昨日書いた、「エンカウント」(英語からの造語っぽいです。ブロ友さんに教えてもらったんですが、RPG内でよく使われているので、ゲーム系ネットスラングかもしれないらしいです)からちょっと引っ張って書いてみます。

 

日本語の中の外来語って、バイリンガルの人にとっては混乱要素だと思うんですよね。

 

私は車系とか、けっこう意識しないとやばかったです。

(運転時の「ウインカー」出したつもりがワイパー発動!だけじゃなく。笑)

 

昔、アメリカ人の友だちにバカウケしたのが、

 

「ナビゲーターシート」えーん

 

「助手席」がとっさに出なくて、ナビシートって言うから、短縮せずにちゃんと言えば通じるかな?って思ったんですが…とほほショボーン

 

「わははははは!!何やエライたいそうな名前になったな!!日本語ってスゲーな!!!」と爆笑されたんですが、

 

アメリカでは一般的に、助手席のことを「passenger seat(乗客用座席)」と呼ぶのです。

 

 

 

上に書いた「ウインカー」はイギリス英語だそうで、アメリカ英語だと「blinker(目をパチパチする、がblinkです。winkerからそう遠く無いですね)」とか「turning signal(文字通り、曲がる時の信号)」です。

 

 

車用語は、イギリス英語、和製英語といろいろ混ざっていて、特に混乱しやすいかもしれません。

 

いわゆる「ボンネット」もイギリスでは通じるようですが、アメリカでは「hood」です。

 

ちなみに、パーカの「フード」と同じ単語だったりします。

 

何かに被せるイメージの単語なんですね。

 

 

あ、そういや日本で初めてオイルチェンジした時に、

 

「エレメントどうしますか?」って聞かれて、何と答えたら良いのか全く分からず非常に困ったことがありました(遠い目)。

 

だって…elementって、「成分」「要素」「元素」などのことですから、そもそも何の「要素」なのかが分からず…滝汗

 

夫に聞いたら、めっちゃ省略されているけど意味が分かったらしく、解説してくれたんですが、もう覚えていません(爆)

 

あと、フロントガラスは「windshield」で、風よけの意味です(笑)

 

何だかんだ言って、車関連用語は生活に密着してるので、生活英語を身につけようと思っていらっしゃる方は、意識して分けて覚えることを推奨いたします〜!

 

 

いつもお越しいただきありがとうございます♡ 

ほんでいいね!やポチをありがとうございます!

 

おかえりの前に本日もポチポチッとしてもらえると、歓喜のあまりみーが踊ります♬(おい)

 

AD

コメント(4)