【食育クイズ:Vol.1051】

 

「京都府」の「料理の神様文化」

おさらいクイズ! 
料理の神様、藤原山蔭を祀る「山蔭

神社」は、何神社の境内にある?

 

 

 

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

【食育クイズ:Vol.1050】

 

(「京都府」の「花街文化の歴史」お

さらいクイズ! 
上七軒花街発祥のきっかけとなった神

社名とは?)の

 

 

↓↓↓↓↓↓正解と解説↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

【解説】

 

その創建が、「平安時代」と言われて

 

いる「京都、北野天満宮」は、九州の

 

「太宰府天満宮」と共に、「天神信仰」

 

の中心とされる「古きゆかしき神社」

 

で、「京都民」からも「天神さん」、

 

「北野さん」と呼ばれ、親しまれてき

 

たと言う経緯があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「天神さん」は、現在では、「学問の

 

神様」として数多くの人達からの信仰

 

を集めている事で知られています。

 

「室町時代」の1444年に、「麹製造」

 

を司る「麹座」の本所となっていた

 

「天満宮」の一部が、麹製造の独占権

 

を巡るトラブルに遭遇し、焼失してし

 

まったそうで、その再建をした際に、

 

残った資材を使って、「天満宮」の側

 

に「七軒の茶店」を建てたと言うのが、

 

現在まで残る「上七軒花街」誕生の由

 

来となっているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後「安土桃山時代」になると、

 

「天下人」となった「豊臣秀吉」が、

 

この「北野」の地で、「大茶会」を開

 

いた時、「上七軒の茶屋」側は「おも

 

てなし」として「御手洗団子」を献上

 

したところ、「秀吉」は大いに褒め、

 

団子を扱う特権と茶屋株を公許したと

 

言う逸話があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以来、その事がきっかけとなって、本

 

格的な「茶屋」による「門前商売」が

 

始まったそうで、その後の「上七軒」

 

が「花街」として繁栄する礎が築かれ

 

たと言う経緯になるそうです。

 

 

 

 

 

ちなみに、「京都」の他の四つの「花

 

街」の誕生が、「江戸時代」になって

 

からだそうなので、「上七軒」が「京

 

都の花街、発祥の地」と言う事になる

 

訳なのです。

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓答え↓↓↓↓↓↓↓

 

2.北野天満宮

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

【食育クイズ:Vol.1051】

 

本日も、「関西地方(三重県、滋賀県、

 

和歌山県、奈良県、兵庫県、京都府、

 

大阪府)」の「食文化」をテーマとし

 

た地域社会の在り方や、昔から先人た

 

ちが培ってきた、文化や伝統、歴史等

 

の素晴らしさを、クイズを楽しみなが

 

ら知見を高め、共有して参りましょ

 

う!

 

さて、本日は、「京都府」の「料理飲

 

食の神様文化」について、おさらいク

 

イズ(Vol.255)にチャレンジ致し

 

ましょう!

 

 

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

「藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)卿」

 

は、「平安時代前期(9世紀)」の「公

 

卿」で、「四条流庖丁式」の創始者と

 

して知られている人物です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「四条流庖丁道」とは、「平安時

 

代」発祥の「日本料理」の流派となっ

 

た調理法で、「庖丁」と「真魚箸(ま

 

なばし)」のみを用いて、「鯉・鯛・鰹」

 

等の食材に、一切手を触れることなく

 

捌(さば)いていく事から、別名「庖

 

丁式」とも言われていて、「藤原山蔭

 

(四条中納言)」が、「光孝天皇」の勅

 

命により「庖丁式(料理作法)」の新

 

式を定めたことに由来すると伝えられ

 

ている「料理作法」の事を言います。

 

 

 

 

 

「平安時代初期(9世紀)」の頃は、

 

「遣唐使」にょって「中国・唐」から

 

伝えられた「食習慣」や「調理法」の

 

影響があり、それが「日本古来」から

 

あったものと、「融合」され、「消化」

 

されつつあった時代であり、新たな

 

「日本料理」の姿として体系化する必

 

要があった時代であると推測されてい

 

ます。

 

