色々と思うこと

テーマ:

私は多分、一生出来た人間にはなれないな。

悪口を陰で言われたら腹も立つし、落ち込むし。

でも、多分自分が悪いんだろうとは思っている。

 

今の自分の性格は一生直らないし、我慢も出来そうにない。

 

でも、やっぱり自分が悪いんだろうなって思うことは沢山あるよ。

色んな人の親切や楽しかったこともすべて自分が壊しているよね。

 

この年になって出来た若い友達って言える子も

ちょっとした一言で傷つけたりもしたんだろうね。

 

それでも多分一生直せそうにないよ。

努力はするけど、直す自信も無いしね。(-_-;)

 

てくてくは今は沢山の子ども達が来てくれて

私もそんな子達に少しでも楽しんで貰えたら嬉しい。

 

私も給料だけでてくてくを維持して行くのは無理だから

年会費や騎乗料は格安で貰っているけど

それもすべて馬達や施設の維持費に使っている。

自分に入って来るどころか、何十万も出費しているよ。

 

それでも頑張れるだけ続けて行きたい。

 

完璧な人間なんていないんだよ。

あなたは完璧かな?

人の悪口を言えるぐらい完璧かな?

 

子ども達がてくてくで物足りなくなって

他に行くときは卒業と思って笑って見送りたい。

他に興味が出来て来なくなっても、卒業できたねって笑顔で見送るよ。

 

見送った分、新しい子ども達が増えているしね。

てくてくを必要としてくれている子ども達が沢山いるよ。

 

乗馬クラブみたいに整った施設では無いけれど

出来る範囲で無理をしない程度に頑張るよ。

 

気を使わずに、卒業していも良いんだよ。

でも、ずっと居たい子はずっと居ても良いよ。

てくてくが居場所だって思ってくれる内はずっと居ても良いんだよ。

 

てくてくは応援してくれている皆のお陰で頑張れているんだから。

今週の水曜日に空地に放牧していたあかりの足から

血が蹄まで滴っていました。

ぱっかりと15センチほど深く切れていて

応急処置で消毒をしてから

以前にアメリカの友達から貰ったパウダーを振りかけました。

とにかく乾燥させて血を止めることと思ったから・・・・

 

そして今日で4日目、あかりの傷口は広がっていて

乾いてはいるものの、痛々しい状態になっていました。

 

昨日まではかなり腫れていたみたいですが

今日は少し腫れが引いていますが、それでも痛々しいです。

 

取りあえず、いつも呼んでもなかなか来てくれない獣医さんですが

今日は怪我が酷いと思ったのかすぐに来てくれました。

良心的な金額で薬を分けてくれました。

個人で飼っている大型ペットの治療は殆どボランティア価格で

見てくれているので感謝です。

 

傷は化膿もしていないし、乾いているようなので大丈夫とのこと。

友達から貰ったパウダーが活躍したようです。

1ヶ月ぐらいは安静ですね(-_-;)

 

そして、暫く相手が出来ていないアンディと散歩に行きました。

途中で止まったりしましたが、私を追い越すことなく

大人しく落ち着いて歩くことができました。

 

そして、馬場で待ての練習

 

 

時々こちらを見ているのは動画を撮っている息子が手招きしているから

 

 


 

待てを理解しているかどうかは解りませんが

ラッキーの時よりは楽に馴致が出来ています。

 

 

あかりと言う馬その2

テーマ:

私を蹴って追い運動でクタクタになるまで走らされ

次の日、主人を噛んで追い運動で走らされ

 

そしてその次の日、私は追いムチと引手を持って

あかりの馬房の入り口であかりを呼んだ。

「あかり」と呼ぶとあかりは横を向き顎を柵に乗せたまま

私を無視した。

2、3度呼ぶとあかりは横眼で私を見て無視。

私が少し追いムチをチラつかせると仕方なく、私の方へ寄って来た。

 

私が引手を付けずに歩き出すとあかりは素直に付いて来た。

洗い場のあたりであかりはいつも入るのを嫌がり踏ん張って動かなくなるけど

今日は自分からスタスタと洗い場に入って定位置で止まった。

 

これがあかりの服従した態度なので今回のことはこれで許そうと思う。

 

