設定据え置き判別 | 餃子のブログ
2012-11-22 14:33:38

設定据え置き判別

テーマ:ブログ

 設定据え置き判別


・台の扉に物を挟む

・リールの震えを見る

・クレジットを残す

・出目を覚えておく


これはパチスロの設定据え置き狙いの基本だ

店側も知っているし、きちんとした店なら対策されています。


 俺の設定判別とはパチンコ釘調整の据え置き判別法だ

これは、雑誌にもネットにも書かれているのは見たことないし

オリジナルだと思う。


ま、スロットの流用ですけどね。効果は相当あります。


・パチンコの扉に物を挟む

これは効果絶大です。パチンコは釘で調整しますが、閉めるといっても、命の場合もあるし右のアタッカー近辺スルーワープといくらでも殺す場所があり一目ではかなりわかりずらいのです。

パチンコの設定は現在無いので無駄に扉を開けることはありません。

開けるとしたら、時短確変潜伏確変のRAMクリ。(RAMクリの場合、前面の扉では無く2つの扉をいっぺんに開ける、罠を仕掛ける場合は手前の扉へ)

か、釘調!!なので、自分が最後まで打っていたなら、時短確変潜確かわかりますので、釘調整のみが扉を開ける要因となります。

これだけでも十分な罠ですが、さらに心配なら少し玉を残します。

物を挟む場合は台の清掃とかで落ちる場合も有ると思いますので保険です。

3玉とか数えて上皿に入れときます。

釘調整をしたなら、ほぼ打ち出しをして釘調整のチェックをするはずです。第二の罠です。


朝一で行って、扉に挟んだ物が落ちて、3玉が無くなったら、釘を見なくても調整されたのが明らかになります。

逆に扉が物が挟まった状態で、3玉も残っていれば据え置き確定!

したむらに悩まされて辞めることも無くなります。


餃子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス