神戸市会議員 上原みなみ

神戸市会議員 上原みなみ

神戸市会議員2期目の「上原みなみ」がお届けする市政ブログです!

神戸市会議員2期目の上原みなみです。
しがらみの無い無所属議員として、市民利益・住民サービス向上のため闘います!

本日、神戸市会では、予算特別委員会2日目となりました。

以下、私の質問です。

令和3年度予算特別委員会(R3.3.2企画調整局)

1. 子どもの生活状況調査の実施

(上原)

 子どもや家庭の生活・経済状態等を調査するため、国において全国で5,000世帯にアンケート調査を実施しているが、それに合わせて市は来年度、小学校5年生、中学2年生の全生徒とその保護者向けに調査を行うと聞いております。

 共通調査項目が、子供向けには19問、保護者向けには24問あり、概ねこの設問は採用されると思いますが、学校を通じて調査を行う場合は、親や他の生徒を気にせず、こどもたちが正直に回答できるような工夫が必要ではないかと考えます。選択肢に〇をつける方式なので、15分くらいあれば答えられると思いま

すが、どういった時間を活用して、どんな場所で、どういう方法で調査を行う予定なのか、まずお聞きします。

(谷口局長)

 具体的な時間とか場所とか方法ということですけれども、まだ正直そこのところまでは詰まってるものではありません。ただ具体的な調査内容については、やはり国の研究報告書なんかを参考にしつつ、またあの、受託の事業、事業者から調査項目に関する様々な提案もいただくことにしておりまして、そのあたり具体的な調査方法を教育委員会とかともよく相談しながら、検討していきたいというふうに考えております

(上原)

 また、国の調査は無記名としていますが、子どもたちの生活の実態を把握する中で、ネグレクトやDVなど虐待の早期発見に繋がるものもありますので、場合によっては個別の生徒をケアできるよう、市の調査は記名でやるか、もしくは記名したい人は出来る様にすべきではないでしょうか。

(谷口課長)

 確かにご指摘の通り、やはり率直に回答していただきつつ、やはりケアが必要な生徒さんに対しては、きめ細かな配慮というのが必要になってまいるというふうに考えております。このあたりも、今のご指摘も踏まえながら、子供たちが率直に回答できるような、具体的な方法というものを教育委員会ともよく協議をしてまいりたいと考えております。

(上原)

 この調査で、子どもたちが正直に答えやすくするには、自分の回答が信頼する人以外に見られないとう事を保証してあげる必要があります。国の調査の前書きには、「全部書き終わったら自分で封を閉じて、おうちの方の封筒と一緒に大きい封筒に入れて、先生の指示に従って出してください」と書かれています。虐待

等がある家庭の場合、こどもは回答を家に持ち帰ると見られてしまうと不安になります。こどもと保護者の回答をセットで調査したい目的もあると思いますので、こどもが親の回答を学校に持ってきて大きい封筒に自分のものと一緒に入れる等のきめ細かな配慮が必要と考えますが、いかがでしょうか。

(谷口局長)

 確かに不安にならない子供さんがあの不安にならないということが非常に重要だというふうに思ってます。そういった意味ではこの提出の方法ということについてもしっかり子供たちが不安にならない方法で、考えていきたいと思ってます。

(上原)

 重要な調査であると同時に、デリケートな内容になると思いますので、逆にいじめや虐待を助長させる事なく、こどもを守るために役立つものにして頂きたいと思います。

2. 関係人口の増加策について

(上原)

 市ではSNSを通じて関係人口を増やす取り組みとして、ツイッターに公式アカウント「つぶやこうべ」を昨年11月に開設しています。「神戸に詳しい喫茶店のマスターが街の情報を日々つぶやく」という設定で、AIを駆使し、神戸に関連したつぶやきを行ったユーザーを見つけて主体的に書き込みをしていくという新し

い手法で、とても興味深い取り組みだと思います。

 フォロワー数は約1900人程度まで増えていますが、開始から3か月経ってどのように評価していますか?

