一本の物語のお手伝い | スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド

スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド

琵琶湖バスフィッシングガイド 三村和弘
広大な琵琶湖で・・・俺のバスを狙う!


テーマ:
皆さんも映画やドラマ見た事ある思います。
見てない方なんていてないしー。
そんな物語。いつもバカイチガイドではガイドが終わるとアメブロにてそのゲスト様の物語を綴る。釣りに行ったから釣行記ではなく物語。
そんな物語はホンマはバカイチガイドのご予約を決める前から始まっていると思います。
今なら、冬場のド定番のオーバーライド!
春が近づくとオスがジグハンツで連発する。その日のタイミングでメスがこれまた、連発!
ドライブスティックのジグヘッド。
時々、アフター時にキャロもやるしヤマトやヤマトjrもタイミングでビックリバス(笑)が出る。
一年間で考えたらドライブスティックの出番はホンマに多い。
あっ、忘れてたわ、ハイピッチャーは常にボートに積んでるし、ブレードジグも去年は楽しかった。
常連様ならバカイチの良く使うルアーも知ってるし、カラーも大体ご存知。
そう、バカイチガイドご予約の前には、大体のルアー、ライン、など釣具屋行って買い物してくれている。釣具屋いくとたいがい、イラン?(笑)ものまで買ってまうし、ワームやルアーは大体、カラー違いで3色ぐらいは買ってまう。レジに行けば一万円ぐらいにはすぐになる。
でも、それも楽しんでもらってます。日頃は一緒懸命仕事してある意味現実から逃避(笑)
バカイチガイドを予約して頂いてからタックルなど持ち物の連絡。もう、おそらくこの時点で頭の中はもう琵琶湖行ってボート乗ってる気分です。
ドンドン、ガイド日が近づいてきます。ワクワクし過ぎ寝れないなんてゲスト様は何人も聞いた事あります。ワクワクです。ホンマに楽しい時間です。いざ!当日はもうテンション上がりまくりでバカイチもゲスト様のテンションを下げるんで大変です。そう、今の琵琶湖の状況の説明です。
琵琶湖やし、世界の1番のバス琵琶湖なんて頭デッカくなっていて常連様ならともかく関東や九州よりお出でならホンマに大変です。
ボート浮かべてさあ、魚を追いかけます。
トータメンターなら試合の考え方や方法。
プライベートアングラーさんなら一つのルアーでやり切ったり走りまくりちゅう時もあります。
ライトリグを一日中やってみたり、
全て、理由があるからです。それは、実際にバカイチとボートに乗り物語を作って行く中でそしてボートを降りた時に理解出来ます。
魚や考え方や釣果などは各ゲスト様は良くご存知です。信頼関係がありバカイチの考え方についてきでくれます。そうなんですよね。
「ホンマに言うた通りに釣れますね」
こんな事があればまた、リピートされるゲスト様もいてくれます。
たった一回のバイトかも知れません。
バラす事もあります。
思ったサイズで無い時もあります。
でも、ゲスト様と同じ時間を魚追いかけて出した魚です。粗末な扱いはしません。笑顔いっぱいで写真もらいます。期待いっぱいで琵琶湖にお出でになってある意味、一緒懸命遊んでいるからです。
タイミング合えば帰りにラーメン食べたり、バカイチナイトに参加したり(笑)
帰り道の車の中、電車の中でニヤニヤしながらさわれへんかった時は泣きながら琵琶湖大橋を渡ったなんてゲスト様から聞いた事あります。
家に帰ってもまだ今日の事思い出しながらビール飲んで、それからの現実社会に帰ります。
でも、これで終わってないんですよね。
次はいつ琵琶湖行こ、来週また、行こかな?
来月やったら時間取れるかな?
仕事の都合とお金作らないあかんなー。嫁さんに工面してもらわないとなんて(笑)
そうこうしてたら物語が終わらない。
ホンマですわ。琵琶湖のバスフィッシングは終わりがありません。
全て一本の物語やと思います。
感動して、手が震えて、身体まで震えてるゲスト様を何度も見てきました。
ガイドってそんな痺れ魚を追いかけて物語のお手伝いやと思ってます。
どうやらこの週末は大寒気到来(笑) 

またガイド穴あきますな、これは。
バカイチガイドご予約はこちら!




スピナベ馬鹿一代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス