マイルチャンピオンシップの予想2017。レース傾向データ分析

第34回 マイルチャンピオンシップ(GI) [2017/11/19京都11R] 出走馬、軸馬、レース傾向などの情報を無料で提供します。


テーマ:

11/19(日)京都11R・芝1600mにて
《マイルチャンピオンシップ》が開催されます。

 

 




秋のマイル王を決める頂上決戦。


今年は絶対的な存在はいないが、
G1馬4頭を含む重賞ウィナー15頭が
参戦して大混戦ムード。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

==========
マイルCSの出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 ブラックムーン 57.0 追 アッゼニ
1 2 アメリカズカップ 56.0 先 松山弘平
2 3 ヤングマンパワー 57.0 先 石橋脩
2 4 サングレーザー 56.0 差 福永祐一
3 5 サトノアラジン 57.0 追 川田将雅
3 6 ダノンメジャー 57.0 逃 北村友一
4 7 レッドファルクス 57.0 差 C.デムーロ
4 8 マルターズアポジー 57.0 逃 武士沢友治
5 9 レーヌミノル 54.0 先 和田竜二
5 10 クルーガー 57.0 差 シュタルケ
6 11 エアスピネル 57.0 先 ムーア
6 12 イスラボニータ 57.0 先 ルメール
7 13 グランシルク 57.0 差 田辺裕信
7 14 ガリバルディ 57.0 追 岩田康誠
7 15 ムーンクレスト 57.0 先 藤岡佑介
8 16 ウインガニオン 57.0 先 津村明秀
8 17 ジョーストリクトリ 56.0 差 武豊
8 18 ペルシアンナイト 56.0 差 M.デムーロ


以上、出走馬18頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


エアスピネル

前走の富士Sで重賞3勝目をマーク。

昨年のマイルCSで2着のイスラボニータに
2馬身差をつける完勝だった。

これまでG1は5戦して朝日杯で2着、
皐月賞とダービーが4着、菊花賞で3着、
安田記念5着と善戦止まりが続く。

ただ、京都が得意な馬で京都で行われる
今回のマイルG1はまさに絶好の舞台。

悲願のG1制覇へ向けて好機到来。

混戦のマイル戦線の頂点に立てるか。


イスラボニータ

実績だけなら最右翼の存在だが、
皐月賞を最後にG1からは見放されている。

昨年の同レースでもあと一歩の
ところまで行きながら2着。

今秋も富士Sから始動し上述した
エアスピネルに敗れ2着。

ただ、道悪の中で最後にしっかり
追い込んでおり内容は良かった。

今年でマイルCSは3年連続の参戦。

3着→2着と来ているので今年こそは
三度目の正直で勝利を掴み取りたい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


レッドファルクス

スプリンターズS連覇を達成し
名スプリンターの仲間入り。

もう6F戦には敵なしとばかりに、
次なる照準をマイルに合わせてきた。

マイル戦への挑戦は今回で3度目。

2歳未勝利時こそ9着に敗れたが
今年の安田記念は小差の3着。

史上8頭目となるスプリント&マイル
G1制覇の可能性は十分ある。

鞍上は主戦のM.デムーロから
弟のC.デムーロ騎手に乗り替わり。


サトノアラジン

今年の安田記念の勝ち馬で
マイルG1春秋連覇を狙う。

瞬発力を身上とする馬なので
不良馬場の天皇賞・秋は度外視でいいし
全く走れてなかったので疲れも無い。

今回の舞台である京都の高速馬場は
この馬には持って来いの舞台。

G1馬としての貫禄ある走りに期待。

良馬場でやれれば巻き返しは必至だろう。


ペルシアンナイト

皐月賞の2着馬。

前走の富士Sは休み明け、
不良馬場とマイナス要因が重なって
5着に敗れてしまったが、

マイル戦ではその一戦を除けば
【2-0-1-0】と安定している。

今回は使った分の上積みもあるし、
更に鞍上にはG1で9戦連続3着以内と
絶好調のM.デムーロが騎乗。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-3-2-3】
2番人気【1-2-1-6】
3番人気【1-2-0-7】
4番人気【3-1-1-5】
5番人気【1-0-2-7】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【1-0-2-27】
10番人気以下【1-2-1-85】