(中山東京事務所長)

 TwitterカウントつぶやこうべはAIにより抽出したターゲットのつぶやいてる興味関心などに沿った話しかけを行いまして、SNS上の会話を通じた記憶に残る情報発信により神戸に対する親近感を醸成するという目的で行ってございます。目的としましては神戸を語る人や企業をSNS S上に増やしまして、神戸応援する神戸のファンコミュニティを創出するということが一つでございます。二つ目は、神戸との接点や興味関心を持っていただき、神戸市が、観光地の選択肢として自然に選択されるというようなことをめざしてございます。この2点を目標といたしまして株式会社電通と共同研究を今行っているところでございます。現在の取り組み状況でございますけれども、ユーザーのつぶやきに対して話しかけを行ったのが、3ヶ月弱になりますが1521人。そのうちつぶやこうべに対する応援メッセージであったり、ハッシュタグつぶやこうべを使って自発的な口コミでの発信など、非常に好意的な反応してくれた数が465人いらっしゃいました。そのフォロワーさんへの波及460人、465人のフォロワーへの波及を換算すると約8084万人の方に神戸の魅力を届けることができたのではないかと考えてございます。神戸版コミュニティの形成を、そういう代理店では着実に進めておられるのではないかと思っているところでもございます。また神戸にまた行きたいとか神戸に移住したい意欲が高まったというメッセージをいただくなど神戸の移住、観光であったり移住先の候補地としても、目的に合致した反応を獲得しているところでございます。なお1日あたり平均132件のいいね数をいただいてございますし、例えばですが、神戸市の移住ポータルサイトのURLなど投稿に記載されているリンクへのクリック数も1日あたり平均58件獲得率をいただいてます。各ユーザーに表示されたツイッターに対して好意的なリアクションを核とした割合、いわゆるエンゲージメント率というものですが、3.5%となってございます。これは同程度のフォロワー数を抱えるアカウントのエンゲージメント率の平均があの1.2%ぐらいとお聞きしてますので、それと比較いたしましても順調なアカウントの運用ができていると考えてございます。以上でございます。

(上原)

 まさに関係人口構築の取り組みとして、今後もフォロワー数を拡大してほしいと思いますが、この事業を通じて、例えばふるさと納税が大幅に増加とか、神戸に興味を持ってもらって旅行客が増えるとか、神戸に直接的なメリットを引き出してほしいと思います。その目的に向かって、どの様な手法をお考えかお聞きしま

す。

(中山東京事務所長)

 先生ご指摘の通り直接な効果っていうのも期待しているところでございまして今後も神戸ファンの創出であったり関係人口の拡大とか、移住促進に加えまして、先生おっしゃるようにふるさと納税についてもですね、どのような方にふるさと納税の情報をご案内するのが適切であるかAIとか電通とも一緒に共同で研究いたしましてどのような方にふるさと納税のことについては、このような方に会話をし、仕掛けたらいいんじゃないかとか研究しながらですね、対象者を選定するとともに、またユーザーの反応検証しながらですね効果的な投稿コミュニケーションを今後とも行っていきたいと思います。

(上原)

 「つぶやこうべ」のフォロアーも、半分は神戸市民とお聞きしていますので、関係人口構築は、まだまだこれからだと思います。面白い取り組みですが、直接的な神戸市へのメリットを求める中、これから営業色を出していく必要も出てくるので、難しくなるとは思いますが、関係人口という、まだ都市間競争が激化していない分野の戦略なので、是非、多くの方に神戸ファンになって頂き、観光以上定住未満の人を増やして頂きたいと要望します。

本日から、神戸市会では予算特別委員会がスタートしました。

初日は、 行財政局・市長室で、以下、私の質問です。

今、議事録を見直して、改めて憤りを感じます。

1.委託契約における地元企業への優先発注について

(上原)

 令和3年度当初予算案に、市ホームページの機能拡充として3千万円の予算が計上されています。兼ねてより外部委託事業については、市内事業者を育て助ける観点や市内経済循環の観点から、地元発注を徹底するよう要望してきました。しかし、現状は静岡市の会社に令和6年度まで7年間の委託契約が締結されています。

 まず、なぜ、神戸市のホームページという、市の顔とも言える大事な事業をわざわざ市外事業者に発注しなければならなかったのでしょうか?応募が、その1社しか無かったとの事ですが、そもそも市内発注の意識が無く、市内事業者への広報が足りなかったのではないでしょうか?

