ご訪問ありがとうございます♡

 

営業職で培った

目標達成×効率化ノウハウで

“忙しい女性経営者”の事業を

サポートします!

 

パーソナルアシスタント
高山はるなです。

自己紹介はこちら→

 

 

今日はずっと楽しみにしていた、

PA特別フォローアップ講座、

パーソナルカラー診断を受けてきました♡

 

左から私、智美さん、めぐみさん、朋子さん

 

 

題して

 

“色づかい”で自分らしさを出しながら

相手を引き立てる

〜プロのアシスタントとしての印象力〜

 

 

講師は

ブランディングアドバイザー 加島めぐみさん

 

 

めぐみさんは

ホテルニューオータニのコンシェルジュとして

世界各国のVIPをおもてなししてきた

「印象力」のプロフェッショナル。

 

 

PA講師の菜穂美さんの人脈のおかげで

こちらの特別講座が実現しました。

 

 

個人的に、5〜6年前に

大丸のパーソナルカラー診断を受けており

その診断結果を信じて

今日まで洋服選びをしています。

 

 

ですので、

もし誤診だったら

クローゼット総取っ替えの覚悟で

挑みました。笑

 

 

*******************

 

今日はPA仲間、

朋子さん、智美さんと一緒に

講座を受けました。

(菜穂美さんにも同行していただきました^^)

 

 

3人で受けたことで、

診断時に衝撃の場面を目撃することになります。

(次の記事に書きます。笑)

 

 

場所は、めぐみさんのサロン。

サロンもとっても素敵で、

空間にぽ〜っとしていたら

 

 

エネルギッシュなめぐみさんによる

講座がスタートしました♡

 

 

〜目次〜

1.一流のパーソナルアシスタントに必要な「ABC」

2.初対面の判断は〇〇で下される

3.自分色をマスターする

4.パーソナルカラーとは?

5.ドレープによる診断

6.コーディネートの配色のポイント

 

 

 

 

1.一流のパーソナルアシスタントに必要な「ABC」

 

まずは、

 

「なぜパーソナルカラーを学ぶのか?」

 

という最も大事な理由を教えていただきます。

 

 

それは

選ばれる人が必ず持っている

3つの要素があるからです。

 

 

A …Appearance(見た目)

B …Behavior(しぐさ、姿勢)

C …Contents,Commitment

  (自分のサービス、クライアントの願いを“先読みして”叶える力)

 

 

一流のコンシェルジュとして

仕事をしてきためぐみさんだからこそ、

 

「外見美やしぐさ、姿勢がいかに相手の印象を左右するか

 

を身を以て実感されています。

 

見た目で信頼されないと

まず、こちらの話を聞いてもらう

土俵にも立てないということなのです。

 

厳しいけれど、それが現実。

 

だからこそ、

見た目にも信頼感を得る装いをすることで

初対面からリードを取れる人になるのです。

 

 

その手段のひとつとして、

パーソナルカラー診断がある。

 

 

後述しますが、

自分に似合う色を身につけると

 

・肌ツヤが良くなり

・イキイキとして見え

・目力が出て

・頼りになる力強さが出る

 

といった効果があります♡

 

 

2.初対面の判断は〇〇で下される

 

じゃあ、初対面での

 

外見の印象ってどれくらいなの?

と言うと、恐ろしい結果が。

 

 

出典:https://shin12.info/?p=2583

 

 

【視覚情報】が55%も占めるのです。

 

 

<視覚情報とは>

・表情

・服装

・髪型

・身振り etc

 

 

1で述べた、A・Bの与える印象が

いかに重要か分かります。

 

●Appearance(見た目)

●Behavior(しぐさ、姿勢)

 

 

たとえば、

初対面の人の情報を、誰かに伝えようとして

 

「あの、ハキハキ話していた…」

と言ってもピンときません。

(え、どの人?となります)

 

 

「あの、ブルーのスカーフを着けていた…」

と言われる方が

あの人ね!と共通認識を持つことができる。

 

 

それくらい、見た目の印象は

相手に残りやすいのです。

 

 

 

3.自分色をマスターする

 

上記からも分かるように

 

見た目印象の順位としては

 

1位 

2位 形

3位 動き

 

と、色で判断されることが多いです。

 

それならば

自分に似合う色をバシッと身につけて

相手に好印象を持ってもらうことが

 

自分を覚えてもらうのに

いかに有効かが分かりますね♡

 

 

じゃあ、自分に似合う色ってどんな色?

というと…

 

自分の肌、瞳、髪、頬、唇の色など

身体の表面にある色と調和し、なじむ色

 ↓

パーソナルカラー

 

なのです。

 

 

自分の本来持っている「色」になじませるので

見る人に安心感を与えます。

 

 

それが

相手への信頼感になり、

自分も自信が持てるのでオーラが生まれます。

 

イコール、お仕事も加速♡

 

 

はい、ここまできたら

パーソナルカラーを学ばないわけには

いきませんね!!笑

 

 

4.パーソナルカラーとは?

 

では、どんな色が自分に調和するのか?

 

色を大きく4つに分類し、

それぞれを季節になぞらえて

診断をしていきます。

 

出典:https://seniorlife50.com/entrypost-1686.html

 

 

大きく、下の2つに分かれます。

 

イエローベース

→黄みを含んだあたたかみのある色

 

ブルーベース

→青みがかった涼しげな色

 

そこからさらに、

 

明るさ(明るい/暗い)

強さ(あざやか/くすんだ)

 

といった要素をもとに

イエローとブルーの中でも

2つずつ分けていきます。

 

これで、4つのグループに分かれました。

 

それぞれの特徴は下の通り。

 

 

 

<スプリング>

春のお花畑のような

カラフルで明るい色

 

<サマー>

初夏に咲く紫陽花のような

優しく涼しげなパステルカラー

 

<オータム>

柿やイチョウ、紅葉など

豊かで深みのある色

 

<ウインター>

冬の景色にクリスマス、

はっきりとした鮮やかな色

 

 

 

 

ここまでが、

通常のパーソナルカラーの知識。

 

ですが、今回は特別講座なので

 

「PAとして仕事で活用できる色選び」

を教えてもらいました〜!

 

 

*******************

 

 

長くなるので

後半につづきます♡

【PAフォローアップ講座】苦手を知ると、魅力が輝く

 

お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

営業職で培った
「目標達成×段取り力×効率化」
忙しい女性経営者
お仕事飛躍をサポートします♡


業務アシスタントのご依頼・お問合せは

こちらをクリック