雅美の切り絵ブログ

切り絵ブログ:Scherenschnitte:paper cutting art.


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

注:まだ PCを修理に出していませんorz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らないものは    分からない

 

 

自分の中に   存在すら   しない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日は カレーを作ろう」と思ったら

 

玉ねぎ、ジャガイモ、人参…と カゴに入れていくけれど

(最近の我が家のカレートレンド的には

ラムとミント←孤独のグルメー!!)

 

 

 

 

 

※外食で食べたものを  家で再現するのが  好きです

 

と いうか………

 

H氏と外食に行く機会が あまり ないので

(寂しく思ってました)

 

「この前、これ食べてきたんだよ!」

という楽しみ方に 変えたら

ケンカが  減る事に 気付いたので   

そうなるようにした  と いうか……………orz

 

 

この生き物は  一体  なに?

そもそも  本当に  人間なの??

と   長らく  思っていましたが



彼は ”黒” なんだと  

ようやく(昨日) 気付きました。



黒、ですもの…

そりゃ、訳分からないよね……orz


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って    話を戻さねば!!

 

 

文字の色が 変えられないから  

 

ブログ編成の勝手が 違うよ  ウワーン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレーの日

 

 

 

玉ねぎ、ジャガイモ、人参は すぐ手に取るけれど

 

 

 

「枝豆」  や   「豆腐」   って 

 

目に入って  いないと思う

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに  スーパーには  並んでいるのに

 

 

 

 

「在る」のに

 

 

 

 

「目に  入って   いない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間は    興味があるものしか

 

 

 

 

認識   しないし

 

 

 

 

目に  入らない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り絵を  始めてから

 

 

文房具店や ホームセンターに 行くたびに

 

カッターや  カッターマットのラインナップを

 

必ず  確認してしまう ように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イスラム国   日本人女性

 

 

 

 

目に留まる  ニュース

 

 

 

 

 

 

でも  それは   日本人だから

 

 

入ってくる 情報であって

 

 

 

 

 

 

 

他の国の言葉も   もっと   知っていたら

 

日本語や 英語以外の言葉でも   ニュースを観ていたら

 

 

 

 

 

もっと   いろんな事が  観えるのかなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースを観る   理由が   出来た

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界情勢を勉強するまで

 

 

 

 

誰が 都知事だろうが

 

 

総理大臣だろうが

 

 

 

 

 

 

全く   興味が  ありませんでした。

(恥ずかしい話ですが

選挙に行った事が  ありません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 世界情勢に興味を持つキッカケって 何だっけと

 

思い返したら

 

 

 

テレビに  引き摺られるから の 前に

 

 

 

 

 

コーチングの勉強をしていて

 

 

アメリカの首相の話が 沢山  出てくるから

↑コーチングは アメリカ発祥

 

 

「そもそも 彼ら どういう人??」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どういう人の  何の話か 分からないまま

 

理解しようとしても

 

 

途中で  分からなくなっちゃうし

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな   それぞれ

事情も  色も   違う   から

 

 

 

 

    






 

 

分かろうとしないと   分からないし





観ようとしないと   観えない










 






時間と   手を    かけて




 

 

 

     






 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

仕事の合間に



コーチと

 

 

パーソナルトレーナー 




 





 

1ヶ月が    経とうとしていて

 

 

 

 




 

 

  

 

クライアントさん方の話を  聴きながら

 

 

様子を  見守りながら

 

 

(最近 色々  便利なものを 教えて頂けて

アプリ開発、必要ないかも…

な  状態になってます←えええええ…)

 

 

 



 

毎日 毎日   ノートを書く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノート、現在22冊

 

 

 

 

 

んー

 

 

 

今   改めて  数えながら  観たら

 

使用頻度順で    並んでました

 

 

 

 

◯読書

◯スケジュール

◯トレード

◯製作

◯コーチング

◯ブログ

◯プログラミング

◯家族会議

◯buff

○世界情勢

◯料理

◯インテリア

◯在庫管理

◯雑記

◯行きたいところ

◯レシピ②

◯レシピ①

◯絵

◯栄養学

◯英検1級

◯家計簿

◯ネイル

 

 

(日付見たら ブログ再開してから

下3分の1 サボりまくってました。何かが入ると 何かが抜けますorz)

 

 

 

 

 

 

 

全部  iPad pro上で作って 

apple pencilで書いてます

 

 

 

 

 

 

※メインで、Good Noteというアプリを使っています。

 

ノートアプリ、色々試しましたが 

現在 Good Note と Note Always を 併用中

 

 

☆Good Note→使い勝手とノートの管理性 抜群!

2台分の内容を 自動的に同期もしてくれるので、もう手放せません

ベクターデータなので印刷具合も良く、家族会議の資料作りも 捗ります

 

☆Note Alway→書き味 抜群!ボールペン そのもの!

気持ちや気付きを書いて

ページごとGood Noteに移行して、まとめている事が多いです

 

 

 

 

音声録音が出来る Notabilityも便利そうと 

購入しましたが

現在使っていません

 

大学生の方など、講義等を まるっと録音できる

Notability 凄く便利だろうな~と 思います

 

 

 

 

 

 

※「パニックになる事がある人は ノートに 自分の気持ちを書く習慣をつけると良い」

「また  そういう人は 内容によって ノート自体を細かく分けた方が 捗りやすい」

と 知り

 

iPadを  ノートとして 使うことにしたら

 

 

 

 

あまりに捗り過ぎて  2台目持ち

 

 

 

 

 

どこに行くにも 一緒

今 計ってみたら 1986グラム。2キロてorz

 

 

 

 

 

だけど  

 

◯書斎

◯ノート22冊 

◯筆記用具

◯液晶タブレット

◯ノートパソコン

 

同時に持ち歩いていると思えば  全然平気!

 

 

 

2台目は 

思い切って スマートキーボードも 付けて

大正解。

 

 

 

ブログを始め

LINEやメール

コーチング(セッションログの製作)に 大活躍中!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よほど  楽しそうに  見えるのか

 ※いつも 真剣なのだけど…

 

 


「その2台  完全に オモチャだよねぇ…」

 

 

 

 

と 言われ

 

 

 

 

 

( ゚д゚)<  真剣に使う  オモチャ…!?

 

 

 

 

 



  




 

 あ  でも 子供って


真剣に遊んでるよね





 





大人になれば  なるほど



真剣に遊ぶのが



難しいイメージ


 

 

 

 

 


 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

いろんな方の話を 聴いて

 

 


様子を観て

 

 

 

気付いたことが   ありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人が成長する為には  

 

”安全基地”の存在が 不可欠だ」

 

茂木健一郎さんの言葉を

著書「脳を活かす勉強法」で  読んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

安全基地:

 

 

安心して 存在できる場所

 

何があっても 逃げ込める場所 

 

 

 

 

 

過保護や過干渉 では なく

 

自主的に挑戦しようとする事を 

後ろから そっと 支えてくれる存在

 

 

 

 

見守ってくれる 存在

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな   

 

 

それぞれ 

 

 

安全基地が  違う

 

 

 


 



切り絵

スポーツ

映画鑑賞

旅行

読書

釣り

ものづくり

 

 

 

 

 

ツイッター

ブログ

facebook

インスタグラム

今日お会いさせて頂いた方だったら youtube

 

 

 

 

 

ギャラリー

自分のお店

職場の休憩中

カフェ

自宅

寝室

 

 

 

 

 

また  それが

 

家族

恋人

友達

画面の向こう側の、誰か

 

 

 


 

 


 

みんな  それぞれ


違うから。

 

 

 

 




 

「コーチは  クライアントにとって 

安全基地のような存在」

 

 

 

 



んとんと





 

 

えーっと!




 

 


 

 

 





 





テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

注 ①   現在、iPadでブログの文章を書いて

PCに移して  文字の色や大きさの編集を行なっているのですが

PCの調子が悪く 編集が できませんでしたorz     

近日、修理に出します

ブログが非常に読みづらいデス…ごめんなさい…

もう    ここで太大文字にしたかったんだろうな や

ここで 小ピンク文字にしたかったんだろうな と 想像しながら読んで頂けると  有難いです

(全力で、投げっぱなしーーーーー!!)

 

 

※この文字の色&大きさ/太さの編集作業が 

自分の中では 大事だったり するんです……

ブログ、読みづらいよー  ウワーン(涙)

 

 

 

 

 

 

 

注 ②  今回のブログ、内容が非常にエグいです

●コオロギやGの話:生き餌の話

●猛禽類の餌(ヒヨコ、マウス、ウズラ)の話し   が出てきます

生々しい表現をしています

画像はありませんが、殺生が苦手な方は 読み飛ばしてください

 

 

※最近、100人中1人や

1000人中1人に  いいな、と思って頂けたら…


という意識で書いているので 

昔みたいな遠慮?のようなものが  減ってしまいました。

正直、ここに関しては  

いいのか悪いのか 頭を抱えてる事が あります。

 

 

頭抱えて  何もしなかったら   何も変わらないから  まず やってみてますが… むーん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的の為なら  手段は  選ばない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオン君の為なら 

 

G飼育も いとわない    と 思っていたけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、手を滑らせて

 

 

コオロギ飼育ボックスをひっくり返しました×2回。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数百匹に 逃げられ

 

余りの数の多さに  回収も   20匹程度で諦め

 

近々  鳥達を避難させた上での  

 

バルサンを  決意したと同時に

 

 

 

 

 

 

これがデュビア(餌用G)だった事を想像してしまい

 

 

 

 

 

レオン君が大きくなった暁には

H氏の超絶猛反対を押し切ってもでも

デュビア飼育を(コッソリ 押入れの中で)するつもりだったけれど

 

 

 

 

バレて   大目玉だ………

 

 

 

と  若干  諦めかけた

 

 

 

 

 

 

 

 

雅美です こんばんは(前置き長ッ!!)

 

 

 

 

 

 

 

 

デュビアの方が コオロギより

栄養価が 高いんです…えぇ、オスの見た目は まんま Gです…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々  ヒヨコが好きです(ピヨ吉ー!)

 

 

 

ハムスターを飼っていた時期も ありました

 

 

 

友人が飼っていたウズラを 愛でていた時期も ありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛禽類を飼育し始めてから

 

 

全部 餌。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元々   好きだった

飼ってた

 

 

 

 

ウッ となった瞬間が 

なかった訳では ありません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも それは

 

猛禽類を飼うと  決めた以上 

 

 

 

あきらめなければ いけなかったことで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

慣れ

 

 

 

 

月に2回ほど、冷凍便で ギッシリ段ボール箱に詰まった

ウズラやヒヨコ、マウスが届く

 

 

 

ビッシリ コオロギが入った 段ボール柱も 届く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

慣れた 

 

 

うちの仔達の 毎日の 餌だもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私がブロッコリーが好きだから と言っても

 

うちの仔達の おやつにすら ならない

 

 

むしろ  毒でしか ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の「好みや 正解」は

 

他の生き物の 「毒でしかない」事の 多さを

 

 

 

 

うちの仔達を見ていて   思い知らされる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全員の ししあて(猛禽類の胸を触りながら 体型の変化を診ること)と

計量をして

 

 

その日の餌の量を決めて

 

 

手を血塗れにしながら   内臓を取り出して  肉を  刻む

 

 

 

 

 

 

 

訓練をする時は  どんなに哀しそうに叫ばれようが

 

問答無用で 絶食

(さんちゃんで 10日間絶食)

 

 

 

 

 

 

生きるか死ぬか  ギリギリの所まで詰めないと

(詰める=鷹匠用語で 減量のこと)


 

部屋の中でなら まだしも

 

 


外で飛ばして   腕に飛んで帰ってきたり  しない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオン君の体重を計って  温度と光量と湿度を診て

 

今日は何匹必要か 計算して  

 

袋に入れて ブチブチと  コオロギの脚を捥いでいく

 

 

 

 

 

 

 

虫に痛覚などはない と いうけれど

 

実際  虫になって 体験した人間は  誰も いない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

袋に入れられて  脚を捥がれていく



コオロギ達の  目は 

 




やっぱり 怯えていて

 

 




 

最初のうちは  ためらった

 

 

 




でも レオン君が 

マウスロット(口に傷が付いて、腐ってしまうこと)になって

 

死んでしまう事と

天秤にかけたら

 

 

 

 

「前世で 何したんかな」と 想いながら 

 

捥ぐ方を とった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまに 思う

 

 

 

 

 

私が   菜食主義者だったら

 

 

 

どうしていただろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも     飼ったのかな   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は 優しくない

 

 

 

 

 

 

 

 

虫も殺さなそう、なんて 表現があるけれど

 

 

 

 

毎日   残酷な事をして 殺してる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来世で コオロギになって

 

脚 捥がれるんじゃないだろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レオン君を眺めながら

 

 

命について  考える事が  増えた

 

 

 

 

 

 

 

目には 見えづらかった だけで

 

 

 

目を 逸らしてた だけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100人中 99人に やめておけと 言われるであろう

事案が あった

 

 

 

 

 

 

 

 

その答えは  正直  今でも  分からない

 

 

 

 

 

 

けど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は   羊水検査で

奇形で  障害を持って  産まれると

言われたらしい

 

 

 

 

 

全員が  中絶しろと 言ったらしい

 

 

 

 

 

 

 

 

とある光景を観て

 

それでも  と 

周りの猛反対を押し切って 産んでくれた 母

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20年前  産まれて初めて  

 

 