(田名部部長)

 ご指摘の現行の市ホームページの構築保守契約は、約3万ページのホームページを管理するシステムを設計し構築する技術力が必要であること。さらに移行作業も膨大な業務となり、全国的に見ても受注可能な事業者というのは少ない現状でございます。平成30年に公募したところ、市内事業者からの公募はなかったという状況です。

 令和3年度に実施する市ホームページのの機能拡充につきましてはこちらホームページおよびFAQサイトの閲覧数等を詳細に分析して、情報を整理することで、調べやすいわかりやすいサイトにしていく方針でございます。今後、具体的な手法と契約の本数、内容がどういうものになっているのか検討していく予定でございます。その中で新たな発注がございましたら、行財政局が現在示しているガイドラインに基づいて、積極的に市内の事業者に発注できるように努めていきたいと考えてございます。

(上原)

 ちょっと戻りますけれども今お聞きしたのは平成30年の公募の件です。その件について、市内に請け負える業者がないというふうに判断されたとお聞きしましたけれども、市内にどんな調査をされたんですか?市内事業者に声掛けをされましたか?

(田名部部長) 

 具体的には市内だけでなく全国にホームページでこういう事業の公募をするということを公表したというようなことでございます。

(上原)

 ホームページで公表したっていうのはそのホームページを見なければ誰も知らないっていうことですが、直接声掛けをしたというふうにお聞きしましたけれども、違いますか?

(田名部部長)

 直接具体的な声がけまではやってないというふうには承知しております。

(上原)

 実際に私が市内の大手のウェブ関連会社にお聞きしました。そうしますと2社からお返事があったんですけれども、全く公募知らなかったということで神戸市との付き合いがある事業者だそうですので、声をかけて欲しかったというふうにおっしゃってました。その2社にお聞きすると、市内に5社ぐらいは受注できるところがあるんじゃないかというふうに言ってるんですね。声がかかってないし応募もできてないのでわからないんですけれども、実際にその2社ももし公募知っていたら、応募していたと言ってました。その点についてどう思われますか?

(田名部部長)

 もし具体的に知っていたら応募したかどうかということについては現時点から言うと、なんていうかこちらとしてはホームページ等で公表してお知らせしていたわけで、したがいましてその通りでございます。

(上原)

 せっかくの市内循環の機会を逃してらっしゃるんですよね。勝手に市内事業者では無理だというふうに決めつけられている、そこがすごく問題だと思います。もし公募を知ってたら応募したと言ってますから、知らなかった方が悪いという顔されてますけどそうじゃないと思うんですね。市長室に限らず地元事業者を知らな過ぎると思うんです。事業によっては費用対効果を念頭においていうところもあるでしょうけれども、例えばさっき言ってたこのホームページとか、広報紙KOBEも大阪に委託されてますしLINEも東京ですよね。神戸ポストも岡山市、神戸ポストなんかは市内事業者も応募してるのに、わざわざ市外を選んでるんですね。

このように市内事業者でも請け負えるものは市内事業者に発注すべきだと私は思います。この観点からやはり市内経済循環の観点っていうのがすごく希薄だなというふうにしか思えません。

 委託契約における地元企業への優先発注の徹底については、12月の本会議において行財政局が各局に対し、状況のヒアリングを行うなど、委託契約におけるプロポーザル方式実施のガイドラインに沿った運用をフォローすることで、市内事業者への発注の取り組みを推進していくとの答弁がありました。 12月23日には契約管理課から「委託契約における地元企業への優先発注について」という通知文が出されており、その中に、委託先の選定にあたって参考になるよう、地元企業への発注実績リストをイントラネットに掲載しますと書かれてありますが、発注実績だけではなく、地元事業者を業種別に掲載し、市内事業者へ直接声をかける周知により、応募事業者を増やす努力をすべきと考えますが、いかがでしょうか。

(岩崎副局長)

 残念ながら市内事業者のですね、包括的なちょっと一覧ってのがちょっと神戸市で持ってなくてですね。どうしてもちょっと実績をちょっと全部把握してそれを共有するまでしかちょっと、最大限努力したんだけどできませんでした。なのでちょっとそこでご理解いただければと思っています。ただあのその中でもですね、できるだけこういう通知の趣旨ってのはよくお伝えして、各部局にも意識持っていただいて地元発注の推進に取り組んでいきたいと思っています。

(上原)

 発注実績だけでは新規の事業者っていうのが全く手を挙げにくい状況なんですね。広報が悪いっていうのを神戸市はずっと言われてるようにホームページに載せてたからって誰も見ませんから。実際に公募の際に、局によって直接声をかけるということをされてるのはお聞きしております。その際、市の職員の繋がりのある事業者にだけしか声がかからないってのはすごく不公平だと思うんです。その観点からも、行財政局契約監理課は今リストを持ってないって言いますけども、納税してくれてるんですよ事業者の皆さん。その納税してくれてる事業者の皆さんを知らないってよく言えるなと思うんです。やはりリストを作るべきだと思います。商工会議所に問い合わせたらあのリストぐらいあると思いますし、そういう努力をぜひしていただきたいと思います。

 事業者決定について事業者が決定した際に、ホームページに掲載されているものと、掲載されていないものがあるんです。それはどうしてでしょうか。

(岩崎副局長)

 税務情報については地方でこの22条でですね税務上の秘密は目的外に使用できないというのがあるんで、ちょっとそこも議論とか検討したんですけど、でも情報を少なくとも共有することはできなくて今の状態にあります。なので、ちょっとそこはご理解いただきたいと思っているんですけれども。ホームページについてはですねちょっと載せきれてないのはすみません。ちょっと個別にはちょっとわかってないところもあるんですけれども十分にホームページへの掲載を徹底しきれてないだけだと思いますのでしっかりその公募情報というのはですねホームページに載せられるようにして且つですねわかりやすいところにしっかりアクセスしやすいところに置いていく。かつ今の戦略部長からもあった通りですねホームページ使いやすくするためにですねオプトイン型自分の好きな情報をですね登録してそれを自動的に提供的にするそういう仕組みをちょっと導入したいなと思ってましてそういう形でできるだけホームページの情報を発信できるようしたいと思っています。

(上原)

 誰も税務情報を載せるなんて一言も言ってませんしオプトインができるまで市内の事業者は全然公募情報知らないでいいんですか?市内循環を推進するっていうことを、本当に真剣に考えて頂きたいと思います。

本日の令和2年度神戸市予算議会。

代表質疑パートⅡです。

長文なので、良かったらコメントに貼り付けるYouTubeでご覧ください。

 

 

2.新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について

 2月17日から医療従事者へのワクチン接種がスタートし、神戸市のホームページでは、今後、接種後の健康状態調査の結果などを公開し、ワクチン接種の安全性や有用性を分かりやすくお伝えしますと書かれており、市民の皆さんに接種を促す文面となっています。

ワクチンの安全性やリスクについてホームページに公開するだけではなく、市民一人一人に伝わるよう情報提供したうえで、集団免疫を獲得するためにはより多くの市民に接種して頂く必要が有ります。そこで、他都市で実施しているような接種済み券を市内協力店の割引券にするなど、インセンティブを付与し、接種促進を図るべきと考えますがいかがでしょうか?

(恩田副市長)

 神戸市におきましてはホームページだけでなく接種券に同封し、SNSなどの媒体を使いまして、より多くの市民の方に対し、ワクチンの効果、安全性について正しいデータを周知することが大切だと考えております。ワクチンの接種によります感染症対策の効果、副反応の双方について正しく理解していただいた上で、ご自身でご判断いただいて接種いただくとことが基本ではないかという考えでございます。

(上原)

 本来、自分の体を守るため、周りの人に移さないため、コロナ終息に向けて接種されるべきワクチンですが、人間ですので、接種済み券が割引券になる等特典があれば、口コミによりアッという間に広まるものです。そして、こういうサービスは、公平性の観点から、接種が進まなくなった途中からスタートすることは出来ません。

神戸市の方針では、インセンティブではなく広報で接種促進はするとの事ですが、広報が弱いと言われる神戸市が、市民一人一人に接種を呼びかける有効な広報が出来るのか疑問です。

 ワクチン接種は任意ですので、正しい情報に基づき判断された結果、接種しないということなら仕方ないのですが、アメリカなどで問題となっているように、デマに惑わされたり、根拠のない不安から接種を拒否されたりすることは可能な限り避けたいと思うのです。

 そこで、先行接種されている医療従事者の皆さんの体調経過を市民一人一人に伝わるように公表して下さるとは思いますが、医療従事者の皆さんからのメッセージ動画をこうべLINEやSNSに投稿するとか、出来る限りのことをやって、市場調査では相当数いると言われている「接種するかどうか分からない」という人たちに接種して頂くよう取り組むべきと考えますが、いかがでしょうか?

(恩田副市長)

 ワクチン接種にインセンティブをというのはユニークな取り組みだと思いますけれども、ちょっとこのワクチン接種という類の話については、そういうような形でいいのかどうかとちょっと気になるところが個人的にはございます。いずれにしても昨日もいろいろとご答弁申し上げましたけれども、ニュースの偏見差別のようにあの感染症の知識について正しい知識をしていただくということ、あとワクチンの安全性や有効性、こういったことについて正しい知見、知識を皆さんに周知することが大事だと思いますので、医療従事者の方の活用についても考えさせていただければと思います。

(上原)

 医療従事者からのメッセージは、説得力があると思いますので、是非、協力いただいて、広報に役立てて頂きたいと思います。

 神戸市では、ここ最近、新型コロナウイルスの新規感染者数が一桁の日も有り、小康状態の様に見えますが、現段階で終息のカギはワクチンしか有りませんので、正しい情報を市民一人一人に伝える有効な手段で、接種促進に向けて最大限尽力して頂きたいと要望します。

本日、神戸市会では令和3年度予算議会が開催され、代表質疑をしました。

長文なので、良かったらコメント欄に貼ったYouTubeをご覧ください。

 

 

1.シェフレシピ・監修の日本一美味しい中学校給食の提案

 

2017年にスタートした神戸市の中学校給食は、導入に際し、保護者からの熱い要望があったにもかかわらず、実施後の利用率が低く、今年度から給食費が半額の170円になっても喫食率40%と、非常に不評で、当時、議会主導で取り組んだ私たちとしても残念な状態となっています。アンケートからも原因は明確で、「冷たいから」「美味しくないから」というものでした。

民間調理施設から中学校までの運搬にはおかずを10度以下に冷やさないといけないため、現行方式では冷たさが解消されず、「美味しくない」というのも、おかずが冷たいという事が少なからず起因していると推測します。

今年度は、温かくておいしい中学校給食の提供に向けて、隣接する小学校の給食室で中学校分も作る「親子方式」と、保温機能のある食缶で、メインのおかず(主菜)を提供する「一部食缶方式」のモデル実施が行われました。そのアンケート結果を見ますと、親子方式では満足が72%、やや満足を合わせると93%と大好評だったようで、私の地元である大原中学校では先生が「今日の献立は残す生徒が多いんじゃないか?」と想定した「ひじきの煮物」にもお代わり希望者が続出し、結果、作られたおかずは空っぽになったと聞いています。

一方で、一部食缶方式のモデル実施結果は、満足が30%、やや満足が33%で、不満とやや不満を合わせて33%ありますので、親子方式ほどの満足度ではない回答となっています。

また、いつも家庭弁当を食べている生徒の5割近くが、親子方式では給食を食べたいと答えたのに対し、一部食缶方式では4割が給食を食べたくないと答えました。

 ただ、これは隣接する小学校で作る親子方式と、民間調理施設で作る一部食缶方式という、給食を作る場所の問題ではなく、本質は、全て温かいおかずを食器で提供したか、一方でおかず一品だけが温かく他が冷たい状態でランチボックスに入れて提供したかによる生徒の反応だと思うのです。