あかりは私を蹴る前に

蹴るよ。蹴るよ。それ以上近づいたら蹴るよって合図を出していた。

多分見ていないけど主人を噛む時もそれなりの合図を出していたんだと思う。

 

自分の身を守るためには細心の注意をして

馬の態度や些細な動きを見極めて接する必要がある。

今回のことはそういう馬の感情を無視して私達が近寄ったので

自分たちに非があるのは解っている。

 

ただ、馬が上位に立つのは許されないこと。

それを許してしまうと、触ることさえ出来なくなり

手入れも出来ず、悲しい末路になってしまう。

 

そうならないためにコミュニケーションを取り

ボスとして認めて貰わなければいけない。

 

蹴られた、噛まれたなんてことを書くと

あかりに対して怖いとか馬が怖いとか思われるかも知れない。

だから、乗馬クラブなんかは何かあってもマイナスなことは書いたりしない。

 

私は書くことで馬が怖いと思っても良いと思っている。

それぐらいの方が安易に馬に近づいたりしなくなり

少しずつ馬を理解してくれた方が良いと思っている。

 

馬はやさしい動物。人を傷つけたりしないなんて思わないこと。

ちゃんと決まりを守り、接する時も馬の感情を読み取り

安全第一で乗って欲しい。

 

プロの調教師の方なら、ちょっと違うんじゃないって思われるかも知れなけど

私達も馬を飼いだしてたった4年目。

知らないことだらけ。

だから探りながら、これからも失敗もしながら学んで行きたいと思っています。

 

若い馬ばかりでこれから良い子になるのも悪い子になるのも

飼い主次第だと思うと、責任重大ですね。

でも頑張ります。

 

 

 

 

あかりという馬

テーマ:

あかり今年で4歳。

てくてくに来て3年が経ったけど、いまだにコミュニケーションがうまく取れていない。

 

ラッキーも1歳で来た時は去勢されていなくてかなり苦労をした。

引っ張られて引きずられたり、噛まれたり。

今ではとても大人しくて信頼できるし、心が通じているのが解る。

 

その点、あかりはどうも気持ちが空回りしている。

最近はアレルギーが出て痒みでイライラしている。

 

5日前にあかりの馬房に入るとお尻を向けて来た。

そんなことは割と再々あったけど、蹴られたことがなく、

その日も馬房に入り、虫除け用の馬着を脱がせようとすると

お尻を向けて来た。

それでも、蹴る訳が無いと勝手に思い、近づくとバックして

お尻を押し付けて来た。

手でお尻を押し退けようとしたところ、蹴ってきて

蹄が太ももに当たった。

 

大根足を披露したい訳ではないけど

太ももは青あざになり、蹴られた反動で後ろに倒れ、

頭を鉄骨で強打した。

蹴られた痛みより頭を打った痛みで抱え込んだ手に

血が噴き出している感覚が伝わって来た。

でも、血は出ていなくて頭が腫れて来たのが解った。

蹴ったあかりに腹を立て、ムチを振り回し追い運動をさせた。

 

主人にそのことを告げて、馬房に入るときに気を付けるように伝えた。

次の日あかりは主人を噛んだ。

そして、また怒られて追い運動をさせられた。

 

3日ほど馬着を着せていなかったら、またブツブツと蕁麻疹が出ていた。

 

今日は新しい虫除け馬着がイギリスから届いたので

着せてみた。

大きめを買いすぎて、ぶかぶかだけど気にいってくれてるかな?

ラッキーとアンディ

テーマ:

アンディが大分落ち着いてきて、普通に散歩が出来だしました。

 

道草を食いたいのですが、我慢させます。

決まった場所でのみ食べさせます。

アンディ1歳4か月、ラッキーの時と比べたらずっと楽に馴致が出来ています。

このまま去勢しなくても大丈夫かな~?