人前で  壇上で  話しをした時の事を

 

 

最近  ふと 思い出した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目的の為なら 手段は 選ばないのは

 

 

 

母譲りなのかも しれないなぁ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか 娘が カメレオンの為に

G飼育まで しようとしてたとは 夢にも思わないと 思うけど

 

 

 

 

 

 

 

それでも 「おねーちゃんらしいね(笑)」と  笑ってくれるんだろうな

 

 

 

 

 



 

 

母は強しですね。見習わねば。むん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「らしいね」 の形は   きっと   それぞれ   いつも   違うのだと  思うし

 

”自分という存在”  は  ”暫定的なもの”  だと 思う

 

 

 

 

 

暫定的じゃないものは

 

 

 

「家族という存在」 しか  ないんじゃ ないだろうか

 

 

 

 

 

最近    そんな風に    思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だーーーーーよみづらーーーーーー!!

 

 

 

ブログ更新、したかったのーーーーーごめんーーーーーーーー

 

 

 

 

読んでくれて、ありがとーーーーーーーー!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

またねー!

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

 

 

 

 

 

 

 

人生を変えた    出逢いが    ある

 

 

 

 

 

 

 

 

大谷弘樹さん

 

内尾和正さん

 

H氏(何の因果か H氏も、弘樹さん)

 

マネージャー 

 

コーチ

 

 

 

 

 

 

 

画面の向こう側の 

 

ブログの  読者さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

アクセス数や 

ブログや ツイッター FBへのコメントという 形でしか

 

観えてなくて ごめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも

画面の向こう側に

居てくれて

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は  皆に  会いたい

 

 

 

 

 

「美味しいもの、食べにいきましょー!!」

 

と   笑って   隣で   歩きたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

落ち込んでました。

 

 

 

 

コーチングを散々受けたのに、と

 

凄まじく  ショックだった

 

 

 

 

 

 

でも   やっぱり   

 

 

それは  必要な事   だった  ようで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう    半年以上    前

 

 

少し  話をした時に

 

 

コーチに  突然   言われた

 

 

 

 

 

 

 

 

「雅美ちゃんは 本当に  ○○なんだね」

 

 

 

 

 

 

 

その言葉の意味が

 

 

 

 

 

やっと   分かった気が  した  から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれの 正義 と 平和が   あるように

 

 

それぞれの  夢 と 成功が    あるのだと思う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログを休んでいた間  勉強して

 

 

 

自分が感じていた 

 

 

”息苦しさの理由”  を 理解した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私にとって は

 

 

 

 

 

 

毎年 個展を開くこと

 

メディアに出ること

 

作品を高額で売り続けること

 

沢山の生徒さんを集めて 教室を開くこと

 

切り絵図案の本を出すこと

 

 

 

 


 

 






 

それら   は

 

 


「私にとって」   は   「夢と成功では なかった」  んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターネット上のやりとりが

現実になる瞬間の為に 

 

「やっと逢えたね…!!」 の場を 作る為に

グループ展を主催するのが 好きだった 

 

個展は 一度も しないまま

表舞台に立つことを 中断した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メディアには 何回か  出たけれど 

「もう 出たくない」 と 思った

 

 

 

 

 

 

 

 

「高額にしたら、遺したくなっちゃうじゃん」

と   作品の値段を上げる事を   拒み続けた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「雅美さんみたいに、なりたい」と言われたら

「私みたいには、なるな」と 切り返し続けた

 

皆は 皆の名前の人生を 歩んで欲しいと 

今でも  強く強く  思ってる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出版する為に 図案を作れる気が  全く  しなかった

 

物凄く  ものすごーーーく  身勝手な考え方だけど

勝手に  ”切り絵サラリーマンみたい…” 

と  感じて  

 

私は   途中で  というか

 

最初の時点からして  嫌になるだろうなと 思った 

 

 

 

 

 

 

↑決して決して  批判や非難って 話じゃないです。

お願いなので 誤解しないでください。

 

 

「僕からしたら  サラリーマンって  才能がないと  出来ないですよ!!」

 

と   知り合いのミュージシャン(誰かは秘密)に言われ

 

 

 

「あああああーーーー!!!確かにーーーーーー!!!」

 

 

 

 

私   満員電車に乗って  週5日ぶっ続けで働く才能    ありません。

もう  満員電車の時点で  退職届けを出す気しか しません。

つまり  私には 根気や根性が ないという話です。

 

 

誤解して欲しくないです…(iДi)表現に違和感があるように感じさせてしまったら  本当に  ごめんなさい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「切り絵作家としての成功」 

