新潟に住んでおられる方は知っておられると思いますが、1996年8月4日、日本で最初の「住民投票」が執行され、それまで27年にも及んだ原子力発電所建設をめぐる是非を直接問いました。

結果は投票率88.29%、投票総数 20,503票、原発計画反対が12,478票(61.22%)、賛成が7,904票(38.78%)でした。そしてその後も、2003年12月に東北電力が「計画断念」の声明を出して、30年以上に渡る長い議論に終止符が打たれました。

新潟県西蒲原郡巻町、人口は約3万人(1996年当時)。平成の大合併により2005年10月10日に新潟市に編入合併し、現在は新潟市西蒲区となっています。



この巻町(まきまち)に原発計画が持ち上がったのが1969年6月。町民達は地元の新聞である「新潟日報」のスクープでそれを知らされることになったそうです。

予定地は角田山の南西に位置する小さな集落の角海浜。


用地の取得に難航した巻原発の計画は、原発推進派の住民、反対派の住民、それぞれの思いが平行線のまま、10年20年と時を経て数多くの住民団体が結成されたそうです。

原発反対派は、巻原発をつくらせない会、巻に原発はいらない・声の会、巻原発反対共有地主会、若い母親世代が中心で立ち上げた青い海と緑を守る会etc.と。
一方の推進派の団体は、“どんなに海が青くても、どんなに緑が多くとも、本当にそれだけで生きて行けると思いますか?”とビラを配る。

“巻の普通の住民達”は一方的な推進・反対の意見を主張するだけでなく、原発にまつわるさまざまな勉強を重ねてきたそうです。

転機が訪れたのは、1994年10月。自営業者らが中心となって推進でも反対でもない「巻原発・住民投票を実行する会」(以下、実行する会)を結成したそうです。その3ヵ月後の1995年1月17日に阪神・淡路大震災が起こったそうです。 高速道路が崩れ落ちた姿に、日本中の誰もが予想外の天災が起こりえることを認識したそうです。

実行する会がこれまでの活動団体と違ったのは、あくまでも「中立」を貫くということ。自営業者のカンパで運営したこの活動では、プレハブ事務所を建設し、常駐職員を置き、マスコミ発表を行い、町民説明会を開催したそうです。


巻町民にとって将来、決定的に重大な事柄であります。このような重大な事柄に関しては、民主主義の原点に立ち返り、主権者である住民の意思を確認すべく、住民投票を行う必要があります。」として町に住民投票の実施を求め、町が実施しない場合は町民自主管理の住民投票を行うことを宣言したそうです。

1995年2月には「実行する会」の自主管理による住民投票の実施、投票率は有権者の45.4%。反対が9854票で、原発賛成の474票を大きく上回る。

しかし、町議会はあくまでも住民の意識調査として、この結果を受け止めなかったそうです。
同年4月の町議選で「住民投票条例制定」を公約した12人(過半数)が当選、同年12月にリコール署名1231人を集め原発推進派の町長を辞職に追い込む。


そして「実行する会」のメンバーから新町長が当選し、冒頭の1996年8月4日の住民投票に到る。

住民投票実施の直後には、「民主主義の学校」と言われマスコミや学者が注目し取材に来た。町有地の売却訴訟に、選挙、リコール、直接請求など、主権者としてやれることは全部やった上で得られた「自分達で選んだ町の将来」。そして、巻町は普通の町に戻った。

住民投票から15年。「自分達で選んだ町の将来」が再び注目されています。


この旧・巻町の住民投票が映画になっています。

映画「渡されたバトン ~さよなら原発~」
http://www.cinema-indies.co.jp/aozora3/index.php

(上記ウェブサイトからご紹介)

全国で初めて住民投票で「原発建設NO!」を選択した新潟県巻町(現新潟市) が舞台です。投票率88.3%。推進派も反対派もみんなで投票した住民投票が なぜ実現できたのか。



実はこの新潟の巻原発建設の議論の最中に大学生だった私は、賛成派、電力会社、反対派からの話を聞き、大学のレポートとしてまとめたので、このいきさつをよく覚えています。


とにかく熱かった!!!のを覚えています。