<無線LAN>電器店店長ら逮捕 大阪 | たった3分でPCの達人:PC初心者の為の知らないと損するパソコン操作法大公開

<無線LAN>電器店店長ら逮捕 大阪

ついに逮捕者が出ましたね。

初心者向けパソコンサポート@金本です。

たぶん東京の秋葉原でも売られているであろう「無線LANただ乗り機」


大阪・日本橋の電器店で
他人の無線LANを無断で使う機器を販売したということで、

大阪府警は22日
大阪市浪速区の電器店「ファニープレイス」店長と容疑者ら3人が

電波法違反(無線局の無許可開設)のほう助容疑で逮捕されました。


この機械は

他人の無線LANを無断で利用できる機器として
「インターネットが無料でできる」と宣伝して販売されています。

機器は1台2000~7000円程度で、遠くの無線LANも狙えるよう、
高出力の電波を発するのが特徴らしい。


捜査関係者らによると、

この機器はパソコンに装着する無線LANアダプターの一種で台湾製。

広範囲で無線LANの電波を拾うため、
通常のアダプターより高出力の電波を発っします。


この機器の電波の出力は電波法が定めた上限の数十~100倍で

電波法の規定で、上限を超える電波を出すには無線局の開設許可が必要。


しかし電波の「ただ乗り」を直接規制する法律はない状況。


さらに不正アクセス禁止法の適用には
アクセス履歴などの物証も必要になるので立証も厄介なんですね。



さて、彼らの販売方法を紹介しましょう。


7500円の機器を購入すると、
店員から「マニュアルです」とラベルのないCDを手渡される。

箱には本体、アンテナ、セキュリティー解読ソフトのCDが入っていてマニュアルは日本語。

店員は「国内で使うと電波法違反に抵触する」と注意する一方、
セキュリティーを破る方法を詳しく説明してくる。(汗)


機器を売る電器店の店員は「あくまで海外での利用が前提と伝えています。
客にもそう説明しており、販売手法は問題ない」と開き直っているらしい。

そして店員は「買った人がどんな使い方をするかまで関与できない。
購入の目的は『ネットのただ乗り』だと思うが……」と語っていたそうだ。


さぁ、貴方の無線LAN環境は安全ですか?


記事一覧が見れます

【無料】PC初心者サポート@金本に質問・相談してみる
※原則、48時間以内にお返事します