6/17(日)南生協らしい旅が実現しました。〜一人の困難をみんなで支えた可睡ゆりの園と遠州三山の旅〜
梅雨の晴れ間が恋しいこの頃ですが、たくさんの晴れ女?組合員さん参加いただいて、晴天の中、遠州へ向かいました。
{5419BA02-1991-4FFA-B302-8BA3A37AC739}

今回の旅行は、水袋タオル体操に通う、最高年齢86歳のSさん。朝から体調がもう一つの様子でした。可睡ゆりの園は、大輪が見頃で、皆さんお弁当を食べながら花の散策をお楽しみいただきました。ゆりの園から可睡斎へそのまま拝観する流れでしたが、水袋の伊藤さんから名南の松下さんへお助けの連絡が入りました。どうやらSさんは歩くのが疲れたみたいで、可睡斎は行けないのでバスまで連れて行って欲しいと。松下さんは、奥さん以外の人と手も握ったことがないと冗談交じりで、しっかりとバスまで誘導してくれました。
{11AB61DB-D89C-4E7F-AE24-DA2A4D3AB227}
次の油山寺では、Sさんもバスで休憩されてましたが、最後の法多山では、伊藤さんと笠原さんが両手を支えて頑張って歩いていました。その時、名南の岩下さんが車イスを見つけて持ってきてくださいました。その心配りに、まわりにいた皆さんは感激でたちまちSさんのまわりに和が出来ました。そのまま紫陽花をバックに記念撮影。忘れられない瞬間でした。
{6F55EE6D-9BE5-4D7B-99BC-C9C3C694C3B9}

{9C62A3C7-689C-4BF8-8F0A-DE336EFD30E7}

参道にあるお土産屋さんで買い物も楽しまれました。帰りの車内で、素敵な一句も。「可睡斎、梅雨の晴れ間の癒しかな。」
{7A224AD3-9047-459D-9DCC-522439F21006}


ユダヤ人へビザを発給して、6000人の命を救った杉原千畝記念館を訪れました。
{56D5AD87-9DCC-4078-8BA3-E7DEB8B98D36}

新緑の八百津市内を抜けて、人道の丘へ〜。以前より整備されて記念館もきれいでした。
早速、館内で館長の説明を聞きました。印象に残ったのは、これは民族問題であったという事。
{83F12514-06A2-48B6-8599-7A5F68A769BA}
リトアニアで、ビザ発給を受けて、ロシアから日本を通過して南米を経由して西欧諸国へ。説明の後には、今回知人から紹介いただいた加藤のりこさんの美しい歌声を聞かせていただきました。
{B7C0BFB5-DB9C-49FC-AD7B-CB2D4538D09C}
展示の中で、印象的だったのは、救われた命と救われなかった命、歴史背景がしっかり描かれていて、昨年訪れたポーランドを思い出しました。同時に、こんなに尊い命を思う気持ちが存在する一方、今では連日の報道で簡単に命がうばわれていくこのご時世。考えさせられました。
{F6F93E1E-3D3F-485C-9FC1-572402C9E502}
見学後は、記念館前で記念写真。目の前に千畝タクシーも見ました。これはちょっと、やり過ぎかな💦
{1A6CCAF1-D81F-40ED-849F-192FA47F42FA}

{6E9D6957-8759-4756-A833-0420411EC4F9}
その後は、昼食を取りに八百津市内の食堂へ〜。鮎の塩焼き、天ぷらにまずまずの内容でした。
{589D3D48-B134-4704-9F9B-B20706CE67FC}
昼食後は、宮本武蔵ゆかりの地、五宝の滝へ〜。ほとんどの方が、坂を登って1時間ほど滝を巡ってこられました。
{C23491AB-2946-4DD2-8BBF-51BC1311787C}

{439C91D4-D826-40E0-873B-5619CD439FB9}

{91FF4741-F837-433C-ADD6-17C1BB2E522A}
帰りは、人道の八百津市内へ戻って、買い物タイム。名物の八百津せんべいと酒蔵の地酒を買っていきました。
{2D8291BA-11D6-4C3B-B1A1-1D22788D1614}

{01D5F9FF-AC18-4A3D-BD9E-F02465FEBB99}
帰りのバスで、皆さんに昨年のポーランド映像を紹介しながら、改めて平和の尊さを噛みしめながら、八百津を後にしました。

みなみ旅たびクラブ・まざりあい早春のウォーキング企画

  奈良・万葉まほろば~山の辺の道ウォーク

 早秋のウォーキング企画で、3/21(水)祭日に奈良の万葉集でも紹介されている山の辺ウォークに出掛けました。数日前からの天気予報通り、朝から雨の中、45名様ご参加いただきました。

さすがに出発前からの雨とあって、バス内の自己紹介時から「残念。。。」という声が多かったのですが、名南からご参加のNさんが「名南でお祭りの時も、こんな天気から回復したのよ!」と皆さんを励ましていただきました。そんな皆さまの思いと願いが通じたのか、なんと!奈良県に入ってから、ついに雨がやんで、しかもスタート地点の大神神社着いてからは、晴れてきたのです。南生協の組合員さんとだったら、奇跡はおきるのですね。。

三輪山が拝殿になっている大神神社から、山の辺の道を元気よくスタートして、途中、紹介させていただいた喫茶店のパフエは、残念ながらシーズン前で食べれませんでしたが、花や風景を楽しみながら和気あいあいと歩きました。

途中、桧原神社でリタイヤ~タクシーでゴールのトレイルセンターまで行かれた方も数人見えましたが、お洒落なトレイルセンターの喫茶店でゆっくり過ごしていただきました。途中、古墳辺りの道が分かりにくい事もありましたが、最終、皆さま無事に完歩いただきました。

最後、バスの中で万葉を歩いた記念に俳句をいただきした。下記、2つの作品は、中日文化センター・俳句の会で入選されました。

『雨上がり、万葉の里、初音きく。』IKさん(時折、山中からうぐいすの音色が聞こえました。)

『大和路や花散る里に神話あり。』EIさん