みなさんは眠る前にスマホを触っていませんか?実はスマホからは大量のブルーライトが発せられています。このブルーライトは、睡眠ホルモンである「メラトニン」の分泌を抑制する効果があります。「メラトニン」の分泌量が多ければ眠くなり、少なければ目が覚めます。
 日没後にスマホからブルーライトを浴びると、睡眠サイクルに変調をきたす可能性が高くなっています。寝つきが悪くなったり、不眠症の原因にもなったりします。
 寝る前はスマホを見ないようにするのが確実ですが、iPhoneでいうとNight shiftを設定すると有効です。Night shiftの時間はブルーライトをカットしてくれます。

 太陽光にはブルーライトが入っていますので、朝、日差しを浴びると「メラトニン」の分泌が抑制され、目が覚めます。朝は日差しをたっぷり浴びましょう。