モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

酒さ様皮膚炎の診断で皮膚科を訪ねると、クリニックによって治療方針がまったく逆の場合があるようです。ほとんどの皮膚科では、まず炎症を抑えるための対処療法として、ステロイドや抗生物質、ドクターズコスメやワセリンなどが処方され、保湿はしないように指導されています。しかし一進一退を繰り返しながら、悪化をたどるケースが多いようです。ところがごくまれに、ステロイド剤は使わないほうがよいと指導する皮膚科さんもあるようです。それで脱ステロイドでのリバウンド症状に苦しむ人もいたりしますが、真実が一つなら、いったいどちらの治療法が正しいのでしょうか。

 

 

 

皮膚科の治療で完治せず、悩んだすえにぷろろにたどり着く人がこのところとても増えています。そして1カ月くらいで顕著に改善がみられる人もあれば、一進一退しながら効果を実感できるまでに半年ほどかかる人もあります。ステロイドを使いつづけた期間によります。一般論として言えることは、これらのほとんどはケミカル成分の化粧品を長く使い続けてきた人たちです。天然成分100%の化粧品に変えれば、超敏感肌や酒さ様皮膚炎などにも、ほとんど刺激なく保湿が可能になります。悪化しつづけて苦しんでいた肌が、短い期間で嘘のように改善するケースもあります。このことが確信できるのは、多くの人からメールや手紙でたくさんの感謝の言葉をいただくからです。下記はそのごく一例です(一部をそのまま抜粋しました)。

 

 

 

 「ステロイドによる酒さ様皮膚炎と脂漏性皮膚炎の私の肌を救って頂き本当にありがとうございます。初    めて付けて迎えた日の肌の感動と喜びに涙した日は一生忘れないでおこうと思います。」(大阪府、年齢不祥、A.Hさん)

 

「酒さ様皮膚炎も最近は赤みもぶつぶつも出なくなりました。頬のごわつきは残っておりますが見た目は良くなりました。一時はこの世の終わりのような絶望感でしたが、ぷろろさんの化粧品に助けていただき感謝しています。皮膚科の塗り薬の怖さを思い知りました」(広島県、46歳、C.Sさん)

 

「酒さと診断を受けてからぷろろさんと出会い2ヶ月程経ちますが、驚くほど改善しました。もちろん、食事にも気をつけ皮膚科からもらったお薬もやめるなど色々気をつけましたが、こんなに早く改善するとはとても嬉しいです。」(静岡県、44歳、A.Iさん)

酒さ様皮膚炎になり、YouTubeでこちらの商品がすすめられていたので使わせていただいたところ劇的に改善し、前よりもものすごく肌が綺麗になりました。本当に感謝でいっぱいです、ありがとうございます。」(愛知県、21歳、A.Sさん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し大げさとさえ思えるような表現もありますが、気持ちが伝わってきて、わたしたち関係者は感動とよろこびを共有し励まされています。たかだか化粧品を使っただけで、会社に対して、自発的にこのような感謝のメールや手紙がどんどんくるものなのでしょうか。ほんとうに驚きを禁じえません。天然成分100%のオーガニック化粧品が、保湿によって酒さ様皮膚炎などの改善に大きな効果を上げているのだと実感させられる毎日です。

 

 

 

ただこれは、化粧品が酒さ様皮膚炎を治しているのではありません。治るためには、肌が自分の力で治っていくのを待つしかないからです。化粧品はそれを邪魔しないこと、側面からその働きを助けることに徹しているのです。炎症を悪化させるような成分を一切使用せず、自然治癒力が働きやすいように、肌がよろこぶ環境を、よりよい状態に保つことを心掛けているのです。

 

 

 

 

                            ハーブの収穫

 

 

とはいえ、途中で離脱してしまう人も一定数あります。そのほとんどは、即効性に期待をもちすぎたり、使い方に問題があるようです。たしかに水分を与えるのは化粧水ですが、化粧水だけを単体で使っているのです。冬の季節になると乾燥がきびしくなり、化粧水の保湿力が足りないという声を耳にしますが、化粧水だけでの保湿には限界があります。バリア機能が壊れているので、水分がすぐに蒸発してしまうからです。みつろうクリームでちゃんとフタをする必要があるのです。でなければ無理です。その際、みつろうクリームに化粧水を1滴混ぜて使うと、かなり効果が上がることもわかっています。それでも乾燥して耐えられない場合は、絹成分のセリシン配合の白樺美容液か、化粧オイルで補強するなど、追加の工夫をします。

 

 

 

ぷろろの商品は、息子がアトピーで20年も苦しんだ人の手によって開発されました。また、子供の時から皮膚病で悩みつづけた人が、医者になる決意を固めて医学部にすすみ、医者になって研究をかさね、ついに克服した医療経験に裏打ちされた医療知識も生かされています。それはおしなべて、現代の化学合成成分が、人体や肌に異常を引き起こすことが指摘されています。天然成分100%であることの意味と重要性が示唆されているのです。

 

 

ぷろろの考え方に一致するのが、脱ステロイドをすすめる皮膚科の治療法です。かつてガリレオは地動説を唱えて批判をあび、刑罰を科せられました。真実が少数派にあることだって歴史上にはたくさんあります。酒さは、いまだに医学的には解明されておらず、治療法も確立されていません。いわば手探り状態で、とりあえず炎症を抑えこむ対処療法がおこなわれています。その結果、慢性化し悪化させています。体内に蓄積した化学成分は、高齢になって体力が低下すると、ガンの原因にもなります。皮ふ疾患に悩む多くの人に、ケミカル成分を体内に取り込むことの危険性に早く気づいてほしいと願っています。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