田舎の空家・空地の管理について思ったこと | 不動産投資家になれないど素人大家のひとり言

不動産投資家になれないど素人大家のひとり言

ワーキングウーマンとして20年オーバーの月日がたち、気が付つけば退職まであと10年。退職後の生活を考え、H25年に2棟4室のアパート購入。ここに至るまでとこれからを気ままに綴ります。


テーマ:

 今日、自治会回覧板で、1軒1枚として、NPO法人による「空家空地管理サポート」の案内通知が配布されていた。

所有の空家空地、そのままで大丈夫ですか?ということで、特定空家に指定されると強制的に管理指導もしくは罰則があ旨の記載もあった。実際にこの団体が提案する方法は以下の4点。①管理の受託②売却③賃貸④リフォーム④解体。参考までに、基本プラン 空家管理 月2,500円  空地管理 月500円  ということで、その他浄化槽清掃手配、草刈等は別料金となるようで、空家管理が増えれば、それなりの収入になるのかと思った。

 それより、脅威となるのが、賃貸とする空家の増加。実際、自分のアパートエリア、戸建賃貸物件も増えている。使ってくれる人がいればいいという元々の所有者なら、家賃は低めに設定する可能性大なので、こういう空家が増えてくるのは、大家にとっては、脅威ですよね。

 また、例として、立派な自宅があるのに近くにわざわざ2間の賃貸物件を借りて住んでいる高齢者がいますが、理由は「片付けが大変だから」。自宅はというと、たまに別居しているお子さんが来て掃除をしていくとのこと。お金には困っているようでもなく、売却は考えてない様子。というか、田舎の人ほど、親からの財産を減らすことはいけないと言う考えが強いようで、そのため、相続税対策で大○○託などでアパートをたてる地主系の方が絶えない。うちのアパートエリアも最近、新築アパートができたが、4ヶ月経って入居率は3割。

 あと、自分の居住地は農業振興地域にあり周囲の田畑を見て感じるが、農業従事者も高齢化していて、農地管理も大変そう。農地の貸し借りは、千葉県では農地中間管理機構が間に入って市町村を通して行っている。実際、農地を借りて、「マツコの知らない世界」でも紹介されたが、くろいちごを栽培してパン工房などもつくっているのは東京の方のよう。

 これから増える空家、空地。どう活用していけばよいか、また賃貸としてはどうなのか、要チェックですね。

 

 

 


励みになりますので応援お願いしますダウン
不動産投資 ブログランキングへ

 

 

mimikomikan2さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。