 これらの結果・分析により、神戸市が全員喫食に向けて目指すべくは、ランチボックスを廃止し、食器に温かいおかずやご飯を配膳する中学校給食となりますが、そこに至るまでに令和3年度は一部食缶方式を導入するというのは、少しでも早く温かい給食を提供したいという教育委員会の熱意が感じられます。

そこで、私からも提案があります。神戸市にはミシュランガイド掲載店が多くあります。過去に星を取られたシェフの方々と話をする中で、中学校給食での食育に関心を持って頂き、献立のレシピ提供、給食の監修に協力的なご意見を頂戴しております。全員喫食制への移行までの間、一部保温食缶方式に変えるだけでは、3割以上の生徒がまだ不満との結果なので、おかずが温かくなることに加えて、「格段に美味しくなる」という大きな魅力も加え、更なる「食育」を推進したいと考えます。まずは、令和3年度から始まる週1~2回を想定している一部食缶方式で、管理栄養士と協力しながら一流シェフの皆さんからのレシピの提供や監修により、味の向上を図り、「全員が食べたい」と思う中学校給食に取り組んで頂きたいと考えますか、いかがでしょうか?

(長田教育長)

 他の自治体の中には野菜の本来の味や食感を生かした調理法や味付けなど、プロのシェフならではの視点によってアイディアに富んだメニューも提供されていると聞いております。子供たちにとりましても、食への興味や関心を持つ機会に繋がる。また食育の観点からの効果が期待できるのではないかと考えております。本市におきましても、例えば食育の一環として毎年実施をしております中学生のアイディアメニュー募集。この募集におきまして中学生から提案があったメニューを、プロのシェフの目線で審査や監修をいただき、一部食感方式にて提供するといったような取り組みができないかどうか、一度検討させていただきたいと考えております。

(上原)

 シェフが関わる給食は、他都市でも実施例がありますが、神戸市ではそれだけではなく、令和3年度生徒1台ずつ支給される端末で、そのシェフからのレシピのポイント等の動画メッセージを観ながら食べるという給食時間にすると、さらに「食育」が深まるだけではなく、シェフからの知恵などが帰宅した中学生から大人にも伝えられ、「食」の大切さを見直すきっかけにもなると思います。この様な取り組みも、ご検討いただけないでしょうか?

(長田教育長)

 非常にユニークなご紹介いただきました。今新型コロナウイルス対策ということで給食時間中に静かに食事をしているということで、私もモデル実施のときに中学校を訪問しましたが、いろんな音楽を流したりしております。そういった状況の中ではございますけれども、今ご紹介いただいたようなこの動画で、シェフの動画というなことも含めてですね、何か食育の観点からの子供たちにとって有意義なものにすることが、どんな方法が考えられるのかということを、ご指摘を踏まえて検討させていただきたいと思います。

(上原)

 私自身こどもの頃好き嫌いが多かったのですが、大人になってお料理教室に通って初めて好き嫌いがなくなったという経験があります。つまり、苦手な食材も、調理次第で美味しく食べることが出来るとう事を成長期に知ることで、身体づくり、健康にも役立てながら、一生続く食の楽しみ・重要性に早く気付いて欲しいと思います。

 今、「神戸市中学校給食」とインターネットで検索すると、3番目に「まずい」という言葉が付いて出てきます。

これを「おいしい」に変えたいですし、私は、日本一美味しい神戸市中学校給食となるよう願っております。

昨日は、経済港湾委員会がありました。

神戸市民が市内ホテル・旅館を割引利用できるKOBEプレミアム宿泊チケットは、Go Toトラベル中止により延期になっています。
応募数28.9万枚(平日限定:12.9枚)で、予算が8万枚だったので当選率3.6倍です。
Go Toトラベル再開と、医療体制逼迫状況を見ながら、利用開始時期が決まれば、当選通知が届きます。

早く、マスク無しで過ごせる日が来ると良いですね。