1番人気は2勝のみと勝率は低いが
複勝率は70%と堅実。

ただ、ここ4年は【0-0-2-2】で連対なし。

また、8番人気以下の穴馬が
過去10年で5回も馬券に絡んでいるので
人気薄の台頭には注意したい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-1-17】
2枠【1-1-1-17】
3枠【2-0-1-17】
4枠【2-5-0-13】
5枠【0-1-0-19】
6枠【1-0-1-18】
7枠【1-1-5-22】
8枠【2-1-1-26】


最初のコーナーまで約700mと長く
コーナーも広く緩いコースで
枠による有利不利はほとんど無い。

データ上は4・8枠の好走率が高い。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【1-1-0-8】
先行【2-2-2-31】
差し【6-5-54-63】
追込【1-2-3-47】


直線が比較的長いコースなので
33秒台を出せるキレのある差し・追込が
結果を残しやすい。

先行勢が上位を独占する可能性は低い。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

1番人気の馬を買っておけば、
あまり悲惨なことにはならない
レースではあるものの、

昨年は3番人気と2番人気の決着で
肝心のサトノアラジンが5着に終わった
マイルチャンピオンシップ。


今年は1番人気で良いのか、
それとも悲惨な結果になるのか…。


特に今年は絶対的な存在の馬がおらず
大混戦模様で難解となっている。


ローテーションの傾向を見ていくと
やはり中心は前走重賞組。


前走でG1を走った馬、
前哨戦のスワンS、富士Sを走った馬、
毎日王冠を走った馬に注目したい。


もっとも、出走馬の多くが
このローテに当てはまっているので
より上位で走っている馬を優先。


次に馬齢別のデータに着目したい。


4~6歳馬が活躍することが多く
特に4・5歳馬は好成績。


3歳馬は過去10年で3着が一回のみで
7歳以上は1着が一回のみ。


7歳以上で勝った馬は天皇賞秋を
勝利して挑んだ2009年のカンパニー。


もう一点、昔ほどではないにせよ、
大穴を狙いにくいレースであることも忘れてはならない。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【エアスピネル
===========

ご存知G1の善戦マン。

なんだかんだ言っても今年はマイル重賞を
2つ勝っているし、状態も文句ない。

前走勝ちの勢いで念願のG1制覇も夢ではない。

だた、この馬には武豊騎手の方が
合っている感は否めない。


対抗は【サトノアラジン
============

このレース4着・5着からの
3度目の正直を狙う。

安田記念を勝ってその資格も十分。

前走の天皇賞は駄目なら仕方ないとした
不良馬場で見事などん尻。

ただ、馬場だけの問題だったかは…。

土曜の雨予報も気になる。


そして【サングレーザー
============

目下急成長中の勢いで前哨戦と
本番の連勝もあり得る。

同枠のヤングマンパワーは、
この馬の活躍を指す言葉かもなどと
サインめいた話もしたくなる。

ゴマカシが通用しないマイルG1で
この馬の将来が占えるだろう。


最後に【レッドファルクス
=============

安田記念のクビ・クビを詰められるか。

それはひとえにG1における距離の克服だろう。


以上を加味した馬券戦略は

◎11.エアスピネル
○ 5.サトノアラジン
▲ 4.サングレーザー
☆ 7.レッドファルクス
△12.イスラボニータ



馬連で5-11.4-11.4-5.7-11.11-12.5-7.
5-12.4-7の8点を買う。

もし馬場の渋化が残るようなら
5番を抜いた4頭で勝負しようと思う。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSでも

競馬の最新ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
11/20(日)に京都11R・芝1600mにて
《マイルCS》が開催されます。





秋のマイル王を決める頂上決戦。


昨年の覇者モーリス、
安田記念の勝ち馬ロゴタイプが
不在で混戦模様となっている。


果たして2016年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?



