「冬ソナ」は大虚構、虐待・離婚大国の韓国

テーマ:

「冬ソナ」は大虚構、虐待・離婚大国の韓国

冬ソナのイメージとは、かけ離れた韓国の虐待、離婚大国の実態が暴かれようとしているーー。(筆者撮影、韓国仁川国際空港)

 

韓国の警察は、文在寅(ムン・ジェイン)新政権のもと、国内に大きな衝撃を与えたある“今夏の事件”を発端に、再発防止の「100日間の撲滅キャンペーン」を張って10月末まで、厳重な警戒、取り締まり体制を敷いている最中だ。

 

深刻な事件というのは、「北の核」以外で、韓国で長年、置き去りにされてきた国内問題である。

今夏、7月の猛暑のある日、首都・ソウル中心街で、白昼堂々、韓国人男性が元交際相手の女性を殴る蹴るなどの暴行を働いた挙句、トラックで街中を追いかけ回し、なぎ倒す様子が動画で韓国全土に“実況中継”された。

 

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

炙り出される虐待大国の実態

国民に大きなショックを与えた同事件をきっかけに、これまで国や警察の対応が生ぬるく批判されてきた韓国での女性への虐待や暴力、ひいてはDV(家庭内暴力)による離婚急増など、虐待・離婚大国、韓国の実態が炙り出されている。

 

「韓国人男性の8割が恋人を虐待」――。

これまで効果的な対処がなされなかったこの重大な社会問題に、新政権がどう対処するか、文政権の手腕も試されている。

 

今回の事件をきっかけに、こんなショッキングなデータを事件後の8月中旬、韓国刑事政策研究学院がまとめた。7月の事件は、氷山の一角であることが明らかになったというわけだ。

 

ちなみに、韓国国家警察によると、交際相手や配偶者の男性が女性に肉体的暴力を働いた犯罪人数は、2015年で8367人にも上り(犯罪件数は同年約31万件)、前年比で約9%増加。過去5年間では、233人の女性が殺されたという。

 

今回、同研究学院がまとめた統計は、2000人の韓国人男性への聞き取り調査を元にしており、その中で、約80%に相当する約1600人が、「交際中の女性を肉体的、あるいは心理的に虐待したことがある」と回答。

 

具体的には、「性的嫌がらせ」(約40%)、「心理的虐待」(約37%)、「肉体的暴力」(約23%)、「性的虐待・暴力」(約18%)を継続的に行っていたことが明らかになった。

 

性的暴力を振るった男性の4人に1人は、交際相手の同意を得ずに、性器やお尻、胸を触ったことがあるという。そして性的、心理的虐待を認めた全体の4人に1人が、交際女性に対する見せしめで、地面を激しく蹴ったり、ドアを乱暴に閉めるなどの行為を働いていた。

 

このほか、約100人が女性に打撲傷を負わせたり、失神、あるいは骨折させるまでの肉体的暴力を行っていたなど、恐ろしい実態も明らかになってきた。

 

韓国では、これらの女性への暴力や虐待への警察や国の対応が長年、批判されてきたが、現行法ではストーキングに対する罰則も「約1万円」ポッキリと非常に軽い罰金で片づけられてきた。

 

今回の調査でも、交際相手の女性への暴力、虐待を認めた韓国人男性のうち約7割が、家族や友人との関係や交際を規制することで、女性の行動を支配してきた問題行動も明るみに出た。

儒教や家父長制が原因と言うが・・・

 

その男性の支配的行動の中には、交際女性が誰と電話したり、一緒にいるかを執拗に確認したり、女性がその男性からの電話を取るまで一方的に電話し続けたり、女性の服装を指定したりしてきたことが含まれていた。

 

調査を行ってきた韓国の専門家は、「これらの暴力行為は、韓国にいまだ根強く残っている儒教や家父長制が原因。そのため、虐待する男性は、その行為が交際女性への虐待であると認識していない」と分析している。

 

