ここにきて会議やら研修会と本業が忙しく、また、2週連続の台風時には、夜間待機で仕事に出ていたので、今日ようやく久しぶりにアパートの見回りに行ってきた。アパート本体をぐるっと見渡したが特に破損はなかった。ただ、隣接地に植えてあるミカンの木が倒れかかっていたので、アパート敷地にあった棒を添え木にして立て直した。若干、傾いているので、主人に後で見てもらうことにする。

 空室をチェックしてみる。部屋の玄関をあけて正面が壁、その脇にドアがあり部屋に入るのだが、そのドアが開きっぱなしであった。また、キッチンの扉も一部空きっぱなしであり、内見に来たにしてもきちんと閉めて帰ってほしいものである。きわめつけは、トイレが使った形跡があり、汚れが見えたので、流した。管理会社が何も言ってこないので、入居には至らなかったと思うが、こんな感じで内見する人には、入ってもらいたくないところなので、とりあえず、気になるところを清掃し直した。自分の所有物件は、周囲の環境はいいのだが、築古で、洋室にはクローゼットもなく、和室に押入れがあるだけなんていう間取りでは、新しい物件にはかなわないのかもしれないと弱気になっている。新築で駐車場もひろく、家賃もそんなに高くない物件も増えているので、なおさらのこと。これ以上、退去者が出ないことを願い、まあ、1室空室でも利回り10%超なので、よしとしよう。

 話がかわるが、座間の殺人事件は酷すぎる。ネットを見てみると、自殺願望者のブログ、自殺して残された家族のブログ、自殺未遂をした人のブログ等「自殺」をキーワードにしたものがたくさんある。「自殺」したいと書き込みをする人は、書き込みをすることがセーフティネットになっているのかもしれないが、どんな形であれ、「生きたい」方向に導く支援が必要であろう。なのに、この犯人は自殺願望につけこみ、罪悪感をもたないで次々と殺人を行った。卑劣である。たまたま、[自殺レポ]崖から飛び降りて自殺未遂。その末路をガチで書いてみるというブログを見た。この方、家族とは絶縁状態で恋人にフラれ、自殺を図ったが、未遂に終わり、「自殺は何もうまない、一旦踏みとどまってほしい」と言っている。今の時代、いろいろ生き辛いことも多いが、自分の状況を発信すれば、支援してくれる人がいて、社会につながり何とか生きていけると自分は強く感じている。

 

 

 

 

 


励みになりますので応援お願いしますダウン
不動産投資 ブログランキングへ

 

 

AD