 

草を食べていても、少しリードを曳くと付いて来ます。

 


 

ラッキーはこの年の頃は私を噛んだり、立ち上がって襲ったり

結構大変でしたが、

今では一番信頼が出来るパートナーになりました。

 

 

 

お盆休みに

テーマ:

主人、最近18時から21時ぐらいまでのバイトに採用されました。

昼間はずっと馬達の世話をしています。

 

たった3時間程度のバイトですが、お盆休みは3日間あります。

今日から3日間を使ってゲートの修理。

 

すべて手作りなので耐久性があまりない、木製のゲートが

馬達がかじったり、雨風で腐りかけているので

簡単ゲートを作りました。

 

 

ご希望の方、この板に絵を描いて下さい。

 

 

去年の4月30日に産まれた僕アンディ・ルッカ

まだ痩せっぽちで誰も乗せれないけど

色々頑張っているんだよ。

 

今日は削蹄してくれるお兄さんが来たんだ。

ちょっとお尻をカジカジしたら怒られた💦

 


 

産まれてから3回目の削蹄だけど、大人しくしていた方だよね。

 

削蹄が終わってから

子ども達が来て、あかり姉ちゃん、くるみ姉貴、ラッキー兄ちゃんが

お仕事している間、僕はずっと寝てたんだ。

 

だって、まだまだお仕事は出来ないからね。

でも、ちゃんと勉強しているんだよ。

車に乗るんだって、最初は怖かったけど

 


ラッキー兄ちゃんは簡単に乗るけど

それだって、最初は僕みたいにちゃんと練習して乗れるようになったんだよ。

 


餌に釣られると、怖さより食い気なんだよ。

 


 

一日の練習で乗れるようになったよ。凄いでしょ。

 

 

 

 

 

 

ラッキーを乗せる車が来たよ。

 

 

ラッキー上手に乗れるかな?

 

 

ラッキー上手に自分で乗れました。

この後のボール蹴りも完璧だね。

 

余りに暑いのでこの後はアンディを洗ってやりました。

アンディますますお利口になって来ました。

また今度動画を出しますね。

 

あかりのブルーシート訓練もしました。

 

 


簡単そうで大きな馬はブルーシートが苦手

ラッキーなんてワザとにブルーシートを踏むのにね。

 

でも、この後ちゃんと跨ぐことが出来ました。

 

今日はラッキーもあかりもアンディも練習することが出来ました。

後はわがままなくるみだけ。

次回はくるみの車に乗る練習と外乗練習です。

 

今日も色々な問い合わせ、ありがとうございました。

 

15日に発行になったワイヤーママにてくてくが載っています。

またあわわの8月号にも載るので見てくださいね。

 

今年最後の13日の金曜日にジェイソンが現れた・・・

わけでは無く、てくてくの取材が放送されました。

 

 

テレビ映像を見て、旦那も私も良いおじさんとおばさんだな~って・・・。

 

いや、言いたいのはそこでは無く(-_-;)

徳島新聞とNHKさんの放送のお陰で、私達が本来の目的としている

ホースセラピーが可動しだしました。

 

不登校の子供さん、自閉症の子供さん、色んな悩みを抱えている方からの

お問合せが増えだしました。

その為にも私達夫婦ももっと理解を深めなければいけないと思います。

 

不自由な子どもさんが安全に馬に接することが出来るような

プログラムを組まなくてはヾ(@°▽°@)ノ

 

来年に向けて気軽に施設訪問が出来るように

今年から準備を始めます。

 

また、秋ごろには施設を見に、

セラピー講習をしてくれているよりた先生が来てくれる予定です。

 

 
先生の方針と私が思っている考えが一緒なので
出来れば傘下に入てれ貰おうとと思っていますが
なんせ小さな手作り牧場なのでどうなることやら(;^ω^)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑い日が続きます。

そんな暑い中、ラッキーとアンディーの障碍練習をやりました。

まずは、某乗馬クラブから障碍飛躍用のスタンド2本を頂き

今まで低めの障碍を飛ばしていましたが、

高さ調節が出来るので少しずつ練習をして高くしていきます。

 

 

 

最初は戸惑っていましたが、

最後は見事に飛んでくれました。

 

 


 

ついでにアンディもやってみることにしました。

アンディ1歳2ヶ月さてさて出来るかな?

 

 

 

見てのとおり、馬に取って障害を跨ぐだけでも抵抗があります。

しかし、アンディ、覚えが早いです。

 


 

最近ラッキーにボール蹴りの芸を教えています。

今日で2回目ですが、ラッキー楽しそうに蹴っています。