モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です。

 

 

 

世の中のオーガニック化粧品の9割には、防腐剤のような何らかの合成成分が使われています。欧米のオーガニック認証機関の多くで、植物原料の95%以上がオーガニック栽培であることを条件としていますが、残りの5%まで合成成分の使用を認めている場合が多いからです。そんな中、ぷろろ化粧品は、あえて天然成分100%に固執しています。日本オーガニックコスメ協会も、天然成分100%で作られたものでなければ、JOCA推奨品として推奨品マークの使用を認めていません。製造技術においても難しい天然成分100%に、なぜそこまでこだわるのでしょうか。

 

 

もし化粧品が流通過程で腐敗してしまうと、本来の機能を果たさないだけでなく肌につけると却って肌荒れを起こすでしょう。それで一定の防腐剤の配合はやむを得ないとされているのです。しかし、そもそも防腐剤とは、細菌の繁殖を抑えて腐敗を防ぎ、一定の殺菌作用をするものです。よく知られるように、健康な肌の表面にはバリア機能の一つを担う表皮常在菌が存在しています。皮脂膜という天然の、最高級のクリームを生みだし、保湿しながら肌を弱酸性に保って悪玉菌から肌を守っています。この表皮常在菌が防腐剤で殺傷されてしまったらどうなるでしょうか。肌は無防備になり、バリア機能が打ち破られて悪玉菌の増殖をゆるし、アレルギーや炎症を引き起こすようになります。

 

 

                            健康な肌の常在菌

 

 

 

ぷろろは、化粧品も肌から体の中に入るものであると考え、食べ物と同じ感覚で作っています。間違って食べても害になることはありません。このため化粧水は、面倒でも食べ物と同じく冷蔵庫保存をお願いしています。防腐剤を使わなくても、ハーブなどの腐敗しにくい素材を使うことで、腐敗を防いでいるのです。たとえばローズマリーは防腐効果をもつ植物であり、むかしヨーロッパでは内陸へ鮮魚などを運ぶときにローズマリーを添えて運んでいました。またホホバオイルの主成分はワックスエステルという酸化しにくいロウ成分なので、他のオイルと違って容易に酸化しません。このような原材料を選んで使うことで、天然成分100%のオーガニック化粧品を実現しているのです。

 

 

                         オーガニックハーブ

 

 

皮膚科で酒さ様皮膚炎と診断されると、抗炎症薬などが処方されます。ところがこれらの薬をぬっても炎症は治まらず、やがてどんな化粧品でもヒリヒリして使えない肌になってしまいます。こんなとき、ブログやネット検索でぷろろ化粧品の情報を知り、トライアルを申し込んで恐るおそる使ってみたところ、何の反応もなく使えたのでビックリしたという声をよくいただきます。2,3ヶ月つづけたらどんどん肌の状態が改善しているといううれしいお便りもたくさんいただきます。このことからも、同じオーガニック化粧品であっても、一般のものと、天然成分100%のオーガニック化粧品との違いは明らかです。

 

 

 

そもそも酒さなどの皮膚炎は、ほとんどの場合、10年、20年と使ってきた化粧品に含まれるケミカル成分に起因しています。その期間が長いので、因果関係に気づかれないだけです。肌のタンパク質がじわじわと溶かされて薄くなり、バリア機能が破壊されて保水能力が失われ、乾燥肌から敏感肌になります。その治療に使われるステロイドの副作用が、酒さ様皮膚炎です。皮膚科で処方される薬やヒルドイドローションも、ケミカル成分からできているので、バリア機能を破壊しつづけます。こうした対処療法は、症状を抑え込むので一時的によくなったように見えますが、使用をやめると酷いリバウンドに見舞われ、バリア機能を破壊し続けるので、完治することはなく、慢性化や悪化の一途をたどります。

 

 

 

肌に有害な合成成分の一つに合成界面活性剤があります。美容化学者などはほとんどケミカル成分を容認する立場なので、石けんだって界面活性剤ではないかと主張します。この世の中にあるものはすべて化学式で表せるので、化学成分でないものはこの世に存在しないとも述べたりします。たしかに石けんも界面活性剤の一種ですが、5000年も前に発見されて安全な洗浄剤として使われてきたもので、洗浄の役割を終えるとすぐに界面活性を失い、分解して自然に戻るので、肌にも環境にも負荷を与えません。石けんカスは魚のエサになるほど安全なものです。ところが一方の合成界面活性剤は、使用後もほとんど分解せず、強い界面活性作用を維持したまま、肌や自然界を破壊する大きな負荷になります。これを一緒だと論ずるのは暴論というほかありません。またつけたすぐあとの刺激を論ずることがほとんどで、数十年といった長い時間軸で生じる影響はまったく無視されています。ところが酒さなどの皮膚炎は、10年、20年と使ったあとに現われる皮ふ症状なのです。

 

 

                         オーガニック栽培の畑   

 

 

自然界に存在する成分は、単離された状態で存在することはなく、たくさんの成分が混在して安定しています。単離された成分とは異なり、となりの分子から電子を奪って活性酸素を発生させるうような不安定な作用はしません。元々自然界にあって容易に分解し循環するものと、5、6百度もの高温高圧の特殊な人工的条件下で合成される自然界にはない合成物質とはまったく異質なものです。37℃前後の人間の体内では分解することができないのです。これは明確に区別して考えるべきものです。

 

オーガニック農産物には、世界的に厳格な統一基準が定められていますが、化粧品にはまだ統一基準がないため、様々な化粧品トラブルを引き起こす要因になっています。そうした中にあって、化粧品を単なる利益目的の商品と考えるのでなく、肌のためにどうあるべきかを真剣に考えることが、天然成分100%に固執し、オーガニックを追求しつづける理由です。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