駐在妻 本帰国後の仕事について⑤ 〜本帰国3年目〜 | こんなわたしの日常~北アフリカ~

こんなわたしの日常~北アフリカ~

これまで某出版社でそこそこ働き、そこそこ自由を謳歌していた身が、彼の海外赴任により一転、入籍・専業主婦・アフリカ生活・・・・。
えーと、えーと、大丈夫かなぁ。 ま、でもいっか。楽しそうだし!
  …ってことで綴る(予定)、こんなわたしの日常。

どうも。

久々にペヤング食べたら、美味しかったけど罪悪感。

トリ子です。

 

本帰国からちゃんと(?)お仕事するまでの経緯、第4弾!

   前回の記事は、こちら

   このテーマの初めからは、こちら

 

 

■本帰国3年目■

1月~ 某金融機関にて正社員として勤務開始

 

とりあえず、本帰国から2年程度で、正社員にはなれました。

 

仕事内容はざっくり言うと、

外国の株や債券を売り買いするトレード指図を出したり

各国の証券決済関係のモニターやサポートをするような仕事をしています。

 

嬉しかったのは、

20代の頃とは全く違う業界・職種に行けた事。

 

正直、昔と同じように営業であれば、派遣社員時代を踏まずとも、

エリア総合職くらいの感じで行けそうなところはありました。

例えば私だと、元営業だったのと、FP持ってるという事で、

保険会社系の営業職とかは、声かけられる事が多かったです。

でもそれは興味なかったし。

 

まぁ、正社員になりました、と言っても、

それ自体は別にどうでもよくて、

やっとスタートラインについた、という話です。

30半ばにもなって。笑

 

結構転職者が多い会社ではあるものの、金融業界から来てる人ばかりだし、

基本的な知識とかマーケット感とか、全然私は分からないし、

入ったばかりの頃なんて、20代の子にペコペコだったし(笑)。

でも年齢も年齢で、第二新卒みたいな感じでは許されないし。

 

入ってからがまた色々ですが、

何といっても今まさに色々中の在籍中なので

書けません。笑

 

ただ、この会社に入って2年半くらい経ちますが、

今は年相応の立場や権限もつき、

手を挙げていけば何でもやらせてもらえる環境なので、

自分の成長機会にちょうどいい時間を過ごせています。

 

今でも色々な葛藤はありますが、

いつかまた次のステップに行った時に、振り返えられればいいかな、と思っています。

 

 

入ってからの仕事の具体的な話は、書けませんが、

入って気づいた事。思った事など。

 

 

●銀行の取るべき資格の多さ●

入ってビックリしました。

大人にもなって、そんな資格って大事?!って思いますが、

昇格要件に必要とあらば、やるだけ、取るだけです。

 

新卒から金融業界にいる人は、なんだかんだ元々資格系持ってますが、

全くの外から来た私は、年3~4個は資格取りにいってます。

(じゃないと追いつかない。汗)

 

資格取って何がすごいわけでもないけど、

本棚にズラっと並んだ、これまで取った資格のテキスト見てると

「私ってば、勉強してんじゃん!」

と、くだらない自己満足に浸ってしまう時がある事も否定できず、

この歳になって、資格マニアみたいでちょっとダサい。笑

 

 

●英語、超大事!●

部署的に海外とのやりとりがあるから、というのもあるんですが、

今更ながら、超大事。笑

全然勉強して来なかった私は、今一番苦労してます。

 

何かしなきゃ、成長しなきゃ、

と焦燥感に駆られてる駐妻のみなさんっ!

行ってる間に何か勉強するなら、まずは英語ですよっ!!

ドライバーと何となく話せる、とか、何となく通じる、とかではなくっ!!笑

 

 

●仕事の社外持出一切禁止のホワイトぶり●

うちの会社は一切の仕事・資料の持出は禁止されてます。

よって、休日や有給の日に、

資料作らなきゃとか、お客さんから電話かかってくるとか、一切ありません。

休み、となったら、完全に休み!!

休みなのに原稿の締め切りで携帯がバンバン鳴るとか、

赤ペンとゲラ持ち歩くとか、

もはや異次元の世界です。笑

 

 

 

仕事に就くまでの経緯はいったんここで終わりますが、

次回以降、

仕事就くまでに、これ大事だったなぁと感じた事とか、

駐在中どう過ごせばよかったと今感じるか、とか

書いていこうかな~、と思ってます。

 

それでは、また!