今回の西日本の豪雨、

 

日が経つにつれ、

こんなに大ごとだったんだ、と思う事ばかりです。

 

 

 

 

 

暑い日が続く中で、

復旧作業だったり、日々の生活だったり、

これからの事。

 

 

 

 

もう遥か昔ですが、私の田舎の実家も

集中豪雨で2階まで浸水被害にあったので、

その後の大変さもよく分かります。

 

色々思い出しました。

 

 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+

 

 

 

家の近くの高台に祖父母の家があったので、

その日は家族で避難しました。

ひざまで水につかりながら。

 

 

 

ものすごい雷と雨の音。

見た事のないような雨の降り方で、

みるみる自分の家が茶色い水に浸かって

行くのを眺めていました。

 

 

 

大きな家具や、どこかの家の車が

どんどん流れてきたり、

プレハブの建物が傾いて消えていくのを

眼下に見ながら、

 

「ここまで水がきたらどうしよう、雨止んで!

 

と、ずっと思ってたのを覚えています。

 

 

 

 

 

水が引いた後は、辺り一面ヘドロだらけの

無残な姿に、ただ茫然としていました。

母は泣いていたけれど、子供は何が起こったのか

理解しきれてないというか ( ̄ー ̄;

 

 

 

 

その後はひたすら

家の片付け掃除、片付け掃除で。 

 

 

何で?って思ったし、

時間もかかりましたが、

少しづつ、少しづつ、生活は戻っていきました。

 

 

今になれば、なかなかできない体験

をしたんだなと思っています。

 

 

 

 

 

その時に、救援物資のお世話にもなりました。

 

 

 

ただ、段ボールに何が入ってるのか

開けるまで分からないものもたくさんありまして。。

 

破れてる服とか汚れてる下着とか、

夏なんだけどチョコレートが入ってて中で溶けてたり、

野菜とか食べ物が入っててカビてたりとか (x_x;)

現地では、うーん。。と思われてたのも事実です。

 

 

 

 

今になれば、ああ良かれと思って

送ったんだろうなと思うのですが、

結局使えないもの、食べられないものは

ゴミになって負担になるだけだったりで。

 

 

 

物を送るのならば、確認して、必要な物を

必要な所に届けないとだなと思いました。

 

 

 

 

 

そして。。

 

 

色々な考え方の方がいるけれど、

以前本の感想文で書いたLICAさんのブログの記事、

あ、そう、この感じ、分かる。。

とすごく腑に落ちました ☟

 

 


 

 

 

 

 

今、わたしは

変わらない日常を送れる状況にある。

 

 

必要以上に悲しむ事はないし、

必要以上に心配しなくてもいい。

 
 

 

 

 

変わらず日々を充実させて

過ごしていけばいいんだなと。

 

 

 

 

その中で、自分ができる事、

手伝える事をしようと改めて思いました。

 

 

 

 

とりあえず、
浸水したお家の掃除などに必要な「タオル」、
募集が始まっているとの事。

家にもらい物のタオルが結構たまってたので
出してきました。

 

 
物は必要な所に必要なものが行かないと
かえって迷惑になると思うのですが、

 

あと先立つものは。。やっぱりお金ですかね。

 

 
 
 

災害支援リサイクルセンター

タオル(使用済み可)の募集 
【 送料は必ず元払いで 】 

http://recycling-center.net/

 

 

 

★yahoo等、ネットからできる緊急支援募金先 ☟

https://docs-donation.yahoo.co.jp/report/nishinihon201807/

 

 

 

いま、自分にできる範囲で。
 
 
長くなってしまいましたが、
お読みいただきありがとうございました 
星 星