モアオーガニックなスキンケア通販の「ぷろろ健美堂」を運営する白樺じっちゃんこと八幡です

 

 

現代の化粧品は95%がケミカル成分で作られています。その数は1万種類をも超え、組み合わせ方しだいで瞬時に肌がかわるような美容効果を出すこともできてしまいます。それでどこが悪いのか、と思うのも仕方のないことかもしれません。ところが10年、20年と長く使うと、バリア機能が壊され、肌トラブルを招きかねないのです。酒さや酒さ様皮膚炎などの超敏感肌になって、石けんが浸みて顔も洗えない人がふえています。食品添加物や残留農薬や放射能は気にするのに、どうして化粧品の成分は気にならないのでしょうか。

 

 

 

それは多分、肌につけるだけで、体内に入るとは思っていないからでしょう。TVや女性雑誌で、人気タレントや美しい女優さんを起用した化粧品の華々しいCM合戦が繰り広げられています。どんな化粧品でも、映像や言葉でイメージを巧みにつくりだしさえすれば、たちまち爆売れするといわれています。イメージのつくり方しだいでどうにでも売れてしまう商品なのです。すぐにシミが消えたり、たちまちしわがなくなったり、透明感まで増すといわれると、つい手が伸びてしまう女性心理をついたものといえます。そこには「〇〇フリー」「〇〇不使用」「〇〇無添加」「低刺激性」などの文字がいくつも並んでいます。つまり、いままでの化粧品にはそのような有害な成分が使われていたことを表しているともいえます。そして安全性や有効性が強調されているのですが、それがそのまま化粧品の中身だと信じてしまってよいのでしょうか。

 

 

 

                            

                   化粧品の宣伝に活躍する女優さんたち

 

 

 

最近の化粧品の多くが、あまりにも商業主義に走りすぎているようにみえます。薬事法が定める化粧品の目的は、「皮膚を清潔にする」「皮膚を健やかに保つ」「皮膚を美しく装う」ことと明記しています。しかし最近の化粧品は、その目的より「売れればいい」という姿勢に傾き過ぎでいるように思えるからです。2001年の法律の改正で、行政は安全性を確認する責務を放棄し、私たちを本当に守ってくれる存在ではなくなりました。企業の自由度が増し、製品の品質は企業で責任を負いなさい、そのための体制を整えなさい、という姿勢に転じたのです。問題が起きたら、企業の検査手順やマニュアルをチェックし、違反や不備があれば罰するだけです。「国民の生命、生活、健康を守る」という責任を企業に転嫁してしまったのです。

 

 

 

しかも薬用化粧品という医薬部外品があります。「薬用」といえばいかにも効果がありそうに思えますが、この化粧品は、承認された指定成分さえ表示すればよく、ほかの成分は一切表示しなくてもよいのです。このため効果だけが強調され、問題のある成分を見せないようにすることもできます。一般の化粧品とちがい、表皮を突き抜けて真皮にまで働きかけることが許されます。薬用化粧品で肌を傷めてしまう人がふえているのはこのためです。全成分を表示する場合でも、一般の化粧品のように配合量の多い順番ではなく、自由に書いてよいので、配合量も推定すらできません。浸透剤として有害な合成界面活性剤が使われていても隠せてしまいます。消費者はどんな成分が肌に影響しているのかさえ判断できないのです。

 

 

 

                    「美白化粧品」は薬用化粧品です。

 

 

 

化学合成成分は、自然界に存在しない人工的な物質です。高温高圧の下で化学反応させて作られる、人の細胞がかつて経験したことのない物質なので、肝臓にも分解する機能がなく、体外に排出できないのです。このためたとえ微量でも血流に乗って体内の臓器に蓄積していき、活性酸素を発生させ、やがて細胞を破壊して潰瘍やがんなどの病気の原因になると考えられています。多くは脂溶性のため、体内の脂肪分の多い場所、つまり脳や子宮、乳房などに蓄積しやすいとされ、子宮がんや乳がんの原因になることが懸念されています。

 

洗面やお風呂から下水や河川に流出すれば、分解性が悪いため、微生物や魚などの生態系を狂わせ、自然環境を汚染します。最近、プラスチックのストローが問題になっています。自然界で分解できず、微粒子になって海に流れ込み、海底の魚が食べてしまうため、その魚を食べる人の体に入ってしまうからです。そこでいま、スターバックスをはじめ、官民で廃プラ運動がひろがりをみせています。

 

 

法改正まえには使えなかった成分も、企業責任になってからは一斉に解禁され、その結果、肌トラブルが急増することとなりました。化粧品は人気タレントのコマーシャルや女優さんたちの宣伝イメージで選んではいけません。どこまでも配合されている成分をしっかりみて選ぶことが重要です。オーガニック化粧品の90%にも何らかの合成成分が使われていることを知っておく必要があります。本当に消費者のことを考えてつくっている企業なのかどうかを見極めることも、化粧品選びの大事なポイントとなります。

 

 

 

白樺樹液を使った天然・国産100%のモアオーガニックコスメ通販サイトはコチラ

白樺ドリンク(ホワイトバーチウォーター)の通販サイトはコチラ