しかし、韓国社会がグローバル化する中で、過去の習慣や制度に責任を転嫁すること事態、問題の根幹は根深い。

 

一方、韓国は軍事政権時代以降、民主化を進め経済が発展するとともに、儒教の教えを守った一昔前とは違い、離婚への抵抗が少なくなってきている。

 

その結果、女性への虐待や暴力などが原因の離婚が増加し続け、離婚率はOECD(経済協力開発機構)の中でもトップクラスを“維持”。

 

国際的に離婚率は、人口1000人当たりで離婚成立した合計数を使って算出するが、日本の厚生労働省の「平成27年(2015)人口動態統計の年間推計」では、日本の2014年の離婚率は1000人当たり「1.77件」。

 

韓国は同年、「2.3件」(韓国統計庁)で、日本を大幅に上回っている。

儒教が根強い韓国では、 10年ぐらい前までは、DVなど家庭内の問題があっても、離婚はタブーとされ、その数もそれほど多くはなかった。

 

しかし、ここ10年ほどで離婚率は250%(韓国統計庁)にまで急増。ここ数年は、全体で横ばい状態だが、それでも欧州諸国を超えている。

 

インターネットの普及が著しい韓国の家庭内では、これまでの儒教による伝統的な価値観や文化が薄れる一方で、欧米的な価値観である個人の考え方を重視する傾向が強くなってきている。

 

女性の社会進出で劇的変化

特に、1997年の経済危機を境に、女性の社会進出に伴い、男性の社会的、とりわけ家庭内での地位が低下しつつある。韓国でも「家庭内の民主化」が進みつつあることを示している。

 

筆者の知人で高麗大学のある教授はこういった状況を「離婚率急増は女性への虐待や暴力に対する女性の拒否反応というだけでなく、女性が経済力をつけてきた要因でもある」と分析。

筆者の米国時代のかつての同僚(韓国人)も、最近、6年間の結婚生活を経て、離婚したアラフォーだ。

 

「私の学生時代から比べると、国内的には伝統的な虐待に対する女性の権利主張や経済的要因、対外的にはネットの影響による儒教の教えと現代の価値観のミスマッチで、韓国社会の離婚に対する考え方に変化が表れている」と言う。

 

さらに「昔は、離婚するなんて・・・って言われたけど、今では、うまくいかないなら、いいんじゃない? になってきている」と韓国社会の変化を指摘する。

 

中でも、熟年夫婦の劇的変化が目立っている。韓国で急増しているのは、「熟年離婚」だからだ。

「司法年鑑2015」(韓国法院行政処)によると、結婚生活20年以上のいわゆる熟年夫婦の離婚件数は3万3140件(2014年統計)に達し、過去最高を記録。その割合は全体の離婚件数の約3割を占め、今までで、最も多かった。

 

さらに、結婚生活30年以上のベテラン夫婦の離婚件数も初めて1万件を突破。前年比で初の2桁増、10%増を記録。これは10年前の2倍以上の勢いで、年々増加傾向にある。

なぜ韓国の熟年夫婦は離婚を望むのだろうか。

 

制度的には、財産に加え、国民年金や公務員年金などの各種年金が、それぞれ半額受領できることになった経済的理由があるが、その引き金となっているのは、冒頭で紹介した事件が示しているような韓国人女性への虐待や暴力がある。

「冬ソナ」のイメージとは正反対

しかし、日本を含めアジアでは、「“冬ソナ時代”のような勢いはなくなったものの韓国の韓流スターは依然人気を保っている。男性ながら、女性のような柔らかさも併せ持ち、女性をやさしく包み、大切にしてくれるような雰囲気がその容姿から醸し出されているからだ」(韓国の歴史文化専門家)という。

韓国人男性の本性はそのイメージとは正反対のようだ。

 

