マーダーミステリー「千秋楽の殺人」 | 即興ドール

マーダーミステリー「千秋楽の殺人」

マーダーミステリー「千秋楽の殺人」

 

 

 

 

【基本情報】

プレイ人数:4名

 

GM:GMレス可能

 

GMがいた方がスムーズです。

製作者GMのご依頼はhttps://lin.ee/eVXh4z7まで!

おひとり1000円で承ります!

 

所要時間:1時間程度(感想戦除く)

 

必要な環境:音声通話環境&シナリオPDFファイルを開けるネット環境


メリーバッドエンド有

 

☆生配信大歓迎!ご一報ください💕

 

 

【流れ】

① 導入

② キャラクター決定

③ 共通情報確認と共通シナリオ読み上げ

④ 個人シナリオ読み込み15分

⑤ 議論タイム1 15分

⑥ 上演 15分

⑦ 議論タイム2 15分

⑧ 投票

 

【1、 導入】

ここは小劇場「飛行劇場」。

上演中の演目は劇団「エアポート」の「その愛人の名、」。

コロナ禍ということもあり、劇団では15分間の短編芝居を

各回たった一人の観客のために上演すると言う実験的な公演を行なっていた。

日曜夜20時の回、この公演の千秋楽。

カーテンコールを終えて楽屋に戻った俳優たちは楽屋のトイレで刺されて死んでいる演出家を発見する。

劇場にいて犯行可能だったのは、主演女優・相手役の俳優・新人若手俳優・そしてたった一人の観客。

(音響照明はお互いのアリバイを確認でき、

舞台監督は舞台袖の常に役者たちが舞台上から確認できる位置におり、

受付スタッフは常時ロビーの防犯カメラに写っていたものとし、容疑者から外れる。)

   

 開演直前にはぴんぴんしていたはずの演出家。

 犯行時刻は、芝居が上演されていた15分間。

 芝居を再現しながら、犯人を探せ!

 

    

 

【2、 キャラクター決定 & 基本情報】

下記のキャラクターからお好きな人物を選んでください。

基本情報は全員がいつでも確認可能です。

 

選択キャラクター

 

A女優:女美優(めみゆ)

27歳 劇団の看板女優

5年前から劇団エアポートに所属している。

舞台上での堂々とした姿とギャップがあり、プライベートでは気弱な女性。

この短編では主演の「ビューティ・ルージュ」役を演じている。

 

B俳優:俳原優次郎(はいばらうじろう)

35歳 劇団の実力派俳優

劇団エアポートの旗揚げメンバーであり、役者たちを引っ張っていくリーダー気質。

この短編ではビューティ・ルージュを愛人として囲う「ロックドドア」を演じている。

 

C新人:新田人(にったなおと)

22歳 劇団の新人若手俳優

オーディションを受けて「エアポート」所属になったばかり。エアポートの作品に出るのは今回が初めて。

この短編では屋敷の執事「ストアウト 」を演じている。

 

D観客:客観介(きゃむらかんすけ)

40歳 劇団結成時からの大ファン

毎回の公演に足を運び、ほぼ全てのグッズを購入している。

日曜20時の回の観劇権の抽選に当たり、たった1人客席に座っていた

 

 

【3、共通情報確認と共通シナリオ読み上げ】

 

全員が共有している情報と

オープニングのシナリオです。

 

PDFの指示に従って、共通シナリオをみんなで読み上げましょう。

 

共通情報ダウンロードページへ

 

※ごくまれに、サイト不調でダウンロードができない場合がございます。

その場合は大変恐縮ですが住吉のLINEまでご連絡いただければ対応させていただきます。

住吉がご連絡取れず、お急ぎの場合は

boothからダウンロードをしていただく形となります。ご了承ください。

booth

 

【4、シナリオ読み込み】

 

このあと、それぞれのキャラクターのシナリオを読んでいただきます。

シナリオの読み込み時間は15分間です。

 

シナリオはそのあとも何度でも読み返すことができます。

議論中はシナリオを直接読み上げることはせず

全てのキャラクターが嘘をつくことも可能です。

 

真相に近づきながらも、それぞれの人物にとって大切だとかんじることを守りつつ

楽しんで演じてくださいね!

 

個人シナリオダウンロードページへ

 

【5、議論①】

 

事件現場の楽屋にて

15分間議論を行います。

シナリオは何度でも読み返すことができます。

このセリフから始めてください。

 

俳原「そもそも、演藤を殺す動機がある人間はこの中にいたのか?

俺たちは親友だった。殺そうだなんて思いもしなかった。

…と、自分で言っても信じてもらえないよな。

お互いのことで知ってることを話そうぜ。」

 

【6、上演】

議論だけではおたがいのアリバイがはっきりわからないと考えた四人は

「その愛人の名、」を上演してだれが演藤を殺害可能だったか検証してみることにしました。

配役は本番と同じく

八女:ルージュ

俳原:ロックドドア

新田:ストアウト 

を演じることとなります。

ト書きは読みません。「台本」はP1からP5まであり、1ページあたり3分ほどで上演されていました。

人を刺してトイレに押し込むにも、3分は必要であると考えられます。

客村は本番同様、観客として劇を見ながらだれが殺害可能かを考えることができます。

「台本」は劇がはじまって終わるまでの間しか読むことはできません。

議論②から投票まで読み返すことはできません。

 

台本ダウンロードページへ

 

 

【7、議論②】

 

事件現場の楽屋に戻り、15分間議論を行います。

追加情報がいくつか蘇ります。

「台本」を読み返すことはできません。

 

追加情報ダウンロードページへ

 

【8、投票】

一斉に投票を行います。

この4名の中の人物から投票を行ってください。

 

 

 

【9、エンディング】

 

 エンディングは5通りです。

① 八女が最多

② 俳原が最多

③ 新田が最多

④ 客村が最多

⑤ 同票の場合

 

それぞれのページをお読みください

エンディングシナリオダウンロードページへ

 

 

真相・解説へ