モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

 

石油原料から化粧品が作られるようになって歴史は浅く、まだ一世紀にもなっていません。このためケミカル化粧品を10年、20年と使ったとき、肌にどんな影響が現れるか、ほとんどわかっていないのが現状です。数カ月程度の安全性テストを経て、世の中にあふれ出ています。そんな中、昔は存在しなかったような「酒さ」が発症し、その治療に使われるステロイドで「酒さ様皮膚炎」という難治性の皮膚病に悩む人が急増しています。果たしてそこに因果関係はないのでしょうか。

 

 

酒さは医学的に原因不明とされていますが、多くの症例に照らせば化粧品に含まれるケミカル成分に原因があることはほぼ確実です。ケミカル化粧品を10年、20年と使ったとき、妊娠やストレスなどをきっかけに発症することが多く、いままで使えていた化粧品がすべて合わなくなってしまうのですが、天然成分100%のオーガニック化粧品であれば、うそのように刺激もなく使えるからです。

 

一方、酒さ様皮膚炎の原因は明確です。ステロイド剤の長期使用による副作用で発症することが明らかになっています。ステロイドは、主として、酒さやアトピーなどの治療に使われる軟膏です。現在までのところ、酒さや、酒さ様皮膚炎の効果的な治療法がないため、とりあえず炎症を抑える対処療法として処方されます。炎症さえ納まれば患者側の納得が得やすいこともあり、皮膚科ではごく普通に処方されています。

 

 

                   

                        ステロイド剤の強さには5段階ある

 

 

 

ステロイドは2週間以上使ってはいけないことになっており、やめると強いリバウンド症状に見舞われるため手放せなくなります。つい使いつづけて依存症になりやすいのです。改善がすすまないと、別の病院で診察をうけることになり、そこでまたステロイドが処方されて、長期使用になるといったケースが多くみられます。たまに何回か使っただけという場合であっても、自然界にない物質は体内に分解する酵素がないため、期間はリセットされません。使用した期間の累積日数がその後の治癒に影響します。ステロイドは長く使っただけ治癒に時間がかかり、脱ステしようとするとリバウンド症状も強く、期間も長くかかるのです。

 

 

 

ステロイド剤の問題の一つは、しだいに効かなくなることです。これを効果減弱といいます。強さが5段階あって、効かなくなるとより強い薬を使わざるを得なくなります。ステロイドは単に症状を抑え込む対処療法であって、根本から治すわけではないので、一進一退しながら悪化していきます。ステロイドは体内にあるホルモンの一種なので、体内に入ると本来のホルモンバランスや働きを狂わせたり、体調不良をひき起こすことがあります。炎症は皮ふのバリア機能がアレルギー物質を撃退しようとする免疫反応であり、放出されるヒスタミンが神経を刺激して炎症を起こすため、ステロイドを使って免疫反応を抑制するわけです。すると体の免疫力が低下して、風邪をひきやすくなったり、体調を崩しやすくなるといった問題もあります。なので使用はあくまで限定的であるべきなのです。

 

 

 

酒さ様皮膚炎を発症した肌はカラカラで乾燥が辛いのに、皮膚科では保湿をしないように指導されることが多いようです。本来は保湿が必要なのに、保湿ができないという矛盾しつき当たります。これは市販の保湿剤にケミカル成分が含まれていて、使うと悪化するからでしょう。中にはドクターズコスメやプロペトが処方されることもありますが、これもケミカル成分なので、プロペト以外は肌が刺激されて悪化します。乾燥と痒みは、当事者にとってとても辛いものです。そこで敏感肌用とか、赤ら顔専用が謳われている化粧品をみつけて使ってみたりするのですが、じつはそこにも炎症を抑えようとするケミカル成分が配合されていて、一時的によくなったように思ってもすぐに合わなくなり、悪化させてしまいます。ここで唯一の救いは、天然成分100%でつくられたオーガニック化粧品を使うことです。

 

 

 

酒さや酒さ様皮膚炎の改善をめざすのに大切なことは、ケミカル成分を含むものは一切使わないこと、天然成分だけで作られた化粧品でしっかり保湿をすること、この二つです。酒さの原因は、ほぼ間違いなくケミカル成分を長期使用したことによるものです。ほとんどの場合、たとえ炎症があっても天然成分100% の化粧品であれば、刺激なく保湿が可能になるからです。ただ根治には一定の時間がかかります。そこでもっと早く治せる方法はないかと、ケミカル成分を含む化粧品を使ってしまうとたちまち悪化します。そもそも発症の原因がケミカル成分なので、肌はケミカル成分をとても嫌がっています。それが炎症です。肌が嫌がることはしないこと、それが大事なのです。

 

 

 

 

                      天然成分100%のオーガニックコスメ    

 

 

 

乾燥を和らげるには角層に水分を与える保湿です。水分さえ補給できれば、乾燥が和らぎ、肌に一定のバリア機能が働くようになります。酒さ様皮膚炎におけるスキンケアの基本は、肌に付着した目に見えないアレルギー物質を洗い落とすこと、すぐ水分を補給すること、その水分が蒸発しないようにクリームでふたをすることです。天然成分でこのケアをつづけていけば、肌はターンオーバー(新陳代謝)を繰り返しながら、自然治癒力によってバリア機能が戻り、徐々に改善していきます。自然治癒力とは、ケガをしたとき包帯をしておけば自然に治っていく力のことで、生まれながらにして備わっている人体の修復力です。酒さ様皮膚炎を改善し、根治させる有効な方法は、現在のところ、残念ながらこれ以外にないのです。

 

 

 

酒さ様皮膚炎は医学的に治療法のない難病とされています。克服するにはそれなりの覚悟をもって臨む必要があります。ちょっと思わしくないからと、あれこれ迷ってしまうと、また振り出しに戻って、それまでの努力が無駄になってしまいます。もっと早く治せる方法がないかとあせる気持ちはわかりますが、結局うまくいかないはずです。その結果、時間の遠回りをしただけになってしまうのです。継続は力なりという言葉があるように、バリア機能をとり戻すという方向性をしっかり見すえて、ケミカル成分の排除に徹し、どのメーカーであろうと天然成分に固執して、信念をもって取り組むことが根治への近道なのです。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