浚渫へ行こう! | スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド

スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド

琵琶湖バスフィッシングガイド 三村和弘
広大な琵琶湖で・・・俺のバスを狙う!


テーマ:
今も現在も琵琶湖は外来魚駆除をされている。
それと平行して藻狩りも行われいる。
今年から地引網まで実施するようになりました。
自分は昔からどちらか言うたらマンメイドやら、ウィードフラット、そしてアングラーさんが少ないエリアをわざわざ選んで釣るのが好きな人間。
しかし、去年からたまたま、ウィードが少ない年になるとバスの逃げ場は限られて来た。
皆さん、先を見越して、浚渫エリアを釣っていたと思いますがバカイチもそろそろ今のままでは限界が来ました。
船団へ入らないのはたまの週末に船団に入りイライラするのがイヤだから。
そしてもっとイヤなのが周りのアングラーさんに自分のボートが風で流されてそのアングラーさんの邪魔になりイライラされるのがイヤだから。
周りのアングラーさんの迷惑を考えると入れない。そう自分へ思います。
たまの週末に遊びに来てるんかイライラしに来てるんか訳が分からん状態がイヤだから。
だから、あんまり特に下物へは入らない。
いくら自分がピンで狙っていても風一つでボートは流れる、まして今なんてスイッチいれたらウルトレックスなんでずっとピンに止まっている。
風が出ると間違い無く自分のボートが悪い!
しかし、合わせて 最近は琵琶湖の水質?が変わった?ようで無茶無茶に水がクリアなタイミングがある。3mや4mでもボトム丸見えなタイミングがある。自分としてはガイド中でも何度もそんなタイミングがあったがもう限界(笑)
凄い、魚探もあり全て分かり、おまけに下物はもちろんの湖底の地図まで発売されているらしい。昔みたいに一生懸命に魚探掛けしてるんはもう化石級なアングラーさん?(笑)
ホンマにえらい時代な琵琶湖になりましたわ。
そんなこんなであれこれ考えながら迷惑掛けないようにボート浮かべようと思います。
そんなこんなで週末の土曜日、日曜日。
3月16日17日とバカイチガイド空きあります。
浚渫エリアやります。(笑)

スピナベ馬鹿一代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