もう、25年の付き合いになる富澤たけし。

彼には変な趣味がある。

『自分の足の匂いを嗅がせる』という、非常に変わった趣味。

身近にいる人間は、だいたい経験がある。
特に、岩橋マネージャー、作家・水野なんかはもう数えきれない程やられている。

今は橋本マネージャーがしょっちゅう嗅がされている。
今日、新人作家の田中が嗅がされていた。

田中『臭いですよっ!』

富澤『アッハッハッハッ』
それで終わる。

何なんだこの毎度のやり取り…。



あ、昨日の夜。
稽古場にいたら、富澤が1分くらいの長い『オナラ』をした。
『オナラ』が終わったとたん、富澤の携帯からシューベルトのアヴェ・マリアが奏でられた…。

長い『オナラ』が富澤の尻から鳴ってる時はめちゃくちゃ腹が立ったが、アヴェ・マリアが全てをチャラにしてくれた…。

何か、逆に芸術的な感動を覚えた。。。