まずは出走馬を見ていきましょう。


==========
マイルCSの出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斤量 脚質 騎手
1 1 ディサイファ 57.0 差 武豊
1 2 サトノアラジン 57.0 追 川田将雅
2 3 スノードラゴン 57.0 差 大野拓弥
2 4 ロードクエスト 56.0 追 池添謙一
3 5 ヤングマンパワー 57.0 先 バルザローナ
3 6 ダノンシャーク 57.0 差 松山弘平
4 7 フィエロ 57.0 差 戸崎圭太
4 8 イスラボニータ 57.0 差 ルメール
5 9 サトノルパン 57.0 差 デムーロ
5 10 マジックタイム 55.0 差 シュタルケ
6 11 テイエムタイホー 57.0 先 幸英明
6 12 ウインプリメーラ 55.0 先 アッゼニ
7 13 ダコール 57.0 追 小牧太
7 14 クラレント 57.0 先 岩田康誠
7 15 ネオリアリズム 57.0 先 ムーア
8 16 ミッキーアイル 57.0 逃 浜中俊
8 17 ガリバルディ 57.0 差 福永祐一
8 18 サンライズメジャー 57.0 追 四位洋文


以上、出走馬18頭になります。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


サトノアラジン

スワンSでは大外から33秒6の
豪脚で他馬をごぼう抜き。

期待以上の走りを見せてくれた。

全姉にラキシスを持つ良血馬が
5歳秋にしてようやく本格化を迎えた。

一叩きされて馬体も良くなってるし、
待望のG1獲りに向け視界は良好だ。


イスラボニータ

約2年、勝利から遠ざかっている。

マイル路線に転向してからも
一定のパフォーマンスを見せているが、
それでもなかなか勝ち切れない。

昨年の同レースでは出遅れから
追い込んでの3着。

今回は課題のスタートを上手に決めて
久々の復活を期待したい。




ヤングマンパワー

4歳世代の期待の一頭。

前哨戦の富士Sでは古豪を退けて快勝。

アーリントンC、関屋記念に続き
重賞3勝目を手にした。

毛ヅヤも良く、動きも迫力十分で
目下の充実ぶりは際立っている。

マイル路線の世代交代を実現したい。


ミッキーアイル

勝ちきるまではいかなかったが、
高松宮記念とスプリンターズSで2着と好走。

G1での実績はメンバー随一。

距離に関して不安視する声が多いが、
3歳時にNHKマイルCを制しており守備範囲。

ベストではないかもしれないが
今の力を考えれば問題ない。


ロードクエスト

京成杯AHで新潟2歳S以来となる
重賞制覇を挙げた。

得意のマイルで貫録の走りを見せた。

しかし富士Sでは9着に惨敗。

その分、今回はマークがきつくならないので
人気するなら妙味はないが人気落ちなら面白い。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-3-2-2】
2番人気【1-1-1-7】
3番人気【0-3-0-7】
4番人気【3-1-1-5】
5番人気【1-0-2-7】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【1-0-2-27】
10番人気以下【1-2-1-85】


1番人気は複勝率80.0%だが、
近5年は勝利がでていない。

一方で3~5番人気がここ5年では
【3-2-2-8】と安定している。

また、10番人気以下の大穴の
好走もある波乱傾向の重賞。

ただし、7番人気以下が2頭以上
馬券に絡んだケースは1度のみなので
過度な穴狙いは禁物。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-1-17】
2枠【1-1-1-17】
3枠【2-0-1-17】
4枠【2-5-0-13】
5枠【1-1-0-18】
6枠【1-0-1-18】
7枠【1-1-4-23】
8枠【1-1-2-26】


最初のコーナーまで約700mと長く
コーナーも広く緩いコースで
枠による有利不利はほとんど無い。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-1-0-9】
先行【3-2-1-31】
差し【6-5-6-63】
追込【1-2-3-46】


