宙組さんの『天は赤い河のほとり』のDVD を見てたんです。


この作品は劇場で見て、それまでずっと、まどか全然好きじゃないと思ってたのに、一発でスッテーンと

まどか、すげえいい……!!!!

と、突然、まどかすごくいい!に変化した作品ですので、何度見てもやはり、星風まどかさんがいいですね〜


この作品のクライマックスで、ユーリまどかが
「私、、帰らないよ!」
と、現世日本に戻らず、古代ヒッタイトで、カイル真風と生きていく決断を自分でするものすごく良いシーンがあるのですが、

千秋楽のライブビューイング、または、タカラヅカニュースの千秋楽の映像を見た方にしかわからないかと思うけど、
退団する星条海斗さん(マギーりつこ)が袴で銀橋で
「私帰らないよっ!!」
という渾身のギャグをかましたせいで、なんかもう、それ以降dvdで見ても、
ものすごいいいところなのに、なんかもう、
DAINASHI!!!!!!!!(笑)

あ〜〜もうりつこ!!!w
おちゃめすぎるし、おてんばや。

「私、帰らないよ!」
からしばらく気が散りますが(りつこ旦那さんのツイッターのアイコンの顔も脳内に浮かんでくる始末)、その後のまどかの
「全軍…旗をあげろォッ!!!!!」
がこれまた良いですね。かっこいい。

(この前のカラオケにて)
トロピカルカクテルトロピカルカクテルトロピカルカクテルトロピカルカクテル


シトラスの風を何度も見てしまいますが、
男役は、ビシッと揃った動きがかっこいいというのは当然あるはずですが、
この、
真風涼帆さん
芹香斗亜さん
愛月ひかるさん
の、全く揃ってないというか、揃える気はあるのか謎すぎる、各自好き放題に変な角度とかつけたり折れ曲がったり、くねくねしたり、なんか、自由度高い感じがすごく好きで、今後も、他の人のことは気にせず、各自の思うように好きなようにやってほしいと心から願っています。
なんか、
アモ〜♪
のところとか、一応同じ振り付けのはずなのに、各自、好き放題にやりすぎじゃないですか?長身の長い手足を生かしたそれぞれの好きな角度で各自やりたいようにやっていて最高…

退団後の星条海斗さんの新婚生活おのろけSNSがかわいくてかわいくてたまらないのですが、
私は、やはり、宝塚を見始めたのも遅かったのもあり、基本的に、タカラジェンヌさんは同世代か年下だし、なんか、いくらかっこいい男役でも、全く男性としては見てないし、ひとりの独身女性としか思ってないし、
かっこいいより、
かわいい!!!
と思うことの方が多いです。

さすがに、いしさんとか、あきらさんとかちぎさんとかは、かわいいより、完全にかっこいいですが…w


基本的には、男役も、みんな女の子にしか見えないから、かわいいと思いますねえ。

さゆみさんとか、かわいすぎるしな。
かっこつけてても、「かっこつけててかわいい!!」と思ってしまう…ハート


女性ファンから見た宝塚の男役への気持ちはそれぞれなんだと思いますね〜

それこそ、まるで男性のように愛しちゃってるファンもいるみたいだし…
各自好きにすれば良いですな。

基本的に、独身女性であるタカラジェンヌさんが自分の人生に何かしてくれるわけではないので、せいぜい、舞台で楽しませてくれるとか、楽しみな観劇が予定にできるとか、なんかそんな感じと私は思ってるので、そのへんの線引きは私はわりとドライですw
ハマったところで、私に何かあるかっていったら、ないからな。


百歩譲って、独身女性の場合は、バンドマンとかお笑い芸人とかジャニーズの方が男なだけ、まだ可能性あるな。
私の感覚だと思います。
タカラジェンヌは基本的に、追いかけたところで何もないからな。いやそれを言ったら元も子もないんですがw

見ていて楽しいし、楽しみをたくさんくれているから十分ですよね。

うーん、はっきりと物を言わないせいで、伝わりにくくなりました。