韓国社会の民主化が進む中、最も遅れているのが”マザコン”とも揶揄される夫の母親(姑)を含めた「男女関係」が複雑に織り成す「家庭内民主化」。

離婚が駆け込み急増するのが、夫の両親らと過ごす中秋節(旧暦の8月15日。今年は10月4日)や旧正月の後。妻にとっては、一家団欒も、残念ながら、「辛く苦しいひと時」でしかない、ということのようだ。

 

あるシンクタンクの調査では、日本人女性と韓国人男性のカップルは、国際結婚件数の1位(2014年)だという。

 

“冬ソナ”の純愛ドラマが虚構に過ぎなかった、というソウルでの今夏のリアルなドラマは、日本人にとっての「不都合な真実」にならないことを心から祈るばかりだ――。

駅で突然知らないおばさんに髪を掴まれ殴られた⇒ その理由に唖然…

画像出典:写真AC

 

最近は街や駅を歩いてると、何が起きるかわからない物騒な世の中になりつつある。

注意をしていても、不意に事件に巻き込まれる可能性もある。

Twitterユーザーのカナさん@cm2n_kanaは心を痛める出来事に遭遇した。

 

なんと駅で突然、知らないおばさんに髪を掴まれ、鞄で頬を殴られたそうだ。

 

駅員さんが間に入り、おばさんの話を聞いたところ・・・。

 
駅でいきなり知らないおばさんに髪を掴まれ鞄で頬を殴られた。
駅員さんが間に入り彼女に話を聞いたら「どの電車に乗ればいいか尋ねたのにこの女が無視した」と。騒音のする駅で難聴気味の私の耳は機能するはずもなく、だけど私のそんな事情を彼女は知る由もなく。
殴られた頬と心が痛む最悪の月曜日。』
 
 

おばさんは、「どの電車に乗ればいいか尋ねたのに無視された」という言い分だったようだ。

 

しかしカナさんは無視したつもりはなく、寧ろ聞こえなかったのだ。

おばさんは彼女の“難聴気味”という事情は知る由もなく、無視された事に腹を立てたようだ。

 

目には見えない事情を抱えてる人も少なくないだろう。

無視されたからって殴っていい理由にはならないし、自分の“当たり前”の感覚を見ず知らずの人に押し付けるのは如何なものか。

 

40代のミニスカートをどう感じますか

テーマ:

                                  

40代のミニスカートをどう感じますか

 

私は今40代半ばですが、日々努力して気持ちも体も「オバサン化」
しないよう頑張っているところです。

身長157cm、体重44kgと小柄なせいでミセス向け衣類の
サイズが合わないということもあり、服も若者向けの店で買うこと
が多いのですが、最近、自分の年齢を顧みるとさすがに買おうか
どうしようかと迷ってしまうのがミニスカート(といっても女子高生の
制服ほど短くはありません)です。

私自身は同年代で素敵にミニを着こなしている方もいると思うのです
が、世間一般の方々(特に男性)はどう思われますか?

1. 見苦しい、みっともないなどと感じる否定派
2. 別にいい、全然OKなどと思う肯定派
3. その他(例:人による、服のデザインにもよる、など)

やはり人目も気になりますので参考にしたいのです。
たくさんの方のご回答をぜひよろしくお願いいたします。

同じ40代半ばです。


私も「オバサン化」だけはしたくない!と常々思っています。
私は、大柄なので(身長165cm、体重52kg)可愛い服装とは無縁です。
ずっと、娘たちと同じような服装をしてきましたが、40の声を聞く頃から、鏡に映る自分の姿にギャップを感じるようになりました。


ある時、友人が・・・「無理して若い子の服装で若作りするのは無理があるよ、やっぱり年齢にあった服装ってあるよね~。」と言いました。

そこには、私から見てもかなり無理な若作りに映る女性がいました。


私も人からそう思われてるのかも・・・と思ったら、今まで着てた服が着られなくなりました。


友人とも、「老け込む必要はないけれども、大人の魅力ある女性を目指そう!」と話しました。
旦那には、「あまりな格好をしているとバカだと思われる。」とも言われました。

結論ですが・・・「3」ですね。
若い子の服でも、私たちが着ても全然おかしくないデザインのものもあるし、松田聖子のような人ならミニでも全然OK!ですよ。

自分で、無理があるな・・・と感じるようになったら、他人の目が訝しげになったら、考えたらどうでしょう?
お互い、いつまでも若く美しく!?・・・頑張りましょう(^_^)v

基本的には1の見苦しい、みっともないなどと感じる否定派です。


40代後半となると、やっぱり足を出すのはどうかと・・・。
いくら脚が細くても、年齢考えた方がいいんじゃない?って思ってしまいます。


年齢に見合った素敵な格好には好感を持てますが、「若作り」はみっともないと思います。

でも、質問者様はそういうわけではないのですね^^
結局のところ、私としては膝丈くらいがギリギリかなと思います。

洪水が発生した地域で置き去りにされた飼い犬たちの画像から飼い主への批判殺到!

 

大洪水

今回ご紹介するのは、洪水が起こった地域の動物達についてのお話です。

まずはこちらの写真をご覧ください。

この写真が撮影された場所は、テキサス州のヒューストンです。

大洪水の影響により、今もなお大ダメージを受けています。

この犬はどうやら飼い主さんに置き去りにされたらしく、

よく見てみれば首輪からリードが伸びていて側にある電柱へくくりつけられているのが分かります。

この写真が撮影された後、犬はシャッターを押した男性によって助け出されました。

洪水の中で恐怖を感じているのは人間だけではなく、動物も同じです。

同じく置き去りにされた、他の犬たちの様子が気になる

 

置き去りにされた飼い犬

深刻な被害を受けている状態のヒューストンでここ数日間、路上で数多くの犬が発見されました。

しかし、見つかったほとんどの犬がリードを木やガードレールに括り付けられ放置されており、

動く事さえままならない状態だったそうです。

大洪水という災害が起きて、緊急事態であったという事は分かります。

しかし家族の一員であるはずの犬だけ放っておき、

自分たちだけ逃げるという行為は決して許されてよいものではありません。

ましてや、リードで犬が自ら動けないようにしておくなど論外です。

これらの写真はネット上でも話題となり、飼い主さんに対する怒りの声が続々とコメントされています。

ネットの反応

ネット上に寄せられたコメントの一部を、抜粋してご紹介いたします。

・「子供の安全を最優先に考えたのかもしれない」という意見を見かけた。

・犬も子供も家族として平等に愛せないならそんな人に犬を飼う資格はない。

・心が痛くなった。

・犬だって家族じゃないか。

・忘れちゃいけないのが、置き去りにされた犬を助けた人々もいるという事。

家族を危険地帯に置き去りにしたという行為に対し、

「ありえない!」と強く非難する人が多く見受けられました。

置き去りにされた犬たちが、1匹でも多く救助されている事を願っています。

 

                          

        認知症、がん予防になる

       「免疫栄養ケトン食」レシピ

「ケトン体というのは、体内の糖質が少なくなったときに出てくる“緊急用”のエネルギー源。体が“飢餓状態”に陥ると産生されるように遺伝子に組み込まれていて、栄養不足の時代も人類は、このケトン体で生き延びてきたのです。現代でも、たとえば、夕飯を抜いた翌朝、グゥ〜とおなかが鳴ったときに出ている場合もあります」

 

そう説明してくれたのは、がん専門医である古川健司医師の監修のもと、『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(光文社)を出版した、管理栄養士の麻生れいみさん。この食事療法のカギとなるのが“ケトン体”だという。

 

「がん患者に『免疫栄養ケトン食』を3カ月以上実施したところ、がん細胞が小さくなったり、消滅するなどして、その83%に効果があったことが臨床研究でわかりました。治療だけでなく、再発を含めたがんの予防や、認知症予防などにも効果的です」

 

これまで、人間の体を動かすエネルギー源になるものは、糖質だけだと考えられてきた。ところがケトン体もその役割を担うという最新の研究結果を受け、この食事療法が編み出されたのだ。

