モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

皮膚科を何軒まわっても悪化しつづける酒さ様皮膚炎。いま炎症が悪化して、化粧水も石けんも浸みて使えない肌になり、途方にくれている人が大勢います。世界一美しいと羨ましがられた日本女性の肌はいまや遠い昔のこと。痒みや肌荒れを治すつもりで皮膚科を訪ねたのに、慢性化や悪化をたどり、あげくの果てに酒さ様皮膚炎になってしまうとは、いったいどういうわけでしょうか。

 

 

 

酒さと診断されて治療をつづけても一進一退して一向に改善しないといったことは多くの人が経験しています。病院ごとに少しずつ治療法が異なるので、こんどこそはと期待をこめて新しい病院に変えてみても、ほとんどはよい結果につながっていません。じつは医学的には、酒さの原因は不明とされていて、効果的な治療法が確立できていないのです。そこでとりあえず症状を抑えられるステロイドや抗生物質が処方されます。原因に焦点をあてて取り除くのでなく、まずは炎症そのものを抑え込むのが対処療法です。ともかく辛い症状を緩和できれば、患者も納得しやすく、ステロイドは魔法の薬なのです。

 

 

 

 

 

 

 

ところがステロイドは症状を一時的に抑え込んでいるだけなので、めやめると強いリバウンド症状に見舞われ容易に手放せなくなります。それだけならよいのですが、薬には必ず副作用があります。ステロイドはホルモンの一種なので、体内のホルモンバランスを乱したり、免疫力を低下させ、体調を狂わせるといったリスクもあります。二週間以上は使用しない方がよいとされながら、標準治療として処方され、転院するとそこでまた処方される、それで長期使用に陥りやすいのです。ときどき使っているだけだからと安全はできません。ケミカル成分は体内で分解できないので蓄積し、使用した延べ日数が関係するからです。また長期使用すると、さらに厄介な酒さ様皮膚炎を発症するのです。こうなるとほとんどの医師は酒さ様皮膚炎を治す方法を知らないので、いよいよ悪化していきます。

 

 

 

乾燥を和らげるために、ヒルドイドローションやプロペト、あるいはニキビの真菌に有効な殺菌剤が処方されたりします。これらは化学成分なので酒さには悪化要因になります。また多くの医師は、保湿をしないように指導します。肌はからからに乾燥しているので、本当は保湿が不可欠なのに、保湿を差し止めるのです。たしかにそれには理由があります。ほとんどの保湿剤には、ケミカルな成分が含まれていて炎症を悪化させるからです。なぜ悪化するのか原因は不明でも、とにかく保湿をとめて、魔法の薬ステロイドが処方されるのです。

 

 

 

化粧品の立場からみれば、たくさんの臨床例から、酒さの原因は明白です。アトピーを別にすれば、ほとんど女性であること、ケミカルな化粧品を使いはじめて5~20年したころに発症しています。ケミカル成分で常在菌が消失し、肌のバリア機能が破壊されるからです。ところがそんな肌であっても、不思議なことに天然成分100%の化粧品であれば刺激なく保湿ができるのです。保湿さえできれば、こわれたバリア機能をあるていど代替でき、水分の蒸発を防ぎ、アレルギー物質の侵入を抑えることができます。この状態を保ちながら、ターンオーバーを繰り返していけば、肌の細胞は徐々に入れ替わり、やがて正常な肌に戻っていくのです。

 

 

 

ただ、ここで注意すべき重要なことがあります。ケミカル成分を含む化粧品をいっしょに使わないことです。メイク用品や、洗髪シャンプー、ボディソープのケミカル成分が肌に付かないようにしなければなりません。半年、1年たっても改善が思わしくないという人によく聞いてみると、たいてい、無添加、オーガニック、植物由来、赤ちゃんの肌にもやさしい、などという宣伝文句に惑わされて、化学成分がいっぱい入った化粧品やメイク用品をいっしょに使っています。健康な肌ならいざしらず、酒さや酒さ様皮膚炎という超敏感肌には、ケミカル成分は禁物なのです。普通の丈夫な肌ではないのですから、くれぐれも成分をチェックして気をつけなければなりません。いまではメイク用品も日本のメーカーで、天然成分100%の安全なものが作られ市販されています。

 

 

 

 

 

 

アレルギー反応は、肌に侵入した異物を撃退するために、免疫細胞が肌の瀬戸際で戦っている状態です。それが神経を刺激して痒みや炎症を引き起こすのです。それならいっそ、免疫細胞の働きをいったん収束させようというのが抗ヒスタミン剤でありステロイドです。例えていうなら、家に泥棒が侵入して非常ベルが鳴り、犬が吠えたてて騒がしいので、非常ベルのスイッチを切り、犬にえさを与えて黙らせるようなものです。たしかに静かになりますが、泥棒は撃退されたわけではないので、じっくり家の中を探しまわるはずです。ステロイドは炎症を抑えているだけなので、使用をやめれば症状が倍になってぶり返します。この脱ステロイドのリバウンドはとても辛いので、ステロイドを使い続けたくなります。するとその副作用で酒さ様皮膚炎になってしまうのです。ステロイドの安易な使用が症状を難治化させる要因になっているといえます。

 

 

 

 

ステロイドには効果減弱といって、だんだん効かなくなる性質があります。するとより強いステロイドが処方されて、ますます慢性化・悪化していきます。医師の中には、酒さやアトピーなどの専門性に乏しい人がいるのも事実です。ある総合病院の医師は、開業するなら患者が集まらないレントゲン科のような診療科目ではなく、患者数が多い皮膚科、小児科、内科の看板を掲げる、と言っています。医師は医師免許さえあれば、どんな診療科目を掲げるのもまったく自由なので、専門性に乏しくても、経営上の理由が優先して看板を掲げている病院も少なくないといわれています。

 

まして酒さのような未解明の皮ふ疾患に対して、専門性が高く、適切な処置や指導ができる医師は決して多くありません。治療の適否を判断するために、2,3か所の皮膚科を受診し、セカンドオピニオン、サードオピニオンを求めるのも意味のあることといえるでしょう。こうした事情も勘案し、医療機関に頼るより、自然治癒力が働きやすい肌環境を確保し、肌に負担を与えない、天然成分100%の正しいスキンケアをすることで、元の肌に修復を図ることこそ賢明な対処法といえるのです。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