自死遺族の特殊清掃屋ブログ ◯36977713◯

ハウスクリーニング // 特殊清掃 // 遺品整理 // 害虫駆除 // 脱臭•消臭 // 除菌•消毒•殺菌 // 死者枕経典
仕事とオフ、日々のつぶやき、死後存続を知った体験でも書ければと思います。
記事削除したFacebook掲載「さとりのしっぽ」の転載もしていきます。


テーマ:

「魔がさす」

という言葉があります。

 

前回までの内容を踏まえると、

悪意や魔性といったものとの関係性についても

次第につながってくるのではないでしょうか。

 

 

 

守護役が担うお役目の対局にある

働きを為すのも、"天界未満の住人"

であるのが次第に見えてくる筈です。

 

彼達もまた、

巡回と駐在の守護役のホトケさんがたと同じようにして

我々と深く関わっているのです。

 

 

 

諸々の負の想念、

 

...保身.偽善.独善.偽我.欺瞞.愚痴.怒り.恨み.憎悪.

不平不満.利己主義.自分本位.自己顕示.嫉み.妬み.

誹謗.中傷.排他.傲慢 など、

 

そういったものが己の中に宿った時に、

その度合いに応じて彼らとの導通を許してしまう

という風に解釈してください。

 

当然、干渉を許せば、

間違いなく良い結果は産みません。

 

 

 

善意も悪意も、

霊感や霊媒の有無にかかわらず

自分自身に作用することは

誰にとっても理解できる事と思いますが、

 

しかし、

 

心の状態が、霊的な概念..霊性と、

切り離すことのできない重要なものであるのを

知っていただきたく思います。

 

 

 

 

 

悪魔・悪霊・地獄霊...呼び方はこの際

どのようなものでもいいですが、

 

大凡、

 

そのような存在に対して関与を許したことのない人間は

人類史上誰一人として

実在したためしが無い

というのは間違いないでしょう。

 

 

そしてこれは、

ごくごく、ありふれた日常事なのです。

 

 

よって、

「触らぬ神に祟り無し」

とか言って、

宗教団体やカルト教団の類いとの繋がりを

持たない事だけが大切なのではありません。

 

 

当たり前の事ですが、

 

普段の心持ちの様子が、

人間生活を豊かにも貧しくもします。

 

ただこれは、

メディカルな観点でのメンタルケア論だけで

済む話では無い可能性が確かにあるのだという事を、

是非心の片隅に置いていただきたく思うのです....。

 

 

 

また、

 

いかに崇高な神仏ですら、諸悪の主の魔王ですら、

個人各々の心を全て意のままに操る事はかないません。

 

せいぜい、関与が関の山です。

 

自分の心は自分のもの。

これが意識の尊厳性です。

 

 

ならは我々は、

魔の横ヤリに毒されて

道を外して生きるべきではありません。

 

調和を成す為の自然の一部、

自然調和の歯車たる己を崩し、損じてしまっては、

世界はやがてその正常機能を狂わせてしまうのです。

 

心的暗闇にのまれる事があっても、

それに染められてはならないでしょう...。

 

 

 

生きながらにして堕ちる人は

少なくありませんが、

命あればこそ、

現象化を免れている

事を知らねばいけないように思います。

 

 

 

 

 

さて。

 

 

 

 

"地獄"とは、

各個人の心理的低迷の程度が反映した世界を指します。

 

肉体を伴う我々にとっては、天界同様、

正しい理解の困難な世界であることでしょう。

 

 

血の池、針の山...

 

鬼に追い回されて迫害を受け続ける...

 

閻魔に舌を抜かれる...

 

劫火に焼かれる...

 

 

 

..不可能では無い。

でも、違うのです。

 

心の状態に対して何か象徴的なものが

再現されることは事実なのですが、

 

本当は、

そういうことでは

ありません。

 

 

そもそも、意識の世界に居ながら、

自分以外の者の支配下に置かれる事など

本来無いです。

自分を縛れるのは自分しか居ません。

 

 

ただし、意識の世界ですので、

教養や固定観念によってはそれが可能にもなってきます。

 

 

"強い先入観がなければ怖くない"

と考える方もおられるかと思いますが、

しかし

事前情報がインプットされていない場合、

十中八九混乱が生じます。

 

そうすると混乱の反映された世界が展開され、

ある意味かなり厄介とも言えます。

 

 

 

ちなみに、

 

意識世界の下層領域には

共通の特徴があります。

 

視覚についてはとにかく暗い。

見えない...これに例外は無いようです。

 

嗅覚では不快臭に悩まされる場合があります。

 

触覚では痛みを伴ったり、

最悪、微動だにできなかったりします。

 

聴覚ではやはり、

騒音問題が生じる可能性があります。

 

味覚ですと、不味い思いしかできないと思います。

過酷です....水が水の味なのは有り難いのです。

 

 

五感機能が無くなるのではなく、

正常機能するが故の不具合に苛まれる

という感じです。

 

記憶の鈍化もあり、

良くも悪くも

"今"を直視せざるをえない状況に見舞われます。

 

時間が止まったようなことになる

のも踏まえると、

八方塞がりに近いと言えるのでは無いでしょうか...。

 

 

 

また、

 

意識世界の下層領域において

"個"の区域から"全"の区域へ至って

共有エリアへ進めば、

似た意識の者達と合流できる可能性が高まります。

 

((しかしその例は多くありません。))

 

 

仲間の発見であれば幸いなのですが、

しかし多くは敵対関係の者。

 

...ロクな目には遭わないようです。

 

 

 

 

 

「地獄」の世界観は人それぞれですので、

僕は敢えて

「暗い世界」とか、

違う言葉を使うようにしています。

 

"悪者の住処"のような、

[罪・咎の象徴]のようなイメージもありますが、

....単にそれだけでは、

誤った認識を育ててしまう場合が少なくありません。

 

 

単刀直入に言ってしまえば、

 

速やかな自己修正を促す、

浄化段階にある魂のためにある

システムです。

 

神(?)によるエイドプログラム

のようなものなのです。

 

ですので本来、縁の無い命はありません。

 

 

 

光と影、

 

正と負、

 

善と悪、

 

陽と陰、

 

表と裏、

 

 

 

....

 

 

かつて弟は堕ちました。

 

しかしそれは、

汚点や恥ではありません。

 

 

負のそれを基にして、教訓にして、糧にして、

上下ひっくり返して光へ駆け上がる為の礎にしたのです。

 

 

 

 

夜には星が良く見えるものです。

 

 

世界はよくできてますね...

 

 

 

 

 

 

 

次回は、

悪魔・悪霊..などといわれる者達と、

心霊、怪奇現象の何故について書く事にします。

 

宗教団体やメディアの

良いお客さんになってるかも..

..しれません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

南方 むつきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。