永瀬礼佳先生とテクニック対談セミナー | 21世紀のピアノレッスン
新型コロナウイルスに関する情報について

21世紀のピアノレッスン

音楽ライター/ピアノ教本研究家の山本美芽です。いま、ピアノ教育がめざすべき方向を最前線からお伝えします。リブログはご自由にどうぞ!

今年はテクニックをテーマに調べており、こちらのセミナーをお願いいたしました。

 永瀬礼佳×山本美芽 テクニック対談「テクニックの基礎とは何か?」

といっても話が広がりすぎないよう、スタッカートの種類とコルトの2つの種類からお話を進めました。

 



私があやか先生にインタビューしながら進める90分とズーム40分の質疑応答のオンラインセミナーです。




 「ピアノテクニックの本」のセミナーが大きな反響を呼んでいるあやか先生。ピアノテクニックの本の中では、スラー、スタッカート、腕、手首、指の使い方を分類し、導入から教えていく方法を展開されています。これらは昭和生まれの指導者世代も漠然とは習ってきているものですが、よりシステマティックに分類して整理することで、導入期からの定着をはかることができます。

 この対談では、ピアノテクニックの本「レパートリー集①」と、レッスンで取り入れているコルトーの使い方を山本が礼佳先生にインタビューする形式でお話を伺います。そこから今後、レッスンで定着すべきテクニックの基礎とは何か考えていきます。









●内容
レガートとスタッカートを基礎からどう教えるか
「指の独立」導入期からのコルトーの使い方
手の形についてどう考えるか
手首の回転の方向について
伝統的なテクニック教材をどう使うか

●テキスト
ピアノテクニックの本「レパートリー集①」
コルトーのピアノメトード

 
  
●5月20日 10時30分~12時30分に実施

録画受講できます。
●2500円

 

お申し込み、お問い合わせはこちらへ

お問い合わせ
https://mimeyama.jimdo.com/%E3%81%8A%E5%95%8F%E5%90%88%E3%81%9B-mail/

 

 

 【セミナーのご感想】

100名以上の方にご参加いただいております。

本当にありがとうございました。もう、色んなことが足りないことを実感いたしました。聞きたいことを美芽先生が絶妙なタイミングで聞いていただけたことも、嬉しかったです。
いつも貴重な講座を提供していただき、ありがとうございます!後から再度視聴できるのも、とても有り難いです。
子供の頃は「落とす・はねあげ」という言葉でレッスンを受けたことがなく、自分が教えるようになって使うようになった言葉でした。(私は、「落とす・取る」と言っていますが) メソードに何を使うか、どうやって進みを良くするか・・・ということに、つい目が行きがちなのですが、『何を習得させるか』を明確にすることが大切ですね。それには、生徒をよく観察することでもあり、与えている曲をよく分析することに繋がると思います。 メソードの項目はとても頼りになりますが、それだけに甘えず、与える併用曲とリンクしていけるような選曲ができるようにしたいと感じました。 また、ブルクの曲解説では、あやか先生と自分の教え方と違うタッチだった部分が、とても興味深く、生徒がうまく行かなかったところは、あやか先生の方法なら、もっとくっきり音が出たのではないか!と気づきました。本番が終わってしまったので、時既に遅しでしたが、1つの弾き方だけではなく、逆の弾き方も、生徒によっては合うのかもしれない。やはり引き出しの中身を充実させておくことが必要だと思いました。
いつもありがとうございます。 みめ先生の仕切りと鋭いきりこみや、 レジェメ資料などいつもご配慮いただき、 わかりやすく、素晴らしいです。
テクニックの本、2回目なので、わかりやすかったです。 現在、つかっているので、見直しになって、良かったです。 コルトー弾いてみます。
ピアノテクニックの本を深く見直すきっかけになりました。これでいいのかなぁ?とあやふやだった部分がクリアになりました。 中身の濃いセミナーをありがとうございました。反転していたのが気になりました。 又宜しくお願い致します。
皆が聞きたいことを的確に質問してくださったので、とてもわかりやすい対談式のセミナーでした。
いつも学びと気付きをありがとうございます。 あまりコメントしませんが、ほぼ読んでいます。 美芽先生はたくさんの悩めるピアノの先生の灯台のような存在だと思います。興味があることにズバズバ切り込んでいくのはなかなか爽快です^ ^ コロナが大変な時期ですが、いつも学ぶことは止めずに精進していきたいです。 これからもよろしくお願いします。
テクニックについて学ぶ機会を作って下さり、ありがとうございました。 スタッカートの、「落とす」と「はねあげ」のところで、美芽先生が弾き方の違いを確認してくださって(私が聞きたかったので)、何度も曲を変えて伺えたので、理解できました。 また、今まで知らなかったコルトーのテキストにも出会えて、とても勉強になりました。 ありがとうございました。
的確な進行とても分かりやすく且つ和みながら受講できました!ありがとうございました。
この度も、充実の内容のセミナーで、大変感謝しています。セミナー後、さっそくすこしずつレッスンに取り入れています。腕の重みを理解させるために、生徒に私の腕を持ち上げてもらうと、すごくわかりやすかったようで、この重みを使うんだ、と納得してくれ、それで弾いてみると音が変わって、生徒がすごい笑顔になりました。 自分はまだまだテクニック指導について足りていませんが、セミナーの内容を自分で消化して、レッスンに取り入れていきたいです。 ありがとうございました。
楽器店やピティナのセミナーと違うところは、やはり、個人主催だから言えるということをお聞きできることに魅力を感じます。本日もありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
ピアノランドの教材にある フィンガー ハンド アームタッチを知った時も衝撃でしたが、今日の2種類のスタッカート コルトーの指導法 早速今日のレッスンでスタッカート伝えました。レッスンを始めたばかりの生徒には最初からしっかり伝えていきます。 多くの学びをいつもありがとうございます♪