モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

人の肌には常在菌が棲んでいると聞くと、気持ちわる~いって感じる人が多いかもしれません。石鹸や消毒液で一刻もはやくサッパリと清潔にしたいと思う人もいるでしょう。ところがこれが大きな間違いなのです。人類は大昔から細菌と共生して生きてきました。有用な細菌の代表格に、腸内のビフィズス菌やお酒をつくる酵母菌、納豆菌などがよく知られています。肌には表皮ブドウ球菌という常在菌が棲みつき肌を守っているのです。もし彼らが肌からいなくなれば、肌荒れや肌トラブルが起きやすくなります。

 

 

細菌には善玉菌と悪玉菌があるのは耳にしたことはあると思います。表皮常在菌(皮膚常在菌ともいう)は肌のバリア機能を最前線で守っている善玉菌です。その数は1兆個ともいわれる膨大な数です。常在しない外来のさまざまな雑菌もありますが、表皮ブドウ球菌は肌表面に住んで肌を弱酸性に保ち、アルカリ性を好む悪玉菌の増殖を防いでくれています。もし常在菌がいなくなれば肌の菌バランスが崩れて、アルカリ性に傾き、黄色ブドウ球菌などの悪玉菌が増殖して、肌トラブルをまねきます。日和見菌もいますが普段は中立で、菌バランスが崩れるとわるさをはじめます。アトピーの肌には、常在菌がいなくなり悪玉菌が繁殖しているといわれています。

 

                      代表的な常在菌とそのはたらき

 

 

酒さや酒さ様皮膚炎のような肌にも、表皮常在菌はいなくなっています。常在菌は化学成分に弱いため、化粧品に含まれるケミカル成分やクレンジング、洗浄剤などでそぎ落とされたり、一網打尽にされてしまいます。美容成分を肌の中に送り込むためにはバリア機能が邪魔になるので、浸透剤でこわしており、その最前線にいる常在菌が真っ先に犠牲になります。美容効果をうたうケミカル化粧品には常在菌は邪魔なので、その存在や有用性に触れることはありません。トラブル肌の修復とは、常在菌をとり戻すこととイコールなのです。

 

 

 

肌を健康に保ちたいなら、表皮常在菌を大切にする必要があります。むしろすすんで「育菌」の発想にたつべきなのです。育菌とは何をするのかといえば、まず常在菌が嫌がることをしないこと、そして彼らが好むものを与えることです。嫌がるものには、殺菌剤や化粧品などに含まれるケミカル成分、紫外線などがあります。好きなものには、彼らのエサになる汗をかくことです。えっと思うかもしれませんが、常在菌は汗と皮脂をエサにして肌をつやつやにする最高級のクリームを生成しており、汗をかくことは最大の「快」なのです。常在菌はあるていど時間がたてば戻ってきますが、強力な殺菌剤や合成界面活性剤を使うと肌に残ってその復活を妨げます。

 

 

現代の都会生活において汗は嫌われものです。汗をかいて仕事をするのは不快なので、エアコンのきいた快適な部屋で仕事をするのが普通になっています。車や電車の移動でも冷房が効いています。家庭でも夏はすぐエアコンをつけて、汗をかかない生活をしています。現代生活は汗をかかなくなったのです。昔にもどることはできないにしても、私たちはいつの間にか汗をかかない生活をしています。常在菌にとっては住みにくい環境になったといえます。

 

 

 

 

 

想像してみてください。南国の高温多湿で冷房なしに生活している人々の肌は健康でつやつやすべすべしています。また肉体労働の人や、スポーツ選手などは大量に汗をかき、彼らの肌はとてもつやつやしています。汗をかくことは肌の健康にとてもよいことなのです。冷房の中で生活しているなら、せめて週に2,3回は運動などしてよい汗をかき、常在菌を喜ばせることが大切です。汗をかいたら、さっと石けんで体を流せばサッパリします。そのまま浴衣を着てうちわで扇ぐのがかつての日本の風情でした。すると汗腺もふさがらず、表皮ブドウ球菌がふえて肌は弱酸性に保たれ、外部からの悪玉菌はシャットアウトされて、よい肌状態を保てるのです。大量のあせをかくと、身体は活性化し、新陳代謝もよくなります。もちろん常在菌はある程度失われますが、すぐに戻ってきます。ただし適度な水分補給と塩分補給をわすれずに。

 

 

営利社会では、とかく人間をかぎりない欲望にかりたて、消費をあおり、自然から遊離させていく傾向にあります。ときどき立ち止まって自然な生活を省みることも大切です。肌や健康のためにも、この夏は大量の汗をかいて、その爽快感を味わうとともに、常在菌をよろこばせてみてはいかがでしょうか。

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