「山蔭卿」は、その当時において、

 

「最新の日本の料理作法」を、自身の

 

持つ深い見識に基づいて、「故実(知

 

識、儀礼、行事、習慣、制度等々…、

 

説得力のある根拠や規範の事)」と言

 

う形で集大成化し、結実させた事によ

 

り、それが、「山蔭卿」が「日本料理

 

中興の祖」と言われ、「料理の神様」

 

として祀られている所以となっている

 

訳なのです。

 

 

 

 

 

さて、本日は、この「藤原山蔭卿」を

 

「御祭神」として祀ってある「京都」

 

の「とある神社」について、おさらい

 

クイズにチャレンジ致しましょう!

 

 

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

「京都、山蔭神社」は、「料理飲食の

 

神様」と言われている、「平安時代、

 

前記(9世紀)」に活躍した、「藤原山

 

蔭卿」を祀っている「神社」の事を言

 

います。

 

 

 

 

 

 

 

 

「山蔭神社」の歴史は新しく、「昭和」

 

になってから創建された「神社」であ

 

り、「山蔭卿」自身が創建した「○○

 

神社」の境内に鎮座しているそうです。

 

問題:「京都、山蔭神社」では、毎年

 

5月8日になると、「山蔭神社例祭」

 

を執り行っていて、「料理飲食業界」

 

の繁栄を祈願して、「生間(いかま)

 

流庖丁式」が奉納されるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それでは、この「山蔭神社」は、

 

どの「神社」の「境内」にあるでしょ

 

うか?

 

次のうちから選んで下さい。

 

1.田中神社

 

 

 

 

 

2.吉田神社

 

 

 

 

 

3.岡崎神社

 

 

 

 

 

 

4.熊野神社

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓答えはここから↓↓↓↓↓ 

 

 

 

 

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

大阪市立大学の研究グループが、大豆

 

などに含まれるイソフラボンが肺気腫

 

や慢性気管支炎などの「COPD(慢性

 

閉塞性肺疾患)」の予防効果を有するこ

 

とを明らかにしました。

 

食Pro.お薦めの「大豆ミート」は、

 

少量摂取でも人にとって必須な「タン

 

パク質」「食物繊維」「核酸」などの栄

 

養素が摂取できるように、大豆の油脂

 

分を除いてから作っています。

 

必要な栄養素が原料大豆の約1.2倍

 

以上となり、濃縮された分だけ、多く

 

含まれています。

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

★大豆プロテイン100g中に植物性

 

たんぱく質が50g!(半分がたんぱ

 

く質です)

 

★低脂質(2.7g)です!

 

★高食物繊維(20g、腸内発酵を促進

 

し、腸内健康の源となります。)

 

これを毎日食すると腸内発酵が促進さ

 

れ、お通じが良くなり、腐敗から発酵

 

にチェンジするので、おならが臭くな

 

くなります。

 

デドックス効果で身体もスッキリ!!

 

每日の食で「医者いらず!薬いらず!」

 

低脂質!ダイエットに最適な高たんぱ

 

くプロテイン!

 

国産の遺伝子組み換えでない大豆だけ

 

で作った「みそちゃんおじさんオリジ

 

ナル」の「スーパープレミアム大豆プ

 

ロテイン」です!

 

毎日の食に取り入れ、病気になりにく

 

い若々しい体を維持しましょう!

 

 

 

 

↓↓↓↓↓ここから入手!↓↓↓↓↓

 

https://6jika.thebase.in/

 

青森産大和しじみのお味噌汁!限定徳

 

用セットはここから入手!↓↓↓↓↓

 

 

 

 

https://6jika.thebase.in/items/25021970

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

国産の食応援「和乃家(わのか)」は、

 

日本の食の安全保障として日本人の命

 

と健康を守る活動をしています。大豆

 

ミートをはじめ、食に関するいろいろ

 

な情報を発信していますので、よろし

 

かったら一度遊びにきてくださると嬉

 

しいです。「いいね」もしてくださる

 

と、情報更新のお知らせが届くように

 

なりますのでなお嬉しいです。

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

https://www.facebook.com/kokusanwanoka/