こんな時こそ俺の魚を探せ! | スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド

スピナベ馬鹿一代 三村和弘☆琵琶湖 バスフィッシング プロガイド

琵琶湖バスフィッシングガイド 三村和弘
広大な琵琶湖で・・・俺のバスを狙う!


テーマ:
まだ、琵琶湖、釣りにくい状況です。
釣れるアングラーさんもいてるけど誰もが良く釣れる琵琶湖ではない。

こんな状況の時ほど俺の魚を探せって事をもっと考えてもええと思う。
「俺の魚を探せってなんやねん。」ってアングラーさんは一回バカイチガイドへおいでください。
全ての考え方を根本から変えて見せますから。
実は先週のガイドでは顔出しNGのゲスト様やったんやけど腕前はピカイチ。
あんなこんなどんなそんな、バカイチのアドバイスも難なく出来てしまう。
朝イチはもちろんのアオコ満開。ほんで適当に風もあった。だから、これ。

OSPハイピッチャーから入り様子を見た。
腕前はピカイチやけどところどころにバカイチのアドバイスは入る。
魚が出たらリズムが出来てどんどんキャストも決まり、ええラインを通してこれる。
でも、このアオコの濁りが強すぎる感じがして
OSPハイピッチャーマックスへ。
サイズを上げて強くした。

そう、ここまではホンマに良かった。
タラレバやけどやりきれば良かったかも?
しかし、風が止まる。
今までならゲスト様引っ張りながらバカイチも我慢、我慢、我慢して出るまでやりきった。
最近では、強気の釣りが怖くなりしんどかった。
そう、釣果が付いてこないから。
だから

OSPドライブスティックノーシンカーへと安心を求めに行くが・・・。

と、話しがずれていくんで。

そう、釣りにくい琵琶湖はわかっていた。
だからやりきればもっと良かったんかな?なんて思う。
たまたま、僕はスピナーベイトが好きで巻くけど、これがビッグベイトでもジグ巻いてもええと思う。
ただいいたいのはそこに、そのルアーに基本的な事がいっぱい詰まっているルアーの方がバカイチ的にはええと思う。色々、考えて色々やって見るのがバスフィッシングだと思うから。
色々詰まったルアーが分からんなんてアングラーさんも一回、バカイチガイドにおいで下さい。
まずは基本主義なバカイチガイドです。

あっ、良くスピナーベイトのタックルを聞かれるんやけどもう、バカイチガイドにはロッドはこれしかない。
春先はグラス素材のブラックレーベルの661MRBーG。
ダイワワークスハシタク君が作った竿も使うけど、琵琶湖で一年間、ボートから降ろさないロッド。
スティーズマシンガンキャストタイプ3。
これしかない。はっきり言って硬い竿です。
ジグやテキサス、ドライブシャッド、など幅広く使えるロッドで今はこれ以上の竿は知らんぐらいええ竿です。
リールはスティーズ。これは腕前で決めて欲しい。
向かい風でもハイピッチャーがキャスト出来るならスティーズA。
バックラッシュするんやったらスティーズSVTW。
ただラインがダイワバスXナイロンの20か25を使うんでほんまはスティーズAがええんやけどね。

ギャ比は6.3ヒーリングスピードは身体に染み付いててマイスピードがあるけどゆっくりも出来るバカイチ。だから6.3。

これにOSPハイピッチャーもしくはハイピッチャーマックスになる。

やり切るかやらんか?はあなた次第です。
新しい、扉が開くか!それともドアを開けないか?
厳しい琵琶湖です。

俺の魚を探せ!







スピナベ馬鹿一代さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス