 
目の前の人に後先考えず手を差し伸べたり
 
いつの間にかできなくなっているな~と、考えさせられました。
 
砂漠の世界にいるとどうしても
 
「それは偽善だから」と都合よく解釈できるようになってしまいます。
 
私もザ・クラッシュとラモーンズを聴いて
 
砂漠に雪を降らせてみせようじゃないか、と思いました。
 
 
 
 
 
 
大切にとっておいて、何度も読み返したい
 
本当にそんな一冊でしたウインク


人気ブログランキング に登録しています。クリックお願いします。

 

ホームページ