ち ん こ を拒む
 
 
ち ん こ 日和、今日はたくさん ち ん こ を語りたい。
 
ということで、セ ッ ク ス のおはなしです。
 
 
突然ですが、あなたは、セ ッ ク ス を
拒まれたことがありますか?
 
実は、過去のわたくし
セ ッ ク ス を拒まれたことがあります。
 
わたしはもう、女性としてダメなんだ、、、
女性として魅力がないんだ、、、
 
セ ッ ク ス を拒まれたわたしは
地の底まで、深く
ひどく落ち込みました。
 
 
どうやら、その傷が
なかなか癒えずに
いたようなのです。
 
 
だから、わたしは
自分が、セ ッ ク ス を拒むことはしないでいよう。
どんな時でも、ち ん こ を受け入れようと思っていました。
 
セ ッ ク ス を拒まれることが
どんなにツライことかを知っていたから
 
セ ッ ク ス を拒まれることは
ツライことだと思っていたから
 
 
わたしは ち ん こ を拒まない
女でいるのだ!!
 
と、わたしは、はりきっていました。
やる気マンマンでした。
 
 
 
やがて、ち ん こ についての研究を進めていくうちに、ち ん こ から放たれている、ち ん こ ビームに辿りつきました。
 
ち ん こ ビームの中身は、ち ん こ エネルギーです。
 
そして、ち ん こ エネルギーは セ ッ ク ス をしなくても、届くことがわかりました。
 
街を歩いているだけでも
メールやLINEのやりとりだけでも
ち ん こ エネルギーを受け取ることができます。
 
 
わたしは、ち ん こ エネルギーの
質についての研究も重ねてきました。
 
 
これは、男性の性欲に関わることなのですが、
2種類の ち ん こ エネルギーがあることに気づいたのです。
 
 
1つ目は、出したいです。
2つ目は、入れたいです。
 
 
ち ん こ
出したいときと
入れたいときが
あるのです。
 
出すために入れる、なのか
入れたら出ちゃった、なのか
 
によって、ち ん こ エネルギーの質は変わってくることがわかりました。
 
 
 
女性のみなさん
女性は、自らエネルギーを生み出す力を持っています。
 
女性が、自ら生み出すエネルギーに
ちんこエネルギーを掛け合わせることで
創造性が生まれます。
 
例えば、お金
 
女性性エネルギーだけでも、お金は生み出せます。
ですが、ち ん こ エネルギーを掛け合わせることで、桁違いのお金を生み出す力になるのです。
 
これが、男性性と女性性の
統合です。
 
 
しかし、、
 
 
出したい
の、ち ん こ エネルギーには
創造性がありません。
 
 
これは、例え相手が
大好きなパートナーだったとしても
ベストオブ ち ん こ だったとしても
 
男性の、出したいのエネルギーを受け入れてしまうと、
女性の持つ、自ら生み出す力さえもかき消してしまうのです。
 
 
さげ ち ん こ は、
スルーしましょう。
 
 
出したいがために
食事を奢る男性の ち ん こ エネルギーや
 
出したいがために
プレゼントをしてくる男性のち ん こ エネルギーなどは、論外です。
 
女性は、出したいの ち ん こ エネルギーを
エネルギー源にしてはいけないのです。
 
 
出したいの ち ん こ エネルギー
それは、さげ ち ん こ です。
 
 
さげ ち ん こ エネルギーは
女性の身体を傷つけ
女性の生み出す力を下げ
運気も下げることになります。
 
ですから、、
 
女性のみなさんは、ち ん こ エネルギーを
見分ける力を持つ必要があります。
  
 
入れたい→あげち ん こ 
出したい→さげち ん こ 
 
 
女性は、自らエネルギーを生み出す力を持っています。
ですから、ち ん こ エネルギーをエネルギー源にする必要がないのです。
 
ち ん こ エネルギーを取り入れるならば
自らの創造性を桁違いにあげる
あげち ん こ エネルギーを取り入れましょう。
 
あげち ん こ エネルギーとは
入れたいのち ん こ エネルギーです。
 
 
 
 
 
わたしは、セ ッ ク ス を拒まれることは
ツライことだと思っていました。
 
だから、わたしはち ん こ を拒まない
女でいるのだ!!
と、やる気マンマンだったのですが
 
例え、相手がベストオブ ち ん こ だとしても
 
さげ ち ん こ エネルギーが出ているときは
セ ッ ク ス を拒んでも
いいのだと思いました。
 
 
わたしは単に、過去に、自分が セ ッ ク ス を拒まれたという傷が癒されていなかったがために、どんなち ん こ も受け入れようとしていたのでした。
 
そして、、
 
わたしにとって、セ ッ ク ス を拒まれたことが、セ ッ ク ス レス の入り口でもあったので、その傷も癒されきってはいなかったのでしょう。
 
 
山羊座満月間近
なぜか、その傷が
スッと、癒された瞬間を感じたのです。
 
 
どんなに大好きでも
受け入れられないことがあっていいんだよ
 
 
それを教えてくれたのは
やはり、わたしのベストオブ ち ん こ でした。
 
セ ッ ク ス を拒む = セ ッ ク ス レス
ではないのです。
 
ち ん こ から、出したいのエネルギー、つまり、さげち ん こ エネルギーを向けられた時は、セ ッ ク ス を拒む。
 
入れたいのエネルギー、あげ ち ん こ エネルギーだけ、受け入れる。
 
 
それが、女性が自分で自分を大切にすることですし、
 
男性の、無駄なエネルギー放出を阻止することになります。
 
 
出したいのエネルギーは
決して悪ではありません。
 
男性は、この出したいのエネルギーを
どうコントロールするかが、ち ん こ 力の見せ所になります。
 
 
出したいのエネルギーを
射精ではなく
仕事や社会で活かすのです。
 
 
過去のわたくしは、ち ん こ エネルギーをエネルギー源にしていました。
 
それは、ち ん こ 依存を引き起こし
女性の自立を妨げます。
 
女性の自立とは、
経済的な自立を取り上げられがちですが
精神的な自立を指しています。
 
精神的な自立ができていない女性は
ち ん こ 依存を引き起こしている可能性があります。
 
 
最もツライ状況は
セ ッ ク ス レス × ち ん こ 依存
を掛け合わせた状態です。
 
夫とは、セ ッ ク ス レス だけど
経済的には夫に依存している状態です。
 
 
女性のみなさん、何度もいいますが、女性は、自らエネルギーを生み出す力を持っています。
 
ですから、エネルギーをエネルギー源にする必要がないのです。
 
ち ん こ エネルギーを取り入れるならば
自らの創造性を桁違いにあげる
あげちんこエネルギーを取り入れましょう。
 
ち ん こ エネルギーは、掛け合わせるためにあります。
 
ですが、、
 
もしも、女性の自らの生み出す力
女性の創造性が
ゼロならば
 
どんな ち ん こ を掛け合わせても
ゼロにしかなりません。
 
 
#ちんこのあるくらし
 
 
星と身体のメルマガはじめました
 
 
 
 
 
LINE@で募集中!!
LINE@へご登録くださいませ♡