ステージに立つ人〜4月19日南青山マンダラでリスタート。 | Mina Yamano

Mina Yamano

Singersongwriter/Painter


テーマ:





〜4月19日(金)南青山マンダラ25周年ライブ〜
<Mina Yamano's original songs live>

平成最後に🙏✨



私の平成を言葉で表すなら"試練"と"挫折"の連続でした。


今の私しか知らない人は信じられないかもしれないけど、関西でミュージカルを目指し、関西でジャズを歌い始めた頃、随分と心の病に苦しめられ、体も蝕まれてしまいました。
本当に辛く苦しい日々が続きました。


この事は書くかとても迷いましたが、過去の自分とサヨナラし決別する為にも、そして最近ようやく決別出来る手応えを感じているので書こうと決めました。今ならやっと普通に話せる。。

なんとか長い年月をかけて戦ってやっと乗り越えてきました。
自分が今ステージで歌えていることはほとんど奇跡に近いです。昔の自分に見せて少しでも勇気をあげたいくらいです。

少し前まではステージに立つ前、あの恐怖がフラッシュバックする瞬間があって消えてくれない恐怖にぶるぶる震えていた。
自分は人前に出ることは向いてない、いつ辞めよう、辞める理由を常に探してたけど、結局見つからない、やっぱり諦めたくないの繰り返し。
何事も諦めず信じて前に進み続けないといけないんですね。最近やっと、歌やっててよかった!
そんな風に思える。
長い年月をかけて乗り越えたものは信じられないくらい強くなれる。
自分を変えれるのも自分。

あの頃の事、想いをこの日に少しでも来てくださった皆様にはお話出来たらなって思います。
私的には平成が終わってくれたら少しまた前に進めるような気持ちです。
過去の自分とサヨナラする為にもこの日のライブは大切なもののような気がします。

新曲🎵も新作の絵も🖼ありますので✨

是非いらしてくださいね💚


お祝い4月19日(金)南青山マンダラお祝い

山野 ミナ(Vo)
古川 初穂(Pf)
梶原 順(G)
開場18:30 開演19:30 
前売り¥4,500 /
当日¥5,000+1drink別 







これは先日の広尾プラザでのフリーライブの時の写真なんですが、まさか自分がステージ上でこんな心から笑え楽しめる日が来るなんて思いもしなかった。。






昔々、養成所時代にステージ写真を撮られていたものを養成所の先生と見ていたときに、隣のダンサーの女の子はステージの上で生き生きと目をキラキラさせながら自然な満面の笑みで心から楽しそうに写っている隣の私は、笑っているものの、どこか強張っていて目に光も入ってなくてぎこちない笑顔。

先生は隣のダンサーの子を指差して

「あなたもステージでこーゆう目の輝き方や顔の表情が出来るようにならないとね」

って言った言葉とあの写真今でも鮮明に覚えてる。


人間、目は嘘つけないです。
目の輝きは誤魔化せない。
アプリや加工の光では出し得ない、人が心から楽しんでステージに立っている時の目の輝き方、光り方は絶対つくれないものです。
目が小さい、大きいは全く関係ないです。。


随分と長いことかかりましたがようやく"ステージに立つ人"に少しでも近づけた気がします。。

だから最近、関西でも関東でも昔々よく出演させて頂いた場所に久しぶりに帰ってライブすると、お店の人が私の変わり様にビックリして喜んでくださるのはそうゆう事なんです。。
しかし自分、あの精神状態で足ガクガク震わせながら良くやってたなあと、、、。

しかしそれは何よりも私を応援し、ライブに来てくださいます皆様のおかげであります。
勇気を与えて頂き本当にいつもありがとうございます。。

新しい元号から新たな自分をスタートさせるつもりでいます。



4月19日は是非、私のリスタートを見届けに来てください🙏✨


よろしくお願いします✨




明日いよいよ新元号の発表だあ〜

山野ミナさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