真実のゴルフスイングは歪なクラブで変形されていく! | プロも知らない、大学研究機関も知らないスポーツ科学の真相
新型コロナウイルスに関する情報について

真実のゴルフスイングは歪なクラブで変形されていく!

真実のゴルフスイングは、三半規管がベースでは無く「軸確定」した回転運動によって成り立っている。
「軸確定」した回転運動だからこそ遠心力が発生してくれる。
三半規管で強烈なスイングしても遠心力は発生しない。

遠心力というものは現象上先端付近は「成り行き」になる。
この点がとても重要なのだが、シャフトスパイン異常したクラブは「成り行きに暴れる❗」ということになる。
「慣性の法則」の現象発生ということにもなるのでスイングしている本人を引っ張る現象発生も起こることになる。
自分で振っているのにある程度の重さを持ったクラブに誘導されてしまう面白い物理現象だ。
シャフトスパイン異常の歪なクラブだとその人間自身を変なフォームに変形させていることになるのだ。

石川遼プロのスイングがおかしい❗ということでスイング改造しなければならない悲劇を起こしてしまうのも全てが「シャフトスパイン異常」に他ならない。
何も分からない人間がショットが悪いからと言ってスイングを直す愚行はそろそろ止めなければならないだろう。
スイングでは無くクラブを直せばそれで「一件落着」なのだから😧