部活で県大会出場になると
生徒派遣費、と言うお金が支払われるらしい(*^^*)
※貰えるのは500円ですが。

このお金は
下の娘(※中3)にとって
親や親戚からお小遣いを貰う以外で
初めて自分の力で得たお金ってことになるね(*^^*)

県大会てすごいね♡←初めて県大会出場するので感動してる親バカですw

普段は学校に提出する書類を書くの、面倒くさいなあとイヤイヤ書いてる私ですが、
今日は、県大会出場にあたり学校に提出する書類を書けることを誇りに思いながら、心込めて書きました(*^^*)

※あ、500円もらえるから喜んで書いてるわけではありませんよ(笑)

6月の学総大会で、中3のほとんどの子が
部活を引退した中、
娘は県大会があるから
今も土日も含めて目一杯、部活の練習があります。
県大会前の猛特訓の練習で
膝や足首も傷めてるけど、
サポーターとテーピングでなんとか痛みを誤魔化しながらも
「私は今もまだ部活ができる!バレーの練習が出来る!嬉しい!!」

と毎日、嬉々として部活に飛び出していきます。


ヒイヒイ言って何とか勝ち抜いて
初めて県大会に行けるわけですから、
もう、県大会出場出来ただけで大満足、で
実力的に、県大会の上の関東大会にまでは
勝ち進める望みはほぼないのは
選手も顧問も保護者も、みんなわかってること…

それでもあの子達は
必死に飛び込んでボールを追い、毎日練習してる。

「本当にもう、部活最後になっちゃうから全力尽くしたいの!」
「あとね、…私達さ、
あの強い◯◯中学や、△△中学を試合で倒して県大会出場が決まったでしょ?
それなのに私達が、県大会はどうせ勝てないとか言って、練習を真剣にやらなかったら
◯◯中や、△△中の人達に失礼だもん。
あの子達だって絶対にまだ引退したくなかったはずだから
その分も私達は頑張らないとね♡」
だってさ。

ずっと背中を追いかけてきた
手強いライバルの◯◯中。

試合中はもちろん敵ですが
最後の試合が終わった後、
うちの中学の部員と、◯◯中の部員が
抱き合って泣いてるのを見て
私ももらい泣きした(TT)

松任谷由実さんのノーサイドって曲、ご存知ですか?
ノーサイドってラグビー用語?らしく
試合中は敵でも
試合終了のホイッスルが鳴ったあとは
敵味方の境界はなくなり
お互いの健闘を称え合うって意味だそうです。

そのノーサイドって曲の中に
「同じゼッケン 誰かが着けて
また次のシーズンも駆けていく」
って歌詞があります。

ライバルの◯◯中も、△△中も3年生部員はもう引退してしまった。
そして、娘もまもなく引退するでしょう。

同じゼッケン、誰かが着けて
また次のシーズンが始まるのです。

今を思いっきり噛み締めて欲しいなと思います(^^)