 

 

海の中に  いる事を

 

 

私は   望むことが   できなかった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「切り絵の神様」に

 

「バカじゃないの」

 

って 怒られてたんだろうな

 

 

 

 

 

 

 

 

もう  散々 「痛い目」  みたよ

 

 

もう少し  続きそうだけど。 仕方ない。

怒られてるんだもの

でもね 痛い目見たから 観えた世界も 沢山あるんだ

いつか  聴いて貰えたら  嬉しいな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもさ

 

 

 

 

 

 

 

 

どう足掻いても 

 

 

 

 

 

 

 

「その成功の形」 は

 

「私が欲しかった形」  では ないんだもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう  生きられなくなる位   

 

 

息苦しかったんだもの

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は   海の中の呼吸の仕方を 

 

 

 

 

 

捨てる道を   選んだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨年 展示 キャンセルしてしまって

ごめんなさい

必ず その分を やります

 

でも それが   最後だと 思う

 

私が主催を始めた時と 違って   

今は 切り絵の展示  一杯  あるから。

 

私の役目は 終わったと

身を引こうと 

数年前から   思ってたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと 「テレビに出てる○○さん」の方が

誰かに  言いやすいよね

ごめん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーダー品は クライアントさんの 言い値にしようと思ってる

 

値段、言いづらっ!!って なるよね

ごめん

 

数は  あまり 作れないと思う

私  時間かかるし。かけちゃうし。

 

最後まで 一緒に 居させて欲しい から

つい  頑張っちゃうんだよね

 

 

 

 

 

 

 

先生 ではなく パーソナルトレーナーとして

作り方や知識を 1対1で教えさせて頂く形 と

 

今までと 同じく

片っ端から 切り絵の作り方やら なんやらを  ブログに書くと 思う

 

”私のもの”  なんて 夢のあるセリフ 

 私の切り絵には   ない。

 

夢もへったくれも ないよね。 ごめん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り絵図案の本を出版することは   ない

 

「雅美さんの図案の出版はいつですか?」って声  裏切って ごめん

 

切っても切らなくても

好きなように使えて 

好きなだけ作れるデータ販売が   

私は一番  好きだったんだ

 

今後  オーダー以外の切り絵も  

ブログ読者さんの 言い値で  販売するつもり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今までの    呼吸の仕方を   捨てると

 

 

 

 

確かに その時点で 死ぬかもしれないもんなぁ

 

 

 

 

 

 

ジョージ・C・ウィリアムズ の本を  読みながら   思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか     必ず    死ぬんだし。

 

 

 

だったら   私は    自分が望む生き方を   したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の中で

 

 

 

上手に 泳げること    餌を上手に獲れること

 

 

 

 

 

それは   生きる為に  当たり前のことだし 必要なこと じゃん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来ない奴は  死ぬ。   

 

 

 

 

 

 

 

 

それだけの、話。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は  出来ない。

 

そもそも、やりたい事じゃ なかった。 

 

やる気がないから、出来ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上手に泳ごうと しないし 

 

 

上手に餌を獲る事も  放棄した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海の中で生きられないと 気付いたら

 

死ぬかもしれなくても 陸に上がれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は コーチングを経て 

 

生きたいと 思った

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

 


 

 

 

海の中では 生きられないんだ と 

 

 

 

 

気付いたんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラリーマンになりたくない   と   思ってた 訳じゃ ない

 

 

むしろ

 

出来れば  そう  生きたかった。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

なんで 私は 出来ないんだろう  と 

 

 

自分を責めて責めて  責め続けて

 

 

なんとか   やろうとした

 

 

 

 

 

 

 

でも  

 

 

どんなに 足掻いても   出来なかった 

 

 


多少は   出来ても     続かなかった


  


生きる気力すら  なくなっていってた

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

今 思うと   当たり前   だよね

 

 

「私の夢や成功の形とは違った:

やりたい事じゃなかった」 んだもん

 

 

気付くの おっそーーー!!

7年半以上、かかっちゃった…orz

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出来ないなら 出来ないなりに   

 

 

 

 

 

 

自分の夢や 成功の形が

 

 

違うなら 違うなりに

 

 

 

 

 

 

 

やり方を 

 

 

 

 

生き方を 

 

 

 

 

呼吸の仕方を     変えようと  思った

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きぃちゃん  ぽんちゃん  

 

さんちゃん  レオンくん

 

 

 

 

”似てる生き物” を   選んだんじゃ   ない

 

 

 

 

 

 

 

私は

 

 

 

”成りたい生き物” を  

 

 

選んだのだと  思う