結膜炎jはあるけどもう大丈夫

 

大雨予報の出ていた日に保護されました

みかちゃんです

 

5月20日、テレビの天気予報は何時に見ても

「夜から大雨に・・・土砂崩れに注意を」

と繰り返し言っていた日です。

 

そんな日の夕方、猫の不妊活動をしている深大寺北町で保護されました。

 

保護直後、息があるのか心配なほどぐったり

 

うちに到着したときには写真のようにぐったり。

怪我などはないのですが、何日も食べていなかったようで

とにかくガリガリに痩せ、もう立てないほど衰弱をしていました。

 

こんなにぐったりでも幸いミルクはゴクゴク飲み、

脱水もしていたため皮下補液もして、

「よかったなんとか間に合った!」という感じでした。

 

これが2時間でも遅かったら雨に打たれ、命を落としていたことでしょう。

屋久島では数百人もの人が土砂崩れで足止めを喰らった大雨でした。

雨が降りだす前で本当に良かった。

 

今は風邪をひいて結膜炎もありますが、きっと強い子なのでしょう、

保護したときからはずいぶんと元気になっています。

 

マコトも目が開き、周りの事が分かるようになってきています。

おチビ2匹でハハは大変ですが、がんばってます!