直線が比較的長いコースなので
33秒台を出せるキレのある差し・追込が
結果を残しやすい。

先行勢が上位を独占する可能性は低い。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


=========
予想情報局の総括
=========


秋のマイル王決定戦であるマイルCSは
京都芝1600mで開催される。


まずローテを見ていくと

前走が天皇賞・秋か、
ステップである富士S・スワンSを
使った馬が中心となりそうだが、

今年は天皇賞・秋を使った有力馬が
不在なため、富士S・スワンSを使った
馬が有力となるだろう。


残る有力なローテは
前走・スプリンターズS組だが
距離延長は不安材料だ。


また、4~6歳馬が活躍することが多く
特に4・5歳馬は好成績。


3歳馬は過去10年で3着が一回のみで
7歳以上は1着が一回のみ。


7歳以上で勝った馬は天皇賞秋を
勝利して挑んだ2009年のカンパニー。


人気サイドは比較的に安定しているが
穴馬の激走もある。


しかし、過去10年で前走10着以下、
1秒以上の差で敗退した馬の3着以内なし。


穴馬を狙うなら上記の条件を
満たした馬が良いだろう。


よって、前走富士S、スワンSを使った
~~~~~~~~~~~~~~~~~
4.5歳馬を中心に予想していきたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~




本命は【イスラポニータ


前走の富士Sは2着だったが、
勝ったヤングマンパワーより斤量を
1㎏多く背負い、3/4馬身差。

これは充分逆転可能な差だ。

去年の同レースの3着馬でもあるので
ここは去年の忘れ物を取りに行きたい。


対抗は【サトノアラジン


前走のスワンSを快勝。

今年重賞を2勝と好調だが、
スワンSが1400mだったのが少し不安。

距離延長がどこまで影響するか。


以上を加味した馬券戦略は

◎:イスラポニータ
◯:サトノアラジン
▲:マジックタイム
△:ヤングマンパワー
△:ミッキーアイル


軸馬から手広く勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の最新の競馬ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、更新させて頂きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
11/22(日)に京都11R・芝1600mにて《マイルCS》が開催されます。





秋のマイル王者を決める頂上決戦。


昨年の皐月賞馬イスラボニータ
今年の安田記念馬モーリスらをはじめ
G1馬が9頭も出走し激戦必死。


果たして2015年の覇者に輝くのは一体どの馬なのか!?


まずは出走馬を見ていきましょう。


==========
マイルCSの出走馬
==========


枠 馬番 馬名 斥量 騎手
1 1 ヴァンセンヌ 57.0 川田将雅
1 2 ケイアイエレガント 55.0 吉田豊
2 3 レッツゴードンキ 54.0 戸崎圭太
2 4 ダイワマッジョーレ 57.0 武豊
3 5 イスラボニータ 57.0 蛯名正義
3 6 アルマワイオリ 56.0 勝浦正樹
4 7 アルビアーノ 54.0 柴山雄一
4 8 サトノアラジン 57.0 ルメール
5 9 レッドアリオン 57.0 川須栄彦
5 10 フィエロ 57.0 Mデムーロ
6 11 カレンブラックヒル 57.0 秋山真一
6 12 レッドリヴェール 55.0 アッゼニ
7 13 リアルインパクト 57.0  ボウマン
7 14 トーセンスターダム 57.0 武幸四郎
7 15 ダノンシャーク 57.0 岩田康誠
8 16 モーリス 57.0 ムーア
8 17 ロゴタイプ 57.0 浜中俊
8 18 クラリティスカイ 56.0 横山典弘


以上、出走馬18頭になります。




==============
人気上位が予想される注目馬
==============


イスラボニータ

昨年の皐月賞馬。

今秋は勝利こそ手にしていないが、
毎日王冠・天皇賞と2戦連続3着に入り
馬券圏内を確保。

今回は過去に最も勝ち馬が出てる
絶好枠の3枠を引き当てたので期待。

陣営へのインタビューでも

「この秋で一番いい状態。
 すべてがいい方向にいってる」

と手応えを感じるコメントで、
1年7ヶ月ぶりのビッグタイトルが見えてきた。


