まつしま。打ちにくいフェアウェイウッドを工房で診断してもらった結果…。 | 女子ゴルフインストラクターまつしま。のブログ。「ハーフ120からインストラクターへ。」

女子ゴルフインストラクターまつしま。のブログ。「ハーフ120からインストラクターへ。」

運動歴なし、初ラウンドハーフ120から、ラウンド70台になった女子ゴルフインストラクターまつしま。のブログです。

行こうとしているゴルフ場周辺でめっちゃあおられます車…(´д`|||)

あなたはフェアウェイウッドは何番を入れていますか?

私は、ちょっと珍しいと思いますが、3番5番9番ウッドを入れています。(7番ウッドと9番ウッドが距離があまり変わらないのでこのセッティングにしています。)


9番ウッドがとても気に入ったので3番ウッド5番ウッドも同じメーカー(キャロウェイのローグスター)に変えたわけなんですが、どうも3番、5番が打ちにくいんです。シャフトが軟らかく感じて、長さも長いし、遅れる感じしかなく…(´д`|||)

そこで、下井プロがいつも調整してもらっている工房の方に見ていただいたのですが、振動数やバランスなどは問題ないとのこと。

でも、9番ウッドを軸に考えると軟らかく、長いとのこと。「打ちやすい」と感じたクラブを軸に考えるほうがいいとのことで、3番5番のヘッド側のシャフトを半インチカットしてもらい、バランスなども調整してもらいました。

おかげで、振り遅れもなくなり、理想の弾道になりました!

フェアウェイウッドやユーティリティはある程度しっかり振りたいために、少ししっかり目のシャフトがいいんですよ。(個人的感想です。)

クラブは、少し調整するだけで全く違う物になります!なる可能性があります!

あなたも、もし打ちにくさを感じる時は信頼できるクラフトマンの方に見てもらってくださいね。

今日もありがとう‼️
明日もありがとう‼️



ゴルフランキング
上矢印上矢印上矢印
ブログランキングに参加しております。
応援クリックありがとうございます❤️


上矢印上矢印上矢印
大阪市西区南堀江の室内ゴルフスクールゴルフレッスンドゥゴルフスタジオのホームページです~(^-^)/