熱気に湧いた平昌オリンピックがあっという間に終わりました。



私は今回はテレビ観戦。



その状況、外見は4年前と変わらないけれど…




4年前とはっきり違うのは、確実に自分ごとになっているということ。




毎回、憧れであり、私もいつか‼️と思う一方で、




じゃあ何になら可能性ある?
スキークロス?
スキーハーフパイプ⁇
どうやって?



みたいな、悶々とした思いがあり、何となく見たいけど挑戦できない自分に歯痒い思いをして見ていた。




今も悶々とした思いがあるのは正直なところだけれど、はっきりしているのは、自分の目指す競技が定まり、目標に向かう道筋ができたということ。




もちろん茨の道なのは明白だ。




まだ他に道があるのでは、とも思ったりするが、年齢のこともある。
最短ルートを辿るしかない。




テレビの向こうで活躍する身近な仲間を見ながら、改めて決意のほどを試された気がした。
{94D0A9A3-5EF4-4214-8CB9-328851764530}

{79B2B2A2-7125-478C-A0AC-1609DE426FDB}