フィエロ

昨年の同レース2着馬。

昨年はわずか5センチの鼻差に泣き、
力を認められながらも未だ無冠。

追い切りは若干掛かってしまったが
軸はブレておらず動きも時計も◎。

後は鞍上のミルコが出遅れないかどうかだけだろう。

出遅れてヴァンセンヌやサトノより
後ろになると昨年以上は厳しい。




モーリス

今春の安田記念の覇者。

毎日王冠を背腰の痛みのため回避し
今回は5ヶ月半ぶりのぶっつけ本番だが
調教は順調で臨戦態勢は整っている。

彗星の如くマイル界を制圧した超新星が
今度は“絶対王者”の地位を狙う。

ただ、同レースとの相性が悪い大外の
8枠を引き当ててしまったのが懸念。


サトノアラジン

絶好調の池江厩舎の中でも高い評価を
受ける良血ディープインパクト産駒。

500kgを超える巨体から繰り出される
迫力満点の末脚を武器に、
今年は【2-3-0-0】とオール連対。

鞍上のルメールへのインタビューでも

「反応が良かったですし、
 状態は完璧です。」

と絶好の感触を掴んでいる模様。

馬の素質・厩舎の勢い・鞍上の手腕と
3つの“武器”を持つ同馬にとって、
G1馬9頭の豪華メンバーも恐るるに足らない。


アルビアーノ

前哨戦のスワンSで優勝。

春には3歳マイル王決定戦NHKマイルCで
あわやの場面を演出し2着と実力を示した。

ただ、スプリントの方が向いてる馬で
今回のマイル戦は最後まで脚を使えるかが
勝利の鍵を握るポイントになるだろう。

展開が嵌れば非常に面白い存在。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の人気データを見てみましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-3-1-3】
2番人気【1-0-2-7】
3番人気【1-3-0-6】
4番人気【2-2-1-5】
5番人気【1-0-2-7】
6番人気【0-0-1-9】
7~9番人気【1-0-2-27】
10番人気以下【1-2-1-84】


特筆べき点は3・4番人気がともに
連対率40.0%を記録しており、
1番人気を狙うよりも妙味が高い点。

また、10番人気以下の大穴の
好走もある波乱傾向の重賞。

ただし7番人気以下が2頭以上
馬券に絡んだケースは1度のみなので
過度な穴狙いは禁物。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【1-1-2-16】
2枠【1-1-1-17】
3枠【3-0-0-17】
4枠【2-5-0-13】
5枠【1-0-0-19】
6枠【1-1-1-17】
7枠【1-1-4-23】
8枠【0-1-2-26】


最初のコーナーまで約700mと長く
コーナーも広く緩いコースなので
枠による有利不利はほぼ無い。

ただ、過去データをみると
2~4枠に5番人気以内の馬が入った場合
連対率66.7%と好成績なので注目。


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【0-1-0-9】
先行【3-3-1-30】
差し【6-4-7-63】
追込【1-2-2-46】


直線が比較的長いコースなので
33秒台を出せるキレのある差し・追込が
結果を残す傾向が高い。




=========
予想情報局の総括
=========


マイルCSは人気薄の好走が多く
大穴も狙える波乱のレース。


今回の人気上位組のデータを見ても
素直に買いたいと思えるのはイスラボニータくらいで
唯一ケチをつける部分が見当たらない。


続いての評価が昨年の2着馬フィエロで、
スワンSを最速の上がりで3着以内に絡んだ馬は
75.0%の確率で2着に入っているので
今年も2着か3着に入る可能性が高い。


逆に、最も買いたくない危険な人気馬が
大外の8枠18番に入ったモーリス


このレースは外枠が不利なコース形態で
8枠の馬は過去10年で一度も勝っていない。


もともとの素質は非常に高い馬だが、
今回はリターンよりもリスクの方が高いと判断し
スパっと消しで勝負しようと考えている。


具体的な馬券戦略としては

◎イスラボニータ
◯フィエロ
☆ロゴタイプ
△ダノンシャーク
△アルビアーノ
▲サトノアラジン

基本的にはイスラボニータとフィエロを中心
相手を散らして3連系で幅広く狙っていく予定。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。