モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

 

ゆらぎ肌とトラブル肌とは、似たような症状もあり混同しがちですが、決定的な違いがあります。普段は何でもないのに、季節の変わり目やストレスなどで一時的に肌の調子が不安定になり、ベストな肌状態が失われるのがゆらぎ肌です。症状が不安定に行きつ戻りつして揺らぐことから、ゆらぎ肌といいます。一方、酒さ様皮膚炎やアトピー肌のように、季節に関係なく慢性的にアレルギー性の炎症が継続するのがトラブル肌です。その原因と対処法について考えてみましょう。

 

 

 

ゆらぎ肌の特徴は、季節の変わり目やストレスなどにより、ニキビや吹き出物ができたり、乾燥してヒリヒリしたり、いつもの化粧品が刺激で使えなくなるなど、一時的にバリア機能が低下することです。痒みやかさつき、肌荒れを感じることもあります。皮脂がべたつくのは、肌が乾燥を和らげようとして皮脂を過剰分泌するためで、ニキビや肌荒れの原因にもなります。

 

 

 

ゆらぎ肌の原因は、気候の急激な変化、エアコンによる空気の乾燥、ストレス、仕事などの過労や生活の乱れ、睡眠不足、紫外線や花粉などのアレルギー物質の付着、季節の変化による大きい寒暖差、生理の前後や更年期の女性ホルモンのバランスの乱れなどがあり、体が変化についていけなくなることです。肌のターンオーバーが乱れて血行が悪くなると、自律神経に乱れがおき、肌トラブルになりやすくなります。生理前や家事・育児に追われるなど、睡眠不足やストレスがたまってホルモンバランスが崩れると、ニキビや肌荒れを起こしやすく、ゆらぎ肌になります。

 

 

 

 

ゆらぎ肌の原因

 

 

 

 

対策の第一は、保湿をしっかり行い、ターンオーバーの乱れを正すことです。保湿はつねにスキンケアの基本です。保湿がしっかりできれば弱ったバリア機能をサポートします。ただし保湿剤は天然成分であることが前提です。合成界面活性剤が含まれたケミカル成分の保湿剤では、かえって肌を傷めてしまいます。化粧水やクリームはなるべくさらっとしたテクスチャーのものを選ぶのがよいでしょう。

 

 

ニキビや毛穴の詰まり、過剰な皮脂分泌が気になる場合は、洗顔をしっかり行う必要がありますが、この場合、強すぎる石けんやクレンジングは逆効果になります。刺激を極力取り除いた石けんをよく泡立て、その泡を押し付けるようにして毛穴の汚れを浮かせて、すぐぬるま湯で洗い流します。このときごしごし擦って刺激を与えないことが大事です。紫外線の予防はSPF値が25以下の低めの日焼け止めやパウダーを使い、花粉やPM2.5には目の細かいマスクを使用します。

 

 

 

 

 

睡眠不足やストレスは、自律神経やホルモンバランスや免疫機能の乱れを生じやすく、代謝が低下してゆらぎ肌になります。適度な運動と規則正しい睡眠時間を守り、なるべくリラックスした時間をもつように心がけましょう。腸内環境が悪化して便秘になると、悪玉菌が増えて腸内の腐敗がすすみ、老廃物の一部が皮ふから排出しようとして肌荒れの原因になります。腸内環境を改善する酵素を含む非加熱食を多くし、ヨーグルトなどから乳酸菌やビフィズス菌を摂取するようにします。とりわけ大事なことは、保湿ケアをしっかり行い、よく休息をとることです。

 

 

 

 

トラブル肌の三大疾患には、酒さ、酒さ様皮膚炎、アトピー肌があります。主な原因は、化粧品に含まれるケミカル成分の長期使用、食品添加物や残留農薬のある野菜の摂取などです。化学合成成分は分解できないので体内に蓄積し、さまざまな病気の原因にもなります。またこれらの物質が妊娠中のお母さんの体内に蓄積すると、汚染された羊水の中で発育する赤ちゃんが、アトピー体質で生まれてくることも考えられます。

 

 

 

特に最近増えている酒さ様皮膚炎は、それらの治療のために処方されるステロイドの長期使用が原因です。治療法が確立されていないために、炎症を抑える対処療法としてステロイドや抗生物質、免疫抑制剤などが投与されますが、それがかえって慢性化の原因になっています。バリア機能をこわすケミカル成分を含む化粧品や外用薬は使わないのがベターといえます。天然成分で作られたオーガニック化粧品で保湿ケアを行うことが重要です。対処法としてはゆらぎ肌にも共通します。くわしくは、ぷろろのブログ記事でもお伝えしていますのでご参照ください。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