お寿司と並んでカウンターで食べたい江戸の味、天ぷらは
銀座の名店『近藤』を訪れました。

お願いしたのは潔く天ぷらのみの「おまかせコース」

一番最初に海老の頭からスタートし、甘さがギュッと凝縮された海老の身ですさそり座


やはり甘さが引き立つで味あうのが一番だけど、
天つゆも美味しいから捨てがたい。

この日一番印象に残ったのはピーマンの天ぷら


北海道の「あきの」というピーマンを種も一緒に丸ごと揚げていて
皮が薄いこのピーマンは絶妙な衣加減、サクッと噛むと青々しい香りと甘さが
一瞬にして立ちこめるのです台風

ホタテは真ん中が生のまま、余熱でふんわりと甘みが凝縮されていくのを
楽しみながら味わえます。


手をかざしただけで油の温度がわかるという近藤氏の技は
素晴らしい素材をさらに素晴らしく引き立てるような職人技です。

ウニのシソ巻き揚げは磯の香りが封じ込められてます。


天ぷら近藤といえば、さつまいもの天ぷらが超有名ですが、
この日は季節的に残念ながらいただけず
かわりにカボチャの天ぷらでした。



なかまでじっくり熱が通ってホクホクに仕上がったカボチャも
さつまいもに負けず劣らずの絶品中の絶品でした!!

締めは当然、天茶です。


当然、鱚や穴子の天ぷらも文句なしだけど、近藤はやっぱりお野菜がホント美味しいラブラブ
天ぷらというと油っぽく胃もたれしそうなものだけど
こんなふうに野菜を味わうえるのってとっても幸せなことのような気がしました。

唯一こちらはワインが置いてないのがアタシ的には残念だけど~。。。ショック!

そうそう、予約するときには必ず入り口に近い方のカウンター席を指定。
やっぱり近藤さんに揚げていただきたいものね~音譜

カウンターから見える近藤氏の油の熱さも恐れぬ分厚い職人の手が
とってもセクシーに見えますよ~。

『天ぷら 近藤』
東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル9F
03-5568-0923


誘うならこんな人:「お野菜が大好きなの~」とか言っちゃう女の子。ヘタなお店でサラダご馳走するより、よっぽど粋です!


↑↑↑ココ押してねラブラブ