プレスへの回答:5月28日

国連事務総長と日本の安倍総理の間の会談についての質問について回答する

Note to Correspondents:

In response to questions on the meeting between the Secretary-General and Prime Minister Abe of Japan

https://www.un.org/sg/en/content/sg/note-correspondents/2017-05-28/note-correspondents-response-questions-meeting-between

 

 

以下の案件を話し合うために時間を設けました。

 

イタリアのシシリーのG7では、事務総長は安倍総理と、いわゆる「従軍慰安婦」の問題を検討しました。そしてそれは日本と韓国との合意によって解決される問題であることだということに事務総長は同意をしました。この問題の解決の性質と内容を定めることが2カ国次第である問題であるということ。それ以外の特定の問題について事務総長は発言していません。

 

特別報告者の報告書に関して、事務総長は首相に対し、特別報告者は独立しており人権理事会に直接報告する専門家であると話した。

 

 

安部首相の「特別報告者は国連の総意を反映するものではない」はウソ

TBSの「国連総長が共謀罪に同意した」もウソ

食い違いについての比較記事。https://news.yahoo.co.jp/byline/itokazuko/20170529-00071465/

 

あっちもこっちもウソまみれですねぇ・・・。(´・ω・`)

 

昨日のアクセス数 21,765

AD

コメント(11)