JB生野銀山湖戦 | スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド
新型コロナウイルスに関する情報について

スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド

琵琶湖バスフィッシングガイド 三村和弘
広大な琵琶湖で・・・俺のバスを狙う!

JB生野銀山湖戦再スタートです。

コロナで延期から、変更やらで日程変更があれこれで大変でした。

そんな中嫁さんおにぎり持って!

いつもの山道はやっぱりヒヤヒヤでした。

ゆっくり用意して。



たくさん竿つんでとりあえず湖見に行く。


まあまあな減水傾向でした。

日上がったつるバックウォーターでも雰囲気は満点。生野銀山湖は釣りするには気持ちええけど(笑)魚がさっぱり(笑)

そう、そう、今回、魚探のバッテリーを2個持って来たが、2個とも死んでる。

魚探無しの中スタートでした。

まあ、無くていける生野銀山湖ですが。

そして、試合当日。

前夜は宿で早めに飲み早々に寝る作戦で体調はバッチリ!

釣れるってエリアも浮かばず、入りたいエリアも無く中、10時頃には精神崩壊でした。

ポツポツと周りのトーナメンターが釣れたとか、アカンやら聞きながらフト。

たった1本でした。

でも、ホンマに訳分からん湖です。

成績は9位。

ノーフィッシュのトーナメンターもたくさんいます。しかし、釣るトーナメンターは必ず釣る。

余計に訳分からん。

今回、バスプロ選手権権利は8位まで!

さて、次回、11月予定の試合でどないなるかな?

試合かな?ジギングかな(笑)

とりあえず、今回の試合もホンマ、精神崩壊でした。