 

「ケトン体は脂肪を燃やすことで作られますが、その脂肪燃焼を邪魔するのが糖質。さらに糖質はがん細胞の栄養になることもわかっています。糖質の摂取を制限し、ケトン体を出す体質になることで、エネルギー源はケトン体で確保しながら、がん細胞に栄養を与えずに弱らせて、がんを小さくしたり、死滅させられる可能性があるのです」

 

糖質は、炭水化物のごはんや麺、パン、そして砂糖や果物などに多く含まれている栄養素。「免疫栄養ケトン食」は、まず糖質を含む食べ物を控えることから始める。麻生さんの著書『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』にはじつに60ものレシピが紹介されている。そんな、がん細胞の栄養源となる糖質の摂取を制限でき、代わりのエネルギー源となるケトン体の産生を促し、かつ栄養たっぷりで免疫力をアップするレシピの中から、えりすぐりの2品を麻生さんが紹介してくれた。

 

■アボカド入りゴーヤーチャンプルー

 

【材料】2人分

 

ゴーヤー…1/2本

アボカド…1/2個

木綿豆腐…1/2丁(150g)

豚もも薄切り肉…120g

卵…1個

かつお節…少々

減塩しょうゆ…小さじ1

塩・粗びき黒こしょう…各適量

ココナツオイル(無香)…大さじ2

MCTオイル…小さじ2(1人分)

 

【作り方】

 

1. ゴーヤーは縦半分に切り、わたと種を取り除き、薄切りに。軽く塩を振ってもみ、5分ほどおいたら水洗いして、水気をきる。アボカドは半分に切って種を取り、食べやすい大きさに切る。

 

2. 豆腐はペーパータオルに包んで重しをし、15分ほどおいて水きりをしてから、食べやすい大きさに切る。卵は割りほぐす。豚肉は3cm幅に切り、塩・黒こしょう各少々を振る。

 

3. フライパンにココナツオイルを入れて熱し、豚肉を加えて炒め、肉の色が変わったらゴーヤー、豆腐を順に加えて炒め合わせる。塩・黒こしょう各少々を振り、ふたをして弱火で2分ほど蒸し焼きに。

 

4. ふたを取り、溶き卵、減塩しょうゆを回しかけ、ひと混ぜする。最後にアボカドを加えて炒め合わせ、器に盛り、かつお節を。食べる直前にMCTオイルをかける。

 

「ビタミン、ミネラル、脂質を多く含むアボカドは、果物なのに糖質が100g中1g以下の優秀食材。毎日、半玉を食べてほしいくらい」(麻生さん)

 

image

 

■大根の葉のひき肉炒め

 

【材料】作りやすい分量

 

大根の葉…1本分(150g)

合いびき肉…200g

にんじん…20g

にんにく…1片

A〔減塩しょうゆ…小さじ2、自家製みりん(鍋に糖質0日本酒250gと、糖質0甘味料を好みの量50〜100gを入れ、弱火にかけて煮溶かす)…大さじ1、オイスターソース炒め…小さじ1〕

ココナツオイル(無香)…大さじ1

MCTオイル…大さじ2(1人分)

 

【作り方】

 

1. 大根の葉はよく洗ってみじん切りにし、茎と葉の部分を分けておく。にんじん、にんにくはみじん切りに。

 

2. フライパンにココナツオイルとにんにくを入れて熱し、香りが立ったらひき肉を加えて炒める。

 

3. 火が通ったら、大根の葉の茎の部分を加えて炒め、さらに葉の部分、にんじんも加えて、Aを入れて混ぜ合わせる。

 

4. 1人分ずつ分けて器に盛り、食べる直前にMCTオイルをかける。

 

「免疫力を高める効果や、がんを予防する成分が豊富な大根の葉を、捨てるなんてもったいない! 油と一緒に食べると吸収力が高まるので、熱に強い油で炒めて」