きみのせいチケット新制度説明 | 即興ドール
2018年09月01日

きみのせいチケット新制度説明

テーマ:きみのせい
ついに、
1年半ぶりの新作本公演
きみのせい。
チケット予約開始は
明日9/2 10:00
となりました。




さて

今回チケットについて変化した部分を
お知らせします!!





まず、チケットフォームが
Platformメンバー統一
となりました!!!


観劇に詳しいお客様の気にされる
「扱いチケット」配慮問題
(知らないかたは気にしないでくださいまし)
これをなくすため、ついに乗り出しました。
赤字を免れるためには
全員で500枚のチケットを売り上げる!
(公演全体としてはもっと目標は高いです。)

ひとりが30枚や40枚売ればあとは関係ない
とか
他の人を出し抜いて
自分から買ってもらわなきゃ!

そうした時代は終わりました。
(実際そんな人いないけど、仕組みとして。)

Platformは全員で赤字を回避し
全員で豊かになることを選びます。

※また、Platformでは今後客演先でも
メンバー同士は可能な限りこうした制度をとります。
※出演決定時に客演だった櫻井は今回は
客演さんと同じ位置づけです

客演さんフォーム
というのは変わらずあるので
もう少しだけ
仕組みを説明しますね。

チケットで皆様にいただくお金4000円は
ざっくりと
①劇場費用
②衣装や小道具や大道具などの費用
③スタッフさんの人件費
④キャストのギャランティ
というように配分されます。
仮に④が1000円とします。

客演さんフォームからのご購入
→1000円をひとりの客演さんに
Platformフォーム
→メンバー21人で50円ずつ
(実際は出演メンバー 出演しないメンバー2:1)

Platformに普段からお越しのお客様で
客演さんも応援したい方から
「どちらから買えばいいの?」と
ご質問を受けたりすることがありますが

団体としての回答は
基本的に、その迷いを持たれる方については
団体からご購入いただけると助かります。
もともと常連のお客様が
客演さんフォームをご利用になると
上記の通りPlatformメンバー視点
赤字をもたらすことと同義なるため
そうしたことが続く客演さんを
お呼びすることが難しくなってしまうのです。

Platformでお呼びしている客演さんは
みなさまファンのいらっしゃる方々です。

よく「集客力」という言葉を耳にしますが
歪んだ使われ方をしている場面を目にします。
「集客力」というのは
独自のファンを出演先に呼び込んだり、
新規のお客様を呼び込んだりする力であり
もともと観に来る予定のお客様を
自分の名前で予約させる力ではありません。

だからといって逆に団体から買わなきゃ!
とも思いすぎないでくださいねー!
この客演さんのファンだよ!
ダイレクト課金したい!!
というかたは客演さんフォームへ!


早割、早期特典つきました!


10/8までのご購入で
ペア・トリオ割がお得に
さらに先行入場可能
→好きな席が先に選べる!

チケット料金、キッズ、学割もあります!
またペア割と同時にトリオ割引も誕生!!
ぜひPlatformを大切な人にご紹介ください!

今回もリピート特典あります!
でかブロマイド特典チケット
あります!






ぜひぜひお楽しみください!


住吉美紅